からし種の信仰と成長↗

東大阪市・八戸ノ里キリスト教会の毎週日曜日の礼拝メッセージです。 「聖書は難しくて意味がわからない」というイメージが強いです。だけど、真理を正しく説いてくれるので心にグサグサと刺さります。涙も大量に流れます。だけど、それが神様の恵みなんですヨ~★

八戸ノ里キリスト教会より メルマガ配信中!

メルマガ購読・解除

読者購読規約
毎朝7時に配信しています! 1日の始まりを神様の恵みで満たしてくださいね
powered by まぐまぐ!
 
         

御使い

神のラッパが吹かれるとき

テーマは 『 神のラッパが吹かれるとき 』 です

【第1テサロニケ4章16-18節】

主は、号令と、御使いのかしらの声と、神のラッパの響きのうちに、ご自身天から下って来られます。それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、

次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主と会うのです。このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。

こういうわけですから、このことばをもって互いに慰め合いなさい。

本文は、主を信じる者を迎えに 空中再臨する主の様子と その時に起こることを話しています。


その中で、それを知らせる神のラッパが響き渡ることが書かれてあります。

全世界で耳鳴りがするほどの大きな神のラッパが吹かれると思います。

その時、大喜びをする人もいますが、不安と恐怖で気を失う人も出てくると思います。


主を迎える準備が出来ている人は大喜びし、何の準備も、何が起ったのかも知らない人たちにとっては最悪の恐怖の日になるでしょう。


聖書では、神のラッパが いつ吹かれるのかを教えていますので、今日はそれを学び ラッパが吹かれた時に聞き分けて、すぐに行動を起こしたいです。




携挙のラッパ




イエス様が必ず再臨すると信じていますか?


私は信じます。

主は “必ず再臨する” と約束しました。


空中再臨と地上再臨があります。

本文は、空中再臨のことです。


その時、主の再臨を準備していた人たちは大喜びで外に出て空を見上げると思います。

主が雲に乗って来られると語りましたから。


その神のラッパは、これから主との婚礼が始まるという素晴らしい知らせです。


その恵みを受ける人は このような人です。


【第1テサロニケ5章6-7節】

ですから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして、慎み深くしていましょう。

眠る者は夜眠り、酔う者は夜酔うからです。

光の子どもらしく歩んだ人は、この時に一挙に空中に引き上げられ、そこで主に会いますが、夜や闇の者であるならば地上に残されます。


マタイの福音書25章にある10人の娘のたとえで花婿を迎える準備がしっかり出来た5人の花嫁は婚礼の祝宴に入り、中等半端に準備した5人の花嫁は祝宴に入ることができませんでした。


まったく準備をしていない人は信じない人ですが、中等半端に準備した人は “クリスチャンの仲間” でした。

そのような人たちは 残念ながら地上に残されます。




キリストの到来を告知するラッパ




【マタイの福音書24章30-31節】

そのとき、人の子のしるしが天に現れます。すると、地上のあらゆる種族は、悲しみながら、人の子が大能と輝かしい栄光を帯びて天の雲に乗って来るのを見るのです。

人の子は大きなラッパの響きとともに、御使いたちを遣わします。すると御使いたちは、天の果てから果てまで、四方からその選びの民を集めます。

そのラッパがキリストの到来であることがすぐに分かった人は幸いです。

他の人の耳に聞こえる神のラッパは、裁きの始まりを告知するものですから悲しみがいっぱいです。


信じて準備した人に対しては、“キリストが来たので 喜んで急いで出てきなさい” と民を集めるラッパに聞こえます。




神の臨在の前に 人を招集するラッパ




【出エジプト記19章16-17節】

三日目の朝になると、山の上に雷といなずまと密雲があり、角笛の音が非常に高く鳴り響いたので、宿営の中の民はみな震え上がった。モーセは民を、神を迎えるために、宿営から連れ出した。彼らは山のふもとに立った。

