テーマは 『  恵みを受けた聖徒 』 です

【第2コリント9章8節】

神は、あなたがたを、常にすべてのことに満ち足りて、すべての良いわざにあふれる者とするために、あらゆる恵みをあふれるばかり与えることのできる方です。

“聖徒” の意味は分かりますか。

学校で教えを受ける者を意味する生徒ではなく、“聖なる者”を意味します。


聖書で聖徒の定義は次の箇所です。


【第1ペテロ2章9-10節】

しかし、あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。それは、あなたがたを、やみの中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方のすばらしいみわざを、あなたがたが宣べ伝えるためなのです。

あなたがたは、以前は神の民ではなかったのに、今は神の民であり、以前はあわれみを受けない者であったのに、今はあわれみを受けた者です。

このように神から永遠の特権を受け、選ばれた存在が聖徒です。

そして聖徒とは、その恵みを認識しながら それに答え、恵みの中で生きている者です。


ですから聖徒は自分が何者で、自分がどのような恵みを受けているのかを正確に知らないと、聖徒としての特権があるにも関わらず、みじめな者として生きてしまいます。

しかし、そのような人がたくさんいます。


そして 「恵みを受けた」 と聖徒たちがよく言いますが、その恵みが 聖書の示す恵みとは どこかかけ離れた感じを受ける時があります。


今日は聖徒が神から受けた恵みが何であるかを学びます。

これは聖徒であるならば、皆が受けている恵みです。




生ける望みの恵み




“生ける望みの恵み” とは何でしょうか?


【第1ペテロ1章3-4節】

私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神は、ご自分の大きなあわれみのゆえに、イエス・キリストが死者の中からよみがえられたことによって、私たちを新しく生まれさせて、生ける望みを持つようにしてくださいました。

また、朽ちることも汚れることも、消えて行くこともない資産を受け継ぐようにしてくださいました。これはあなたがたのために、天にたくわえられているのです。

聖徒には、生ける望みが2つあります。

それはキリストの復活のように 自分たちも復活の恵みを受けています。


“復活の恵み” とはどのようなものでしょうか?

その答えが次の箇所にあります。



【第1コリント15章42-44節】

死者の復活もこれと同じです。朽ちるもので蒔かれ、朽ちないものによみがえらされ、

卑しいもので蒔かれ、栄光あるものによみがえらされ、弱いもので蒔かれ、強いものによみがえらされ、

血肉のからだで蒔かれ、御霊に属するからだによみがえらされるのです。血肉のからだがあるのですから、御霊のからだもあるのです。

多くの迫害の中で、殉教した聖徒たちが忍耐しながらも、その中で喜んでいたのは この復活の恵みを知っていたからです。


聖徒にとって 死は永遠の死ではなく、復活の恵みを受けていますので、そこから永遠の命が始まります。


キリストの再臨にイエス様と同じく朽ちない体を着る復活が起こります。


もう一つの恵みは天国に入る恵みです。


天国がなく、この世がすべてであるならば、信仰を持つ必要はないですね。

私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、私たちはすべての人の中で一番哀れな者です。


キリストは いつも天国の話を弟子たちにし、そこに希望を置くようにしました。


聖徒の天国への希望は決してむなしいものにはなりません。

夢を語っているのではなく、それこそ現実です。

イエス様が私たちに天国を約束して下さいました。



【ヨハネの福音書14章2-3節】

わたしの父の家には、住まいがたくさんあります。もしなかったら、あなたがたに言っておいたでしょう。あなたがたのために、わたしは場所を備えに行くのです。

わたしが行って、あなたがたに場所を備えたら、また来て、あなたがたをわたしのもとに迎えます。わたしのいる所に、あなたがたをもおらせるためです。

主のことばは天国への保証です。
そして主は真実な方です。


たとえ地上で多くの苦しみや戦いがあっても この生ける望みをもっている人は絶望したり、つまずいたり、主から離れることはしません。


むしろ この生ける望みがあるので、早くそれを受けたくて主に会う日を待ち望んでいます。





おりにかなった助けの恵み




この恵みなしに生きてこられなかったと私はいつも思っています。

どれほど この “おりにかなった助け” によって生かされてきたか分かりません。



【ヘブル4章16節】

ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。

神様はあらゆる恵みを常に備えておられる方です。


わたしたちが常にすべてのことに満ち溢れる者になることを願っていますし、そして あふれるばかり与えることが出来る神様です。


そのことは今回のテーマ箇所でも知らせています。

わたしは聖書でそのことばを見つけた時には とても嬉しくなりました。


この素晴らしい恵みをいつも受けようと思い、その時からその恵みを受けています。

神から恵みを受ける準備をして神に求めます。


他の人と比較して妬みや不満を言うのではなく、自分に必要な恵みのことは自分が直接 神様の御前に出て求めました。



【伝道者の書3章1節】

天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある。

このように書かれていますので、私は恵みを受ける時は自分で(時期を)決めないで、それを神にゆだね、ただ必要な恵みを いつも神様に求めると、神がちょうど良い時に用意した恵みを与えて下さいます。


私はこの恵みを日々体験し、本当にそれによって生かされています。

これは自分の努力や力ではなく、主の恵みです。


この恵みはすべての聖徒が受けている恵みです。


それを知って恵みの中に生きるか生きないかによって、受ける恵みが違うと思います。

いつも大胆に求める人は 恵みをたくさん受けます。


聖霊様を私たちの所に遣わして下さったイエス様のみこころは、聖霊によって日々私たちを慰め、助け、力を与え、危機から救い出し、そして導くことです。


おりにかなった助けを与えるために遣わして下さいました。

そしてその恵みを大胆に求めなさいと勧めています。


求めると受けますが、求めないと受けられません。





キリストにあるいのち




聖徒が受けた特権は主の保証付きです。
失われたりするものではなく、主が約束のことばをもって保証しておられます。


聖徒に保証された素晴らしい恵みに 「いのち」 があります。


肉体のいのちも保証されるならば、安心して生活が出来ますが、いのちが保証されないと安心して生活が出来ません。


もし「余命一年です」と言われるなら、その時から死ぬ日を数えますね。

保証がないので、いのちは本当に取られてしまいます。


しかし、主が聖徒たちに保証したものがあります。次の箇所です。



【ヨハネの福音書5章24節】


まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしのことばを聞いて、わたしを遣わした方を信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです。


【ヨハネの福音書6章37節】

父がわたしにお与えになる者はみな、わたしのところに来ます。そしてわたしのところに来る者を、わたしは決して捨てません。


【ローマ8章1-2節】

こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。

なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。

聖徒はキリストを信じる信仰によって罪の赦しを受けて救われ、またキリストによって新しい命を得ています。


いのちであるキリストが聖徒の中におられることで、私たちは いのちある者になりました。

主が来られた目的は、私たちが永遠の命を得るためです。


ですから 自分が聖徒であるならば、いつも死に行く人のように暗い顔つきで生きるのではなく、いのちある者らしく生きないといけないです。


神の恵みは取るに足りない者に特権を与えました。


その特権には「生ける望み、おりにかなった助けを受ける恵み、そしてキリストの中にあるいのち」です。


聖徒ならばこの特権を知らないといけないです。


そしてその特権を喜び、日々味わいながら使うことです。
v( ̄∇ ̄)v


2015.9.27
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

みことばがあふれています!
八戸ノ里キリスト教会ホームページ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■