からし種の信仰と成長↗

東大阪市・八戸ノ里キリスト教会の毎週日曜日の礼拝メッセージです。 「聖書は難しくて意味がわからない」というイメージが強いです。だけど、真理を正しく説いてくれるので心にグサグサと刺さります。涙も大量に流れます。だけど、それが神様の恵みなんですヨ~★


八戸ノ里キリスト教会のYouTubeチャンネル

━━━━━━━━━━━━━ † ━━━━━━━━━━━━━━━


感動

実が結ばれる良い地

テーマは 『 実が結ばれる良い地 』 です

【マタイの福音書13章8節】

別の種は良い地に落ちて、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結んだ。

【マタイの福音書13章23節】

ところが、良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いてそれを悟る人のことで、その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。

マタイの福音書13章には種まきのたとえがあります。


四つの異なる所に同じ種が蒔かれました。

すると、まったく実りがない所があれば、豊かな実を結ぶ所もありました。


今回の本文は、豊かな実を結んだ良い地に対して語っています。


私たちも出来れば多くの実を結びたいと願っていますので、どうすれば良い地になって実を結ぶことが出来るかを学びたいと思います。




柔和で謙遜な心は良い地




普通に考えても悪い心から良い実を結ぶことは不可能です。

悪い心からは悪い実が結ばれます。


ですから、良い心から良い実が結ばれることは 神の法則です。

柔和な心は柔らかい心です。


私たちがある人を見て「あの人はいい人だ。」と言う時があります。

柔らかさや暖かさを態度や声で感じると 好印象を受けて、良い人だと思い込みます。


新約聖書で柔和な人で思い浮かぶ人は バルナバです。

“慰めの子” と呼ばれました。


彼の行いを見ると、神の言葉を聞いた時に感動を受けて、自分の畑を売り その代金を使徒たちの足もとに置きました。

大金だと思いますが、それを自慢することもなく、身をかがめて使徒たちの足元に置きました。


そしてもう1つは パウロが回心した後、皆はそのことが信じられず、パウロを恐れて近づかなかったですが、バルナバはパウロを引き受けて、使徒たちに紹介しました。

柔和な人なので、人にとても優しいです。


彼のことを聖書はこのように言いました。


【使徒の働き11章24節】

彼はりっぱな人物で、聖霊と信仰に満ちている人であった。こうして、大ぜいの人が主に導かれた。

これは良い実を結んだ姿でしたので、多くの人々が導かれました。






モーセは謙遜な人でした。

普通の謙遜ではないですね。
次のような評価をもらうこと自体、すごい人だなと思いました。


【民数記12章3節】

さて、モーセという人は、地上のだれにもまさって非常に謙遜であった。

彼が立派な指導力を発揮して、自分の役割を果たすことが出来たのは、彼の心が良い地であったからです。


心の土壌が荒っぽく かたくなな人は、絶対に立派な人格を備えることが出来ないですし、立派な人生を歩むことも出来ません。


イエス様の謙遜もすべての人にまさっていました。

自ら自分のことを次のように言いました。


【マタイの福音書11章29節】

わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすれば安らぎが来ます。

そのような心があるので 罪人を招き、問題のある人を受け入れ、助けを求めるひとを拒みませんでした。

パウロもその心を見習い、柔和で謙遜な人になりました。

ですから私たちにも良い心になるように命じました。


人を自分よりもすぐれた者と思う心がまた 良い実を結ぶ謙遜な心です。


謙遜と柔和の土壌から良い実がたくさん結ばれます。


【箴言22章4節】

謙遜と、主を恐れることの報いは、富と誉れといのちである。

良い地から結ばれる実です。




◎従順する心に良い実が結ばれる




私たちの人生で、良い実を結ぶためには 土壌だけ良ければ、あとはいらないことではないです。


良い土壌に実を結ばせるためには、聞く耳をもって主のことばをよく聞き、そして聞いたことばに従うことです。


【第1サムエル記15章22節】

するとサムエルは言った。「主は主の御声に聞き従うことほどに、全焼のいけにえや、その他のいけにえを喜ばれるだろうか。見よ。聞き従うことは、いけにえにまさり、耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる。