旧約時代では、人を集める時にもラッパを鳴らしました。

それを聞いて人々は集まって来ました。


主を礼拝するためや、宗教的出来事を祝うため、祭りをするために ラッパの音を聞いて集まりました。


礼拝がある日曜日は、自分が遊ぶための日ではなく、主の日です。

神の臨在の前に出て神を礼拝する日です。


クリスチャンならば、その日を聖別しないといけないです。


他のことを優先して神への礼拝をないがしろにする人は、主の再臨のラッパが響き渡っても、何のことだと慌てふためきます。


そして、主の再臨の時に地上に残されます。

「神の臨在の中に来なさい。目を覚ましなさい。主の前に出て礼拝をささげなさい。」と 語ることばが、主のラッパの音になって耳に聞こえないといけないです。


聞いても無視し続けるならば、悲しみながら後悔する日が必ず来ます。


【ヘブル10章25節】

ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか。



御使いのラッパ




神が御使いに吹かせるラッパは 災いのラッパです。

黙示録8章から12章の中には、ラッパが7回も吹かれました。


救われず地上に残された人々が受ける災いはずっと続きます。

御使いが吹く7回のラッパによって地上に何が起こるでしょうか?


血の混じったひょうと火が現れ、地上の三分の一が焼け、木の三分の一が焼け、青草が全部焼けてしまいました。

そして 海の中の命あるものの三分の一が死に、船の三分の一が壊されました。

また 川の三分の一が苦くなったので多くの人が死にました。

太陽の三分の一、月の三分の一、星の三分の一が暗くなり、昼の三分の一が暗くなりました。

夜はさらに暗く長くなりました。


さそりの力を持ついなごが大量に現れ、人間をさすので 人々の苦痛は耐えられないほどになります。

世界大戦が起こり、人類の3分の一が殺されます。

そして大患難時代が始まります。


恐ろしい時代になるので、神は今も私たちに目を覚ますように語っておられます。




警告のラッパ




預言による警告のラッパがあります。


【マタイの福音書24章4-12節】

そこで、イエスは彼らに答えて言われた。「人に惑わされないように気をつけなさい。

わたしの名を名のる者が大ぜい現れ、『私こそキリストだ』と言って、多くの人を惑わすでしょう。

また、戦争のことや、戦争のうわさを聞くでしょうが、気をつけて、あわてないようにしなさい。これらは必ず起こることです。しかし、終わりが来たのではありません。

民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、方々にききんと地震が起こります。

しかし、そのようなことはみな、産みの苦しみの初めなのです。

そのとき、人々は、あなたがたを苦しいめに会わせ、殺します。また、わたしの名のために、あなたがたはすべての国の人々に憎まれます。

また、そのときは、人々が大ぜいつまずき、互いに裏切り、憎み合います。

また、にせ預言者が多く起こって、多くの人々を惑わします。

不法がはびこるので、多くの人たちの愛は冷たくなります。

まさに今、世界がだんだんそれに近づいています。

一番恐ろしいのは何だと思いますか?
何を一番警戒しないといけないですか?


戦争やききん、地震などは 目に見えて感じますので分かりやすいです。


一番警戒しないといけないのは “人の惑わし” です。


サタンさえ 光の御使いのように変装しますし、教会の堕落、信徒の堕落、にせ預言者などを識別するのは とても難しいです。


騙され惑わされると、その魂は滅ぼされます。

霊的に目を覚まさないと、そして みことばと祈りをしっかりしないと誰でも惑わされます。


人間に騙されないために、惑わされないためには、口のことばで判断しないことです。


口では聖書のことばを語っても、その心が邪悪な者は多くいます。

その人が御霊の実を結んでいるかどうかで判断して下さい。


御霊の実は 生まれ変わっていない人は結ぶことが出来ないし、聖霊の助けなしにはありえないからです。


その人が有名でも、過去の業績が素晴らしくても、奇跡を行う人であっても、聖霊の実がないならば 神に属する人ではありません。


それに惑わされてはいけません。

このように神のラッパは今も吹かれてあります。


聞いて何を注意し、何を準備すべきかを悟って行って下さい。

今の時代は本当に悪く、主の再臨はとても近いです。
(;´Д`) (・∀・)


