からし種の信仰と成長↗

東大阪市・八戸ノ里キリスト教会の毎週日曜日の礼拝メッセージです。 「聖書は難しくて意味がわからない」というイメージが強いです。だけど、真理を正しく説いてくれるので心にグサグサと刺さります。涙も大量に流れます。だけど、それが神様の恵みなんですヨ~★

八戸ノ里キリスト教会より メルマガ配信中!

メルマガ購読・解除

読者購読規約
毎朝7時に配信しています! 1日の始まりを神様の恵みで満たしてくださいね
powered by まぐまぐ!
 
         

指導者

活発になったイゼベルの霊

テーマは 『 活発になったイゼベルの霊 』 です

【ヨハネの黙示録2章18-23節】

また、テアテラにある教会の御使いに書き送れ。『燃える炎のような目を持ち、その足は光り輝くしんちゅうのような、神の子が言われる。

「わたしは、あなたの行いとあなたの愛と信仰と奉仕と忍耐を知っており、また、あなたの近ごろの行いが初めの行いにまさっていることも知っている。

しかし、あなたには非難すべきことがある。あなたは、イゼベルという女をなすがままにさせている。この女は、預言者だと自称しているが、わたしのしもべたちを教えて誤りに導き、不品行を行わせ、偶像の神にささげた物を食べさせている。

わたしは悔い改める機会を与えたが、この女は不品行を悔い改めようとしない。

見よ。わたしは、この女を病の床に投げ込もう。また、この女と姦淫を行う者たちも、この女の行いを離れて悔い改めなければ、大きな患難の中に投げ込もう。

また、わたしは、この女の子どもたちをも死病によって殺す。こうして全教会は、わたしが人の思いと心を探る者であることを知るようになる。また、わたしは、あなたがたの行いに応じてひとりひとりに報いよう。

まずはイゼベルとは誰なのかを見ます。

イゼベルは、旧約に出て来る悪女の中でも代表的な人物です。


彼女は北イスラエルの7代目の王・アハブ王の妻で、異邦人でした。


結婚して彼女がイスラエルに持ち込んだのが偶像崇拝でした。

彼女は熱心なバアル崇拝者で、イスラエルの民にバアル崇拝と宗教的な淫行を行わせ、預言者エリヤとも対決した人物でした。


彼女を妻として迎えたアハブが、まずこのように堕落しました。


【第1列王記21章25-26節】

アハブのように、裏切って主の目の前に悪を行った者はだれもいなかった。彼の妻イゼベルが彼をそそのかしたからである。

彼は偶像につき従い、主がイスラエル人の前から追い払われたエモリ人がしたとおりのことをして、忌みきらうべきことを大いに行った。

王がこのように堕落したので、民もみんな同じことをして堕落しました。

ですから指導者によって大きな影響を受けるので、指導者選びのために多くの祈りが必要です。



神は堕落した民に 神のことばを伝える預言者エリヤを立てていました。

エリヤが民たちに語ったことばはこうでした。


【第1列王記18章21節】

エリヤはみなの前に進み出て言った。「あなたがたは、いつまでどっちつかずによろめいているのか。もし、主が神であれば、それに従い、もし、バアルが神であれば、それに従え。」しかし、民は一言も彼に答えなかった。

これだけ見ても神の選民たちがバアルによって どれだけ堕落したかがよく分かります。

妥協しながら信仰生活をしていました。



このようなことが今も教会の中であるので、目を覚まして主への正しい信仰を守らなければなりません。


イゼベルという人物は、今は実在しない人物ですが、しかしイゼベルと同じ活動をする者がたくさん出て来ました。

すなわちニセ預言者や異端、誤った教えが巧妙に社会と教会に入り、人々や信徒たちを惑わしています。



それらの者の中で働く霊を 象徴的に “イゼベルの霊” とも言えます。

イゼベルの霊は言うまでもなく、サタンの霊です。

サタンがその者たちを使って人々を惑わし、滅びに導きます。


以前よりも今はイゼベルの霊が大胆に活動しています。



今年6月にある「世界宗教統合宣言式」、同性婚や差別禁止法を進める活動をする牧師たち、聖書の内容を変える働き(デンマーク聖書協会が20年ぶりに新しく発行した新約聖書から「イスラエル」、「ユダヤ人」ということばを他のことばに書き換えたこと)や、真理から離れた教えなどがいつの間にか多くの教会の中にも浸透し、それをそのまま受け入れているところが増えたことは大変危険なことです。


なぜ人々は真理から離れたことなのに、それを受け入れてしまうのでしょうか。



サタンは人々が惹かれることばをよく知っているので、それを使って人々を誘惑し、惑わします。

自由、平等、共存、愛、寛容、人権、平和などということばを頻繁に使いながら惑わします。

それは どの時代でも使うサタンの騙しであり、変装術です。


サタンがよく使う変装術を伝えます。


  • いつも自分の味方のように変装する
  • いつも自分自身を顧みないようにさせ、そのために洗脳する
  • いつも苦難のない栄光を約束する
  • いつも高慢が高慢でないように思わせる
  • いつも奇跡を約束する