知識ある人も才能ある人も 誰でも実を結ぶためには、主のことばを聞かなければなりません。


御言葉をないがしろにするならば、良い実を結ぶことは出来ません。


御言葉を聞いて、すぐ実行に移すことを “従順” と言います。


いくらみことばの知識をならべても、理論を立てても、行いが伴わないと 実を結ぶことは出来ません。


従順も、“完全な従順” が実を結びます。


聖徒の中でも、聞くことは聞きますが、実行せずにそのままにしている信徒が多いです。

いくら悟っても従順しないならば、価値がありません。

主は天国に入る資格でも次のように語りました。


サウロ王はみことばを聞きましたが、完全な従順ではありませんでした。

それでサムエルが今回のことばを彼に語りました。


主のみこころを知っていても、それを行わないならば天国に入れません。
そして良い実を結ぶことも出来ません。




忍耐する心が実を結ぶ




忍耐は、まず希望をもって忍耐することです。
希望があると忍耐出来ます。


自分の人生の土壌に 実を結ばせたい人は、忍耐することを学ばないといけないです。

忍耐できる土壌は良い土壌です。


いくら実を結ぶ完璧な条件が揃っていても、忍耐出来ないならば、実を結ぶことは出来ません。


ヨブは忍耐の人でした。

すべてが取られ、人生最悪の苦難を受けていましたが、神を呪うことも、神から離れることも、つぶやくこともせずに ひたすら忍耐していました。


忍耐の中での彼の告白でわかります。


【ヨブ記23章9-10節】

左に向かって行っても、私は神を見ず、右に向きを変えても、私は会うことができない。

しかし、神は、私の行く道を知っておられる。神は私を調べられる。私は金のように、出て来る。

彼のことをヤコブ書にはこのように書いてあります。


【ヤコブ5章11節】

見なさい。耐え忍んだ人たちは幸いであると、私たちは考えます。あなたがたは、ヨブの忍耐のことを聞いています。また、主が彼になさったことの結末を見たのです。主は慈愛に富み、あわれみに満ちておられる方だということです。

ヨブは試練の以前よりも試練に耐えた後にさらに豊かになりました。


農夫が 暑さや疲れにも耐えて熱心に働くのは、豊かな収穫を期待するからです。

収穫が農夫の希望です。


忍耐は最後までしなければ、実を刈り取ることが出来ません。


もし途中で諦めるならば、それまでの忍耐も労苦も報われません。


選手がゴールまで辿り着かないと失格になります。

勝利することは出来ません。


リンゴも梨もぶどうも完熟まで待たないと 甘さが足りないので、美味しいとも思わないです。

完熟するまで忍耐が必要です。


【ヘブル10章36節】

あなたがたが神のみこころを行って、約束のものを手に入れるために必要なのは忍耐です。

熱心さも才能も重要です。

しかしそれが全部揃っても忍耐出来ないならば、実は期待出来ません。


主は、私たちが実を結ぶことを期待します。

良い実を期待します。


私たちが実を結ぶ時に、私たちが主の弟子であることが認められます。

それは私たちの土壌が良かったことを意味し、そこに柔和と謙遜な心、主のことばと従順、忍耐がすべてあったことを証明します。


自分の状態をよく見て下さい。

それらのものが揃っているでしょうか。


良い地になるように、日々よく管理しましょう。
(。・ω・)ノ゙

2016.10.16
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

みことばがあふれています!
八戸ノ里キリスト教会ホームページ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

感動を与える人

テーマは 『 感動を与える人 』 です

【使徒の働き9章36-42節】

ヨッパにタビタ(ギリシヤ語に訳せば、ドルカス)という女の弟子がいた。この女は、多くの良いわざと施しをしていた。

ところが、そのころ彼女は病気になって死に、人々はその遺体を洗って、屋上の間に置いた。

ルダはヨッパに近かったので、弟子たちは、べテロがそこにいると聞いて、人をふたり彼のところへ送って、「すぐに来てください」と頼んだ。

そこでペテロは立って、いっしょに出かけた。ペテロが到着すると、彼らは屋上の間に案内した。やもめたちはみな泣きながら、彼のそばに来て、ドルカスが一緒にいたころ作ってくれた下着や上着の数々を見せるのであった。

