からし種の信仰と成長↗

東大阪市・八戸ノ里キリスト教会の毎週日曜日の礼拝メッセージです。 「聖書は難しくて意味がわからない」というイメージが強いです。だけど、真理を正しく説いてくれるので心にグサグサと刺さります。涙も大量に流れます。だけど、それが神様の恵みなんですヨ~★

八戸ノ里キリスト教会より メルマガ配信中!

メルマガ購読・解除

読者購読規約
毎朝7時に配信しています! 1日の始まりを神様の恵みで満たしてくださいね
powered by まぐまぐ!
 
         

執着

キリストが捨てたものは何か

テーマは 『 キリストが捨てたものは何か 』 です

【ピリピ2章6-11節】

キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、

ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。人としての性質をもって現れ、

自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われました。

それゆえ神は、この方を高く上げて、すべての名にまさる名をお与えになりました。

それは、イエスの御名によって、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるもののすべてが、ひざをかがめ、

すべての口が、「イエス・キリストは主である」と告白して、父なる神がほめたたえられるためです。


キリストの人間としての部分を見ると、私たち人間と同じように見える部分もあれば、違う部分もたくさんあります。


同じ部分はキリストも肉体を持っていたので 疲れを感じたり、お腹が空いたり、痛みを感じたりしました。

そして感情があるので涙を流したり、喜んだり、悲しんだりしました。


しかし 生き方においては、キリストは 私たち人間とはまったく違っていました。


その中で、私たち人間が捨てられないものを キリストは大胆に捨てました。

その部分を学びたいと思います。




神の栄光を捨てて卑しい人間になった部分




人間は神になろうとして罪を犯し堕落しました。

今も人間には 神になろうとする傾向が強いです。


キリストは神のあり方、栄光、尊厳を捨てて人間になりました。

自分を無にしました。


しかし人間はキリストとは正反対の生き方をしています。(アダムの堕落、バベルの塔の事件など)




すべての所有者であるのに すべてを捨てて貧しくなった部分



人間は神からすべてのものを受けたにも係わらず、まるで自分のものであるかのように執着し、絶えず富を得ようとしますが、キリストは自分からすべての富を捨てました。


【第2コリント8章9節】

あなたがたは、私たちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです。


【マタイの福音書8章19-20節】

そこに、ひとりの律法学者が来てこう言った。「先生。私はあなたのおいでになる所なら、どこにでもついてまいります。」

すると、イエスは彼に言われた。「狐には穴があり、空の鳥には巣があるが、人の子には枕する所もありません。」



神の権威を捨てて、しもべの姿になった部分




私たち人間は 人に仕えるよりも、仕えられることを好みますが、キリストは神の権威を捨て、しもべになって人間に仕えました。


【ヨハネの福音書13章4-5節】

夕食の席から立ち上がって、上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとわれた。

それから、たらいに水を入れ、弟子たちの足を洗って、腰にまとっておられる手ぬぐいで、ふき始められた。



いのちの主が罪人のためにいのちを捨てた部分




死は罪ある者が受ける刑罰なので、罪のないキリストにとって 死は無縁です。

しかし罪人である人間を贖うために、自ら罪人の代わりに十字架の上でいのちを捨てました。


【第1ペテロ2章22節】

キリストは罪を犯したことがなく、その口に何の偽りも見いだされませんでした。


【ヨハネの福音書10章18節】

だれも、わたしからいのちを取った者はいません。わたしが自分からいのちを捨てるのです。わたしには、それを捨てる権威があり、それをもう一度得る権威があります。わたしはこの命令をわたしの父から受けたのです。」

このようにキリストがあらゆるものを捨てたことによって 私たちが恵みを受けました。


罪の赦し、救い、永遠のいのち、天の富すべてがキリストをよって与えられたことを知らなければなりません。


キリストに栄光と誉れと感謝をささげます。
アーメン .。゚+.(・∀・)゚+.゚

2019.12.22
クリスマス礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会



~ お知らせ ~

からし種の信仰と成長:ブログランキング
人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)

多くの人に読んでもらえる可能性があるので
皆さんのクリックが、福音伝道に繋がります☆


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

毎日、テーマに沿って学ぶことができます!
bible66のブログ

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

聖書を理解しやすい言葉に訳しています!
みことばサプリ

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

貪欲な心

テーマは 『 貪欲な心 』 です

ハレルヤ。

主の守りが今日もありますように祈ります。


他の神々に使えることだけが偶像礼拝ではなく、それよりも警戒しなければならない偶像礼拝があります。

それは “貪欲” です。


神の人たちが、この貪欲によって、たくさん倒れましたし、今も多くのキリスト教の指導者や信徒たちが、それで倒れています。

本人たちは、なかなかそれに気付いていないですね。

実際は貪欲の深みにはまっています。


この貪欲に対して、ソロモンは次のように言いました。


【伝道者の書1章8節】

すべての事はものうい。人は語ることさえできない。目は見て飽きることもなく、耳は聞いて満ち足りることもない。

知恵の王と呼ばれたソロモンさえも、この貪欲に倒れてしまいました。

妻とそばめが千人もいました。


金や銀、宝石は数えきれないほどありました。

ありとあらゆるものを手に入れました。

それでも満足しなかったと言われました。


アダムとエバが罪を犯したのも貪欲でした。

食べてはならないと神が命じたにも関わらず、欲しくなって善悪の知識の木から採って食べました。

そのことで祝福に満ちたエデンの園から追い出され、死と呪いと労働と、女には産みの苦しみが入ってきました。


ロトは、罪に染まったソドムの豊かさに誘惑されて、そこに定着しました。

ソドムが神によって滅ぼされたときに、彼はすべての財産を失い、命からがらで その町から逃げました。

それもアブラハムのとりなしがあったので助かりました。


生活に困ることなく、十分なものを持っていたにも関わらず、貪欲な心があったので、罪に染まった町であっても、豊かさをさらに求めてその町に移り住んで後にひどい目に遭いました。


アカンは、神に捧げるべきものを欲しがり、自分のために残したことで神から捨てられました。

イエス様の弟子であったイスカリオテ・ユダもお金が欲しくなって、イエス様を金で売りました。

後になって苦しくなり自殺しました。


貪欲にも、2つのパターンがあることを知らないといけないです。


積極的な貪欲は、欲しくて誘惑されて取りに行く貪欲があります。

もう1つの、消極的な貪欲は、もったいないと思う惜しむ心です。


サウル王やアカンがそうでした。

戦いの勝利で、多くの家畜や家や物などが手に入ったのに、それに手を付けず、“生き物は全部殺すように、あとは燃やしたり、壊すように” と神から言われたのに、それをもったいないと思い、それを横取りしました。


“もったいない” は、節約精神のように思われまが、裏を返せば そこに潜んでいるのは、物に執着する貪欲な心があります。


貪欲な心は、自分だけ富ませ、他人に与え、他人を祝福することが出来ません。

貪欲には警戒が必要です。
。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

2016.3.5
3分テレフォンメッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

みことばがあふれています!
八戸ノ里キリスト教会ホームページ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

プロフィール

ヤエクリ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(^^) からし種 に投票してね
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