このようにして自分の支配下に入った者に、次にやるのは偶像崇拝、不品行、偶像にささげたものを食べさせます。


これは聖書の教えとは真逆のことです。

これらは教会が始まった時から堅く禁じたことでした。


【使徒の働き15章20-21節】

ただ、偶像に供えて汚れた物と不品行と絞め殺した物と血とを避けるように書き送るべきだと思います。

昔から、町ごとにモーセの律法を宣べる者がいて、それが安息日ごとに諸会堂で読まれているからです。」


なぜテアテラ教会がイゼベルという女をなすがままにさせてしまったでしょうか。

テアテラ教会は、愛と信仰と奉仕と忍耐、行いでほめられたのに、なぜこのような失敗を犯したでしょうか?


それは真理に対して無知であったことと、愛に対して誤解したからです。


真理には妥協が許されないです。


すなわち、“どんな混ぜ物もしてはならない”ことです。

人間の教えが真理に混ざることを主は忌み嫌います。


それは真理ではなくなります。

異端は真理に混ぜ物をして人々を惑わします。






次は愛に対して誤解しました。


エペソ教会はニセ預言者たちを見抜いて、彼らを追い出すことには成功しましたが、初めの愛を失ってしまいました。


テアテラ教会は兄弟愛を深めていきましたが、その代わりニセ預言者たちを追い出すことに失敗しました。

愛に傾いてしまい、教理的な部分ではとても未熟でした。



このバランスを取るのは簡単ではないですが、信仰が成熟していくとバランスを取ることが出来ます。


神はイゼベルの霊に支配されている者に対して 悔い改めることを寛容と忍耐をもって待っていますが、いつまで待つのではなく、神の愛と寛容をいつまでも拒む者たちには厳しい刑罰があることを警告しました。


イゼベルと同じ罪を犯す者たちも同じ刑罰があることを知らなければなりません。

イゼベルの教えに従う者はイゼベルの子です。



教会の中にいても最後まで悔い改めない者は、神の子でないことをはっきりさせてあります。


主は私たちの心だけでなく、行いもすべてご存知なので、それに従って必ず裁く方です。

イゼベルの霊にはくれぐれも気をつけましょう。
アーメン ヽ(TдT)ノ


2020.5.17
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会



~ お知らせ ~

からし種の信仰と成長:ブログランキング
人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)

多くの人に読んでもらえる可能性があるので
皆さんのクリックが、福音伝道に繋がります☆


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

毎日、テーマに沿って学ぶことができます!
bible66のブログ

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

聖書を理解しやすい言葉に訳しています!
みことばサプリ

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主の心に適ったモーセ

八戸ノ里キリスト教会より ワンコイン英会話教室のお知らせ

english

テーマは 『 主の心に適ったモーセ 』 です

【出エジプト記33章17-19節】

主はモーセに仰せられた。「あなたの言ったそのことも、わたしはしよう。あなたはわたしの心にかない、あなたを名ざして選び出したのだから。」

すると、モーセは言った。「どうか、あなたの栄光を私に見せてください。」

主は仰せられた。「わたし自身、わたしのあらゆる善をあなたの前に通らせ、主の名で、あなたの前に宣言しよう。わたしは、恵もうと思う者を恵み、あわれもうと思う者をあわれむ。」

モーセの生涯は生まれた時から死ぬまで、色々あり過ぎるので 一度に語ることは難しいです。

今回は、モーセがなぜ 主の心に適う者であったのか、それだけに絞って語ります。


エジプトで430年間も奴隷生活をしていたイスラエルの民を解放するために、神に選ばれた人がモーセでした。


力もない1人の人間が、200万人近い奴隷を 大国エジプトから解放して連れ出すことが可能でしょうか。

それは不可能なことでした。



神には奴隷から解放する計画があっても、モーセは考えたこともなかったので、主から言われた時に、戸惑ったモーセは 自分のような者にそんな働きが出来るわけがないと辞退を申し出ましたが、神の説得でモーセは主のことばに従いました。


そして神の力と助けによって、主のことば通りに民を奴隷から解放し連れ出し、40年後約束の地カナンの入口まで導くことが出来ました。


その時に見せたモーセの姿は、本当に主の心に適う姿であったと自分でも思います。

主の心にかなった姿はこのような姿ではないでしょうか。




主への忠実な姿




【第1コリント4章1-2節】

こういうわけで、私たちを、キリストのしもべ、また神の奥義の管理者だと考えなさい。

この場合、管理者には、忠実であることが要求されます。

忠実さを要求した神に 彼は答えました。

モーセは選ばれた時から死ぬ時まで忠実でした。


40年間、イスラエルの民を率いて 荒野での生活は大変な苦労がありました。


大変な苦労とは 生活の苦しみではなく、神の恵みがあっても絶えず恵みを忘れてつぶやく民、神に忠実な姿はまったくなく、神を悩ませる民、少しでも不満があるとそれをいつもモーセのせいにして非難する民のことがモーセには一番苦しかったです。