ペテロはみなの者を外に出し、ひざまずいて祈った。そしてその遺体のほうを向いて、「タビタ。起きなさい」と言った。すると彼女は目をあけ、ペテロを見て起き上がった。

そこで、ペテロは手を貸して彼女を立たせた。そして聖徒たちとやもめたちとを呼んで、生きている彼女を見せた。

このことがヨッパ中に知れ渡り、多くの人々が主を信じた。

皆さんは最近、誰かに感動を与えたことはありますか。
また誰かに感動させられたことがありますか。

“感動” は私たちの人生において とても大切なエッセンスで、私たちを幸せにさせるものです。


先日、感動したことがありました。
韓国にいる知り合いの牧師からのメールでした。

ネパールの大きな地震でたくさんの被害がありました。

現地で宣教師をしている知り合いの牧師家族が、たまたま健康診断のため韓国に帰国していた時に 地震が起きました。

現地の信徒たちとはまったく連絡が取れません。
それで、その宣教師家族は色々な予定を全てキャンセルし、「今、ネパールに戻る準備をしている」との報告でした。

そして、その宣教師に献金を送ったとの内容でした。そうしたら他の人たちも献金を捧げていました。
食べ物もなく何もないので、市民も皆 街を離れている中で、戻るということは感動的な姿です。


自分のことだけを考えるならば、戻らないと思いますが、信徒たちのことが心配で戻りました。
魂を愛する心に感動しました。


ニュースを見てもあまり感動的な話はないです。
ですから 私はYouTubeで感動的な映像を探してよく観ています。それを観ながら感動し泣くことが多いです。

悲しい涙よりは感動の涙です。共感する涙です。
それを見ると励まされたり、幸せな気分になったり、また学んだりします。


また小さい感動がどれほど人を幸せにするかも学びました。


5月はこどもの日があり、母の日もあります。
そして5連休中に家族や親族、友人などと共に時間を過ごす人もたくさんいると思います。

再会による多くの感動があると思います。


昨日はメッセージを準備する前に、『戦争に派遣されていたアメリカの軍人たちが家族と再会する』という映像を見て、とても感動し涙が出ました。

その再会はすべてサプライズで、突然帰って来たパパや夫や息子の姿をみて、全員泣きながら抱き合っていました。

戦場は危険がいっぱいあるので、生きて帰るだけでも、家族には最高の感動であり、一番のプレゼントです。

母親たちが一番泣きながら喜んでいました。いつも こどもに対する心配がありますね。
ですから感動も大きいです。軍人たちが手ぶらで帰ってきても、みんな幸せいっぱいでした。


ある調査機関で大学生1000名を対象に「一番受けたいプレゼンは何か?」を調査すると、1位が「感動」でした。
物ではありません。

多くの人々が、感動に飢え渇いています。
豊かで便利な世の中になりましたが、人間関係が薄くなり、愛や憐れみの心もなくなり、関心もなくなって感動することも減ったと思います。

ですから豊かになればなるほど、幸せ度は 反対に低くなります。


イエス様は偉大な救いの計画を持ってその働きをしましたが、会う人々に感動も与えた方でした。
私たちを愛し幸せになってほしいと誰よりも願っていました。

罪人と呼ばれた人たち、やもめや孤児、弱い者たちが、「主の関心と憐れみ、愛と恵み」に感動しました。

イエス様の温かい言葉やその態度で感動し、それを見て学んだ弟子たちもそのように感動を与える人になりました。


私たち主を信じる者たちは今どうでしょうか。

イエス様や弟子たちのように人に感動を与える人でしょうか、それとも迷惑をかけ人に嫌がられているでしょうか。

そのことを考えながら、メッセージを聞いてほしいです。






今回読んだ箇所にはタビタという女性の弟子が出てきます。
ドルカスの名前で呼ぶ人がクリスチャンの中では多いので、今回はドルカスの名前で話します。

彼女は弟子としてどんな人生を送ったでしょうか。
一言で言うならば「人に感動を与えた人」でした。


当時の社会は女性の地位が低く、活躍する場もあまりありませんでした。

しかし彼女は自分に与えられた賜物と 人を愛する心で、苦しい立場にいる多くのやもめたちを助けていました。

やもめたちがドルカスの死を悲しんで泣いている姿を見ても、ドルカスが人にどれほど多くの感動を与えていたのかが分かります。

そしてその人たちに愛されていたことも分かります。その死をみんな惜しんでいました。
ドルカスがしたことは決して大きなことではありませんでした。


不思議なことに、人は大きなことではそれほど感動を受けないですが、小さな親切や小さいことに対してとても感動しやすいです。


なぜかと言えば、大きなことは力がある人にしか出来ないので、自分とは無関係に思われ共感しにくいですが、小さなことは日々の生活の中で感じることが多いので、共感しやすく、まるで自分のことのように思われます。

