テーマは『私たちは何者でしょうか?』です。

※本日はいくつかのテーマで分かれています。

【詩篇20章1-9節】

神様はダビデの信仰を見ておられました。小さな石ころでゴリアテを倒されました。

世の人は、実力・競争など、あらゆるもので誇っています。
そしてどんなに頑張っても上には上がいるので、私たちは勝ち続けることができません。
また、自分より劣っている人を見て、慰めたりしています。

私たちは何者でしょうか?
私たちは救い主イエス様を受け入れているので、それらをする必要はありません。
人は、持っている物を羨ましく思いますが、私たちは魂を見ましょう。

【Ⅰコリント12章12-27節】

教会はキリスト(からだ)で、私たち1人1人は各器官なのです。自分の立場をよくわきまえましょう。
「自分は手なのか? 足なのか?」それは、わからないのですが
1つの器官が無くなると、教会は不調になります。
教会は神様のみわざで作られたものです。

小さな臓器であっても、無くてはならない重要性があります。
私たちは兄弟姉妹が休んだり、元気がないのを気付くと胸が痛くなるので、
神様にはなおさらです。神様は私たちの傍で見ておられます。

【Ⅰコリント12章21節】

私たちは、自分の口を通して相手を傷つけることがあります。
舌は使い方によって、とても危険なものになります。
兄弟姉妹を裁いたり、冷たい言葉をかけることは、罪を犯していることです。
なぜならそれは、兄弟姉妹1人1人は、イエス様が十字架にかかったほどの尊い魂だからです。

【詩篇32章1-11節】

32章8節のみことばは、イエス様を受け入れた人だけに与えられる言葉であります。
私たちは死んだ後に行くべき道があります。天の御国です。
≪ 神様の言葉を、曲げて受け取らない者は幸いです。 ≫
≪ 神様の言葉を、チャレンジする信仰で握りしめる人は幸いです。 ≫

私たちは牧師を通して、1人1人に預言の言葉をいただきますが、
言葉の内容が、「厳しいから聞きたくない。」、「祝福の言葉ではないと受け取らない」ではありません。
この言葉を受け取るのは自身の選択です。この時に、神様はどのようにするのかを見ておられます。

行くべき道を通すために、苦しい時を経験させることもありますが、神様はすべてをご存知であります。
目を真っ直ぐに上げましょう。

ここでイエス様を知っていたら、たとえ転んでも塵を掃って、また立ち上がります。
イエス様を知らないと、自らの命を絶ってしまうこともあります。

もっとイエス様に助けを求めてください。これは遠慮することではありません。
神様は助けたい思いでいっぱいであります。

立ち上がる度に強くなります。神様は私たちを甘やかすことをなさいませんが、
手を出すタイミングを見ておられます。
私たちが励ましを受けて歩いていけるようにしてくださいます。

【ルカ9章23節】

日々負っているもの = 例えば、家族の救いです。 日々祈りましょう。
自分を捨てることです。自我があると、神様とぶつかります。

自我があると、私たちの耳にやさしくサタンが囁いてきます。
イエス様が一番扱いにくい人は、自我が強い人です。
そのような人に、イエス様は苦しまれます。
何故ならば、敵を愛しなさい。→ 「それは無理です。」(このように自我が邪魔をします。)
家族の中で一番最初に救われたあなたが、自我を捨てて手を差し伸べるのです。

【エレミヤ29章11-14節】

29章11節は、私たちが問題の中にある時、良いことを考えられない時があります。
しかし、私たちは明日のことをわからない者です。今夜のことですらわかりません。
私たちは今のことしか出来ません。
将来と希望は明るいものです。ただし、これには条件があります。
29章12-14節です。

素晴らしい預言を与えられたからと待っているだけでは道は開かれません。
神様は待っておられます。私たちはついキョロキョロしてしまいますが、
神様は私たちをジッと見ておられます。
イエス様の足元にひざまずき、駆け込むことです。
常にサタンは心の奥を汚そうとします。

辛い時に一番悲しんでおられるのは、自分ではなく 「神様」です。
私たちは、魂の親がいることを意識した方が良いです。

頑ななのは、私たちの心で、イエス様に期待しましょう。
―― これらのことは、覚えているうちに祈りましょう。――

サタンは、私たちの内に落ちた種を盗もうとします。
すぐに家に帰るのではなく、礼拝堂で期待して祈ります。
花のつぼみを無理やり開くと、花を殺すことであります。
しかし、神様の愛が働くと綺麗に咲きます。私たちの心も同じように考えましょう。

≪深く植え付けてください。芽が出るように、祝福されますように。≫  アーメン

2012.2.12
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■