それでもそこから逃げず、最後まで神が任せた民の世話をしたことがモーセの忠実な姿でした。


ヘブル書で主がモーセの忠実さを高く評価しました。


【ヘブル3章2節】

モーセが神の家全体のために忠実であったのと同様に、イエスはご自分を立てた方に対して忠実なのです。

任された小さな働きに対しても 忠実な人を見ると安心します。



しかし残念ながら多くの人は忠実ではなく、主の働きを自分の都合で勝手にやめます。

ですから主はこのように言われました。


【ヨハネの黙示録2章10節】

死に至るまで、忠実でありなさい。そうすれば、わたしはあなたにいのちの冠を与えよう。

主に忠実な者に 主は恵みを与え、あわれんで下さいます。




主への従順な姿




一番信仰ある人は神のことばを信じて従順する人です。


神のことばを無視したり、軽んじたりする人が 神を愛する人、信じる人でしょうか。

従わない信仰は死んだ信仰です。


信仰がなくては神に喜ばれることは出来ません。


荒野での40年間、イスラエルの民はとにかく神のことばに逆らい続けました。

神もそれにはうんざりして何度も彼らを滅ぼそうとしました。

神は、従うモーセだけは生かすと言われました。


それを聞いて、民のために必死にとりなしをするモーセの祈りで、民は滅ぼされず生き延びました。


モーセは主から言われることは何でも従いましたが、民は正反対でいつも不従順の姿でした。

従順するモーセの姿を学ぼうとせず、うなじのこわい民で、肉の思いだけが強くて神への関心もありませんでした。


モーセの信仰を見ると、いつもそこに付くことばがありました。


主がモーセに命じられた通りである。

細かいことに対してもモーセは、主のことばをよく聞き、命じられた通りにしました。

これが主の心に適う姿です。




主と人の前で謙遜な姿




モーセは指導者です。
神に愛され、神に用いられました。


神の力で奇跡も不思議なわざも行いました。


こうなると高慢になる人が多いですが、モーセはますます謙遜な者になりました。

謙遜は主に喜ばれます。


【ヤコブ4章6節】

しかし、神は、さらに豊かな恵みを与えてくださいます。ですから、こう言われています。「神は、高ぶる者を退け、へりくだる者に恵みをお授けになる。」

神に忠実、従順な人は、当然 神の前でへりくだります。

しかしモーセの謙遜は人の前でも同じでした。


モーセにつぶやく者に対してモーセが見せた姿です。


【民数記14章5節】

そこで、モーセとアロンは、イスラエル人の会衆の全集会の集まっている前でひれ伏した。

【民数記16章4節】

モーセはこれを聞いてひれ伏した。


モーセが悪いことをしたから民に責められているのではないです。

この時も悪態をついているのは民の方でした。


モーセは悪に対して悪で報いず、ただ怒り狂っている民の前にひれ伏しました。

これは謙遜な姿です。



モーセは相手が多くて勝ち目がないので ひれ伏しているのではありません。


神がこれらを見て怒り、彼らを滅ぼそうとした時のモーセのことばを聞けばわかります。


【民数記14章19節】

あなたがこの民をエジプトから今に至るまで赦してくださったように、どうかこの民の咎をあなたの大きな恵みによって赦してください。

これは、なかなか口に出来ないことばです。


しかしモーセは神の栄光が現れることを いつも願っていましたので、神の赦しと憐れみが現れるように願いました。

どんな時でも民を愛する指導者でした。


そして主の栄光が自分のプライドよりも優先でした。

聖書が記録するモーセの謙遜な姿です。


【民数記12章3節】

さて、モーセという人は、地上のだれよりにもまさって非常に謙遜であった。


このように神に対して忠実、従順、謙遜な人が神の心に適わないわけがないですね。


私たちが神の心に適う者になるためには、これらのものすべてが必要です。


三つの中で一つもないのが 私たちの現状かもしれないです。

ですから神の心に適う者といまだに言われてないですね。


開き直るのではなく、「わたしの心に適う者」と言われるように目指したいと思います。
アーメン ( ̄‥ ̄)=3


2018.7.8
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会



~ お知らせ ~

からし種の信仰と成長:ブログランキング
人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)

多くの人に読んでもらえる可能性があるので
皆さんのクリックが、福音伝道に繋がります☆


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

みことばがあふれています!
八戸ノ里キリスト教会ホームページ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

毎日、テーマに沿って学ぶことができます!
bible66のブログ

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

聖書を理解しやすい訳で!
みことばサプリ

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

プロフィール

ヤエクリ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(^^) からし種 に投票してね
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