またそれが自分の身に起きた時にはさらに感動は大きくなります。


人生の三大主題は「人生、人、愛」であると言われています。

人間はそれに一番関心があります。その部分で感動を受けると人は幸せを感じます。

ドルカスの行動で人々はそのすべてを感じたことでしょう。
希望のない人たちが、他人の親切な行為によって絶望から解放され、希望を取り戻しました。

受けることを期待し、(受けるのが)当たり前のように思う人には 感動の心はないです。
たったこれくらいで という冷えた心があります。


しかし感動は、どんなに小さいことに対しても、開かれた心と感謝の心がある時に生まれてきます。

やもめたちはドルカスの良いわざと施しに感謝し感動しました。
ですから作ってもらった下着や上着を全部持ってきて泣きながら、彼女の死を悲しんでいました。


この姿も感動的です。もし私が死んだドルカスであるならば、彼女たちの姿にすごく感動したと思います。
≪大したこともしていないのに、こんなに喜んでくれているとは――≫


感動を与える人と感動する人。私たちは両方が必要です。

人は感動すると、自分も同じことをしたくなります。感動の力は決して無視できない力です。

神様は私たちに人間を取る漁師になりなさいと命令しました。


自分には特別な力もないし、口下手だから出来ないと思うのではなく、ドルカスのように人に感動を与える時に、立派な弟子としての働きが出来ます。それは人間を取る力になります。


ドルカスの親切と施しによって多くのやもめたちがイエス様を信じました。






韓国の駅前で路傍伝道する教会の人たちがいました。

大きな声で賛美をするので、うるさくてそれをよく思わない人たちがいて、その人たちが不満を言いました。
そうしたら路傍伝道する人たちは「信じないと地獄に行くのであなたたちのためにやっています。」と言いました。


皆さんは この言葉をどう思いますか?
これでは相手にますます反感を買うだけです。相手の立場に何の配慮もありません。

「うるさくて申し訳ないです。」とまず相手の気持ちを理解しないといけないですね。
そして不快感を与えないように工夫しないといけないです。

魂を救いたい熱い思いがあるならば、相手が感動するような行動をしないと効果がないです。


弟子としてのドルカスは感動を与えることで、人々に良い影響を与えました。
イエス様がなさった方法でやりました。


【マタイの福音書5章44-45節】

しかし、わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。

それでこそ、天におられるあなたがたの父の子どもになれるのです。天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださるからです。


敵を憎み、迫害する者に対して敵対するならば、彼らに何の感動や影響も与えることはできません。

私たちが もし敵を愛し、迫害する者のために祈るならば、その人たちにはそれがどのような姿に映るでしょうか。
きっと最初は理解出来ないでしょう。愚かな者に見えるでしょう。

しかし後には、彼らたちとは違う 敬虔な姿として感動されます。
実際そのような人たちを見てクリスチャンになった人は歴史の中にたくさんあります。その証もたくさん聞きました。