2017.2.12
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

みことばがあふれています!
八戸ノ里キリスト教会ホームページ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

人間の中で今も働くサタン

テーマは 『 人間の中で今も働くサタン 』 です

【使徒の働き19章11-20節】

神はパウロの手によって驚くべき奇蹟を行われた。

パウロの身に着けている手ぬぐいや前掛けをはずして病人に当てると、その病気は去り、悪霊は出て行った。

ところが、諸国を巡回しているユダヤ人の魔よけ祈祷師の中のある者たちも、ためしに、悪霊につかれている者に向かって主イエスの御名をとなえ、「パウロの宣べ伝えているイエスによって、おまえたちに命じる」と言ってみた。

そういうことをしたのは、ユダヤの祭司長スケワという人の七人の息子たちであった。

すると悪霊が答えて、「自分はイエスを知っているし、パウロもよく知っている。けれどおまえたちは何者だ」と言った。

そして悪霊につかれている人は、彼らに飛びかかり、ふたりの者を押さえつけて、みなを打ち負かしたので、彼らは裸にされ、傷を負ってその家を逃げ出した。

このことがエペソに住むユダヤ人とギリシヤ人の全部に知れ渡ったので、みな恐れを感じて、主イエスの御名をあがめるようになった。

そして、信仰に入った人たちの中から多くの者がやって来て、自分たちのしていることをさらけ出して告白した。

また魔術を行っていた多くの者が、その書物をかかえて来て、みなの前で焼き捨てた。その値段を合計してみると、銀貨五万枚になった。

こうして、主のことばは驚くほど広まり、ますます力強くなって行った。

本文の中には、2つの強い力が現れています。

1つは神の力です。
聖霊に満たされたパウロは力強い働きをしました。


神は彼を使って驚くべき奇蹟を行いました。
どれほど神はパウロに力を注いだのか、身に着けている手ぬぐいと前掛けをはずして病人に当てると、その病気は去り、悪霊は出て行きました。

イエス様がなさった働きを、そのままパウロも行いました。


イエス様の働きを見ると、常に父のみこころを行いましたし、罪人を贖い、命を与え、悪魔のわざを滅ぼしました。


【Ⅰヨハネ3章8節】

神の子が現れたのは、悪魔のしわざを打ちこわすためです。

イエス様は実際、悪魔のしわざを打ちこわし、神の力が圧倒的に強いことを見せました。

その力を受けた人はサタンを打ちこわすことができます。


そして、もう1つの強力な力が出てきます。
サタンの力です。

聖書ほどサタンの正体を詳しく教える情報源はありません。


神様は人間が騙されることがないように正確に教えます。
それを知らないとサタンに騙されてサタンを受け入れ、サタンに支配されるようになります。






今回はサタンの力と特徴、働き、そして実際に人間の中に入ってどのようにその人を支配し滅ぼしていくのかを語ります。


【ヨハネの黙示録12章7-9節】

さて、天に戦いが起こって、ミカエルと彼の使いたちは、竜と戦った。それで、竜とその使いたちは応戦したが、

勝つことができず、天にはもはや彼らのいる場所がなくなった。

こうして、この巨大な竜、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれて、全世界を惑わす、あの古い蛇は投げ落とされた。彼は地上に投げ落とされ、彼の使いどもも彼とともに投げ落とされた。

今、皆さんは竜が 神とは思わないでしょう。
竜はサタンであります。しかし、もともとサタンが竜の姿をしているわけではありません。

サタンは堕落した天使です。ミカエルも天使でお互いに仲間でした。

しかし高慢になり神に逆らったため天から追い出されました。

悪霊はサタンの使いで、とても数が多いです。
サタンは悪霊のかしらであり、悪霊は常にサタンの指示を受けて人間世界の中で働きます。


このような内容を知らずに、多くの人たちが竜を力強い神として崇めています。

特に佛教を信じる国々は、竜を神として拝んでいます。その正体がサタンだとも知らずに――。


< サタンは、多くの名前で呼ばれています。 >

・アバドン(へブル語)…ギリシャ語でアポリュオン。意味は“破壊”です。サタンは盗み、殺し、滅ぼします。

・べリアル(へブル語)…意味は“無価値”です。

・ベルゼブル…意味は“悪霊の主人、サタン”です。


この他にも色々ありますが、今回はこのくらいにします。




サタンと悪霊の特徴




<力が強い>

悪霊にとりつかれた人は、悪霊の力によって祭司の息子たちに飛びかかり、ふたりの者を押さえつけて、皆を打ち負かすほど力がありました。

ゲラサ地方に行った時にも、イエス様の前に悪霊につかれた人が出てきました。その人は墓場に住んでいました。

どれほど力が強かったのかは、マルコの福音書5章に書かれています。


【マルコの福音書5章1-4節】

こうして彼らは湖の向こう岸、ゲラサ人の地に着いた。

イエスが舟から上がられると、すぐに、汚れた霊につかれた人が墓場から出て来て、イエスを迎えた。

この人は墓場に住みついており、もはやだれも、鎖をもってしても、彼をつないでおくことができなかった。

彼はたびたび足かせや鎖でつながれたが、鎖を引きちぎり、足かせも砕いてしまったからで、だれにも彼を押さえるだけの力がなかったのである。

誰の手にも負えないほどの力がありました。

なぜならば、彼の中に住みついている悪霊の数が多かったからです。


イエス様が悪霊に聞いた時に、次のように答えました。


【マルコの福音書5章9節】

それで、「おまえの名は何か」とお尋ねになると、「私の名はレギオンです。私たちは大ぜいですから」と言った。

レギオンとは、ローマ軍最大の軍団のことを言いますが、それほどの数だと答えました。

悪霊は大勢いて、サタンの支配下で命令を受けて、人々の中で力をもって働きます。



このように力があり、大勢いる悪霊は日々何をしているのでしょうか。


【Ⅰペテロ5章8節】

身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。

このように誰を殺そうかと全世界を周りながら人間を捜しています。

人間を捕らえ、汚し、人間の中に入って自分たちの思いのままにその人を使い、神に背信するように働きます。


聖書を読むと分かりますが、イエス様やパウロは悪霊にとりつかれた多くの人たちから悪霊を追い出しました。


悪霊にとりつかれたある人たちは誰の目にもその様子がおかしいです。

身体を傷つけたり、大声を出したり、人を襲ったり、ある人たちは悪霊によって病気にもなりました。

盲目で口がきけなかったり、てんかんや他の病を患ったり、数えきれない方法や手段を使って悪魔は今も働きます。


悪霊は自分の姿を隠して人間の中に入りますが、悪霊が入った後は その人を完全に支配し、自分の思いを入れて、その人をあやつり人形状態にしていきます。

そして、だんだんとサタンの力を現していきます。
また、その人に自分(サタン)の正体をばらす時もあります。






イエス様の前に立つとサタンは何もできませんでした。

自らが正体を言い、お手柔らかにして欲しいと願いました。

世には、サタンが自由に出来る人と出来ない人がいます。


イエス様やパウロや聖霊に満たされた人の前ではサタンは追い出されていきました。


しかし、サタンの正体をよく知らない人がキリスト教の信者であっても聖霊の力も受けず、口先だけサタンを追い出そうとしてもサタンは追い出されるどころか、逆に信者を攻撃してきます。そしてひどい目に遭わせます。

サタンを決して甘く見てはいけませんし、油断をしてもいけません。


ナイジェリアで活躍しておられる、T.B.Joshuaは預言や悪霊を追い出す働きをしていますが、人々の中にいる悪霊と会話をしている場面を何度も見ました。

そこでサタンがどのように人間の中で働くかを知ることができます。(※動画サイトでT.B.Joshuaのページを見てください。英語ですが映像で伝わります。)


サタンが人の中に入るのは、その人の背景も影響されます。

偶像崇拝をする家庭、親が子をサタンに捧げると誓うので、生まれた時にサタンが子どもの中に入ります。

また、クリスチャンであっても、その人が罪を犯すまで(近くで)待ち、その人が罪を犯した時に体内に入ってその身体を自分(悪霊)の住まいにします。このように、いつも人々についてまわっています。


サタンの目的は1つ、破壊です。


その人の人生、身体、家庭、財政、仕事などすべてを破壊することです。人の中に入ってその者を殺したいと言います。

重い鬱病や、中毒、執着などもサタンによるものです。

サタンが働くやり方は、人の中に混乱、偽り、怒り、憎しみ、姦淫、殺人を起こします。

また、まともな思いを奪って愚かな者にしていきます。


牧師や信者などの目をくらませて、悪霊の存在を見せないようにし惑わします。そして自分たちに仕えるように仕向けます。

つまり神を敬わないようにします。


サタンは間接的に人間を使います。
たくさん殺せば殺すほど、たくさん破壊をすればするほど、サタンはそのたましいを得て、彼らの所有権も全て得て自分のものにすると言いました。




光とイエスの御名




サタンが1番嫌うものは光であり、イエス様の名です。つまり光を持っている人です。

なぜならサタンは闇なので、光と混ざることが出来ず 追い出されるからです。

今まで悪霊が支配してきた者が神を求め、その心にどんどん神のことばや霊的なものを求めて光で満たしていくと、(悪霊は)何も働きが出来ないです。


そうすると、さらに大勢の悪霊をつれて来て、その者を殺す計画を立てます。

もちろん、本人には見えない世界で起こっていることは分かりません。
サタンはしつこくその者を破壊することを計画します。


しかし、その計画は失敗に終わることが多いです。
なぜなら、その人が主に向くと、その人を守る御使いが共にいるからです。

悪霊もそう言いました。「お前らを守るのはミカエル・御使いだ」と。


【へブル1章14節】

御使いはみな、仕える霊であって、救いの相続者となる人々に仕えるため遣わされたのではありませんか。





今も全世界でサタンは多くの若者たちを破壊しています。

「殉教すれば天国だ。」と惑わし、それまで普通の生活をしていた若者たちが人を殺し、また自分も殺されて死んでいます。

多くの人々があらゆる中毒症にかかって心も身体も破壊されています。このことから、どこでもサタンの働きを見ることができます。


今回の聖書本文でも、人々は悪霊の正体を目の前ではっきりと見て、悪霊がどれほど恐ろしい存在であるかを知りましたので、今まで魔術を行って人々を惑わしていた者たちは自分たちが使っていた書物を全て焼き捨てました。


神様の大いなる力と 自分たちを破壊するサタンの力、両方を目にして初めて目が覚めました。


初めて自分たちが長い間サタンに支配されていたことに気付きました。

そして主に立ち返りました。(悔い改め)

今、自分の中に光があるのか、闇があるのかは 自分で分かると思います。
Σ(゚д゚;)


【エペソ5章8-12節】

あなたがたは、以前は暗やみでしたが、今は、主にあって、光となりました。光の子どもらしく歩みなさい。

―光の結ぶ実は、あらゆる善意と正義と真実なのです―

そのためには、主に喜ばれることが何であるかを見分けなさい。

実を結ばない暗やみのわざに仲間入りしないで、むしろ、それを明るみに出しなさい。

なぜなら、彼らがひそかに行っていることは、口にするのも恥ずかしいことだからです。

2014.10.26
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

アメリカ神学校で 神様の訓練がスタートしたヒョノちゃんのブログです。
ヒョノのブログ

毎週日曜日の八戸ノ里キリスト教会のご馳走です!
主の食卓のブログ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(^^) からし種 に投票してね
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