ですからイエス様は魂の救いのためにも、感動を与える人になるように語っておられます。




新郎新婦の誓いのことば




最近あるアメリカ人の結婚式の映像を見てとても感動しました。
今までの結婚式の中で一番感動的でした。美男美女でした。それだけではなく、とても清さを感じました。

一番の感動は2人が相手に語る「誓いのことば」でした。
司会者に答える形式ではなく、自分たちが用意したものを相手の目を見て話しました。

その内容が素晴らしかったです。2人ともクリスチャンです。世界一幸せに見えました。


≪ 新郎の誓いのことば ≫

「ステファニー。あなたは神からの贈り物で、私が長く待ち望んだ約束です。

あなたの中で私は私の魂が望む魂のパートナーを見つけました。

あなたは私の人生に太陽の光のようで、多くの愛と喜びの光を照らします。


私たちが結婚式を挙げる今日、私はあなたを一生愛し、尊く思い、恋い慕うことを約束します。

私はあなたの中でいつも最善のものだけを見、神があなたに与えた才能が美しく花咲くように助けます。

私はあなたを大切にもてなし、仕え、あなたの平安を私自身の平安よりもまず求めます。

私はふたりの中で愛を育てて行きますし、キリストの花嫁に対する愛と同じ愛をあなたに捧げます。


私はあなたの人格を尊び、尊敬の光で満たし、神とあなたに献身します。

私は家族を力と憐れみで導きます。あなたは私の愛、パートナー、最高の友です。

あなたは私が夢見たすべての望みです。

未来にどんなことがあっても私たちは毎日一緒にいます。それが一番大切です。


あなたと共にいる毎日が私の人生で一番最高の日です。私は何事も恐れずあなたを愛します。

そして私はこの愛が私の生涯でたった一度の愛である事実を忘れません。

どんな難関があっても、私の働きにどんな挑戦があっても、いつも一致を追及します。

私はあなたを私の心を超えて、神様とあなただけが留まる魂の中で愛します。私は永遠にあなたのものです。」





それに対して美しい花嫁は次のように誓いました。


≪ 花嫁の誓いのことば ≫

「マシュー(マタイ)。あなたの名前は神の贈り物の意味です。あなたは本当に神が与えて下さった贈り物です。

私はあなたが特別な男子であることがわかりました。あなたは本当のジェントルマンです。

あなたは私のいのちで、安全な場所です。


あなたは私を完全な者に感じさせ、理解されていると感じさせる愛を与えています。

あなたが長い間待ち望みながら夢見た結婚式に私が生涯守る約束をささげます。

私はあなたを恐れずに愛します。あなたの胸の中であふれる幸せを見つけるでしょう。

あなたと共に働き、手をとって夫と妻として神様に仕えます。


あなたの長点と弱点すべてを愛することは神が私に与えた特権です。共に成長し、変わり、あなたから学びます。

あなたを支え、私たちの家庭の幸せと福祉を一番重要に考えます。

私はいつもあなたの今の姿とあなたの未来の姿を尊敬し尊く思います。

私は絶えず愉快に愛し、楽しい笑い声が家庭に満ち溢れるようにすることを誓います。

わたしはあなたの無二の友、最高の友になっていつもあなたを励まします。


あなたの目標と才能を大切に思います。

私は霊感と利己的ではない愛を私たちの心の中心に置き、尊く思うことを誓います。

あなたは私を自由にさせます。私自身の歌を歌える自由を与えます。

私もまたあなたがあなたの歌を歌えるように助けることを誓います。


最後にあなたの心を私の心の中にいつも保ちます。

あなたが行くところには私も行き、あなたがとどまるところに私もまたとどまります。

あなたはわたしのものであり、わたしの真実な愛です。」






みなさんはこのような結婚の誓いのことばを聞いたことがありますか?

また、結婚式で2人はお互いの足を洗ってあげました。

本当に美しい結婚式でした。結婚式の前に新郎は友達みんなと神に真剣に祈っていました。
すべてに感動しました。


そこで思ったことは この内容をイエス様に対しての愛の告白にしても良いなと思いました。

夫婦ならば、もう一度自分たちに何が欠けているのかを見直したら良いと思います。

若い2人でしたが、結婚に対する考えは神様の教えに沿ったもので素晴らしかったです。

神の前での真剣さも見えました。涙を浮かべながら誓っていました。集まったみんなも感動していました。


相手に何かを要求するのではなく、相手に自分を捧げる姿でした。
相手を変えるのではなく、自分が変わっていくという誓いでした。

自分が変わらないと周りの人に感動を与えることは出来ません。
自分は変わらないで文句ばかり言いながら、周りの人を責めるならば、それは醜い姿です。


それでは人を得るどころか、人を失っていきます。私たちは人を得る者にならないといけないです。

そのためにも人に感動を与えることはとても大切です。

自分が今まで人に与えた感動はどのようなものですか。また、どういうことで感動をしたでしょうか。

あまり記憶にないならば、これから小さな感動を与える人になって下さい。


ドルカスは、感動を受けた人たちの彼女を惜しむ心を見た神様によって、もう一度いのちをもらって生き返りました。これはすごい祝福です。

たとえ生き返らなくても感動を受けた人々はいつまでも心の中で思い続けるでしょう。

私たちもそのような人になりましょう。
(⌒-⌒)

2015.5.3
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

曜日別の祈りです(リニューアルしました)
今日の祈り

神様からの警告のことばです(新コーナー)
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

アメリカ神学校で 神様の訓練がスタートしたヒョノちゃんのブログです。
ヒョノのブログ

毎週日曜日の八戸ノ里キリスト教会のご馳走です!
主の食卓のブログ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

アーカイブ
プロフィール

ヤエクリ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(^^) からし種 に投票してね
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