からし種の信仰と成長↗

東大阪市・八戸ノ里キリスト教会の毎週日曜日の礼拝メッセージです。 「聖書は難しくて意味がわからない」というイメージが強いです。だけど、真理を正しく説いてくれるので心にグサグサと刺さります。涙も大量に流れます。だけど、それが神様の恵みなんですヨ~★

八戸ノ里キリスト教会より メルマガ配信中!

メルマガ購読・解除

読者購読規約
毎朝7時に配信しています! 1日の始まりを神様の恵みで満たしてくださいね
powered by まぐまぐ!
 
         

啓示

三つのラッパの音の意味

テーマは 『 三つのラッパの音の意味 』 です

【エレミヤ書6章16-19節】

主はこう仰せられる。「四つ辻に立って見渡し、昔からの通り道、幸いの道はどこにあるかを尋ね、それを歩んで、あなたがたのいこいを見いだせ。しかし、彼らは『そこを歩まない』と言った。

また、わたしは、あなたがたの上に見張り人を立て、『角笛の音に注意せよ』と言わせたのに、彼らは『注意しない』と言った。

それゆえ、諸国の民よ。聞け。会衆よ。知れ。彼らに何が起こるかを。

この国よ。聞け。見よ。わたしはこの民にわざわいをもたらす。これは彼らのたくらみの実。彼らが、わたしのことばに注意せず、わたしの律法を退けたからだ。



警告を与える角笛の音




17節に「角笛の音」が出て来ます。


旧約時代では、ラッパの役割を角笛がしました。

戦争や危険が迫る時に 民たちを目覚めさせ、備えや避難が出来るように角笛を吹いて警告しました。


しかし 神様が実際に角笛を鳴らすようにしたのは、もっと深い意味があります。


神は多くの預言者や祭司たちの口を通して、預言や啓示を与えて、これから起こることや神のさばきなどを伝えましたが、それがすべて警告のラッパです。

これは私たちが必ず聞かなければならないラッパの音です。



「角笛の音に注意せよ。」と言われてあります。

もし「注意しない」と言うならば、わざわいに会いますね。

次の箇所にも警告を与える場面が出て来ます。


【エゼキエル書33章1-7節】

次のような主のことばが私にあった。

「人の子よ。あなたの民の者たちに告げて言え。わたしが一つの国に剣を送るとき、その国の民は彼らの中からひとりを選び、自分たちの見張り人とする。

剣がその国に来るのを見たなら、彼は角笛を吹き鳴らし、民に警告を与えなければならない。

だれかが、角笛の音を聞いても警告を受けないなら、剣が来て、その者を打ち取るとき、その血の責任はその者の頭上に帰する。

角笛の音を聞きながら、警告を受けなければ、その血の責任は彼自身に帰する。しかし、警告を受けていれば、彼は自分のいのちを救う。

しかし、見張り人が、剣の来るのを見ながら角笛を吹き鳴らさず、そのため民が警告を受けないとき、剣が来て、彼らの中のひとりを打ち取れば、その者は自分の咎のために打ち取られ、わたしはその血の責任を見張り人に問う。

人の子よ。わたしはあなたをイスラエルの家の見張り人とした。あなたは、わたしの口からことばを聞くとき、わたしに代わって彼らに警告を与えよ。

今の時代も、神様は目を覚ましているクリスチャンたちを通して警告を与えておられます。

ラッパを吹かせています。


その音を聞いて、主を迎えることが出来るように準備しないといけないです。




携挙のラッパの音




【第1テサロニケ4章16-17節】

主は、号令と、御使いのかしらの声と、神のラッパの響きのうちに、ご自身天から下って来られます。それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、

次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主と会うのです。このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。

【第1コリント15章51-52節】

聞きなさい。私はあなたがたに奥義を告げましょう。私たちはみな、眠ることになるのではなく変えられるのです。

終わりのラッパとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は朽ちないものによみがえり、私たちは変えられるのです。


携挙が起こる時に吹かれるラッパによって超自然的な現象が起こります。


誰も見たことも経験したこともないことが起こります。

主を迎える準備が出来た人だけが一瞬に変えられて雲の中に一挙に引き上げられます。


ラッパの音を聞いてから準備しようとしても間に合いません。


今の時代を見るとその時が近づいていることがよく分かります。

いつ起きてもおかしくありません。



主の日は盗人のように突然来ると言われてあります。

ラッパが響いたら終わりです。


突然多くの人が消えていきます。


残ってしまった人々は携挙のラッパの音を二度と聞くことはありません。




大患難のラッパの音




ヨハネの黙示録8章、9章ではわざわいをもたらすラッパが吹かれる場面が出て来ます。


神の命令によって全世界にもたらされる恐ろしい患難のために次々とラッパが吹かれます。


誰もこの患難から逃れることは出来ないです。

誰も何の準備も出来ないです。


すべての自然や生き物にもわざわいが来るからです。



人間が長い間犯した罪に対する神の激しい怒りが、残されたすべての人々の上にくだります。


誰がこれに耐えることが出来るでしょうか。

どれほど激しい患難なのかを、次の2箇所で見たいと思います。


【ヨハネの黙示録9章6節】

その期間には、人々は死を求めるが、どうしても見いだせず、死を願うが、死が彼らから逃げて行くのである。

【ヨハネの黙示録9章18節

これらの三つの災害、すなわち、彼らの口から出ている火と煙と硫黄とのために、人類の三分の一は殺された。


これで終わりではなく、大患難はさらに続きます。

考えるだけでもゾッとする患難に誰が耐えることが出来るでしょうか。


目覚めるように吹き鳴らされるラッパの音も聞けなくなる時が来ます。


いつ携挙のラッパが吹かれてもおかしくない今の時代です。

今はまだ間に合います。



警告のラッパの音を聞いて目覚めて携挙の準備をすることです。


毎日雲を見ても主の再臨を思い起こすことです。

迎える準備が出来てあるかどうかを確かめることです。
アーメン ( ̄‥ ̄)=3


2019.8.4
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会



~ お知らせ ~

からし種の信仰と成長:ブログランキング
人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)

多くの人に読んでもらえる可能性があるので
皆さんのクリックが、福音伝道に繋がります☆


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

毎日、テーマに沿って学ぶことができます!
bible66のブログ

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

聖書を理解しやすい言葉に訳しています!
みことばサプリ

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

私は礼拝者になる

テーマは 『 私は礼拝者になる 』 です

【ヨハネの福音書4章21-24節】

イエスは彼女に言われた。「わたしの言うことを信じなさい。あなたがたが父を礼拝するのは、この山でもなく、エルサレムでもない、そういう時が来ます。

救いはユダヤ人から出るのですから、わたしたちは知って礼拝していますが、あなたがたは知らないで礼拝しています。

しかし、真の礼拝者たちが霊とまことによって父を礼拝する時が来ます。今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるからです。

神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。」

サマリヤの女とイエス様の対話で、私たちは 主が求めておられる礼拝が どのような礼拝なのかを知ることが出来ます。


ユダヤ人は霊的ではない 形式的な礼拝をし、サマリヤ人は よく分かっていなかったので、みことばから離れた礼拝をしていました。

ですから神は、彼らから まともな礼拝を受けたことがありませんでした。

それは私たちにも当てはまると思います。


礼拝は “どこで(場所)” が問題ではなく、“何によって(霊によって)” 、“どのように(神の啓示によって)” ささげているのか が問題です。


神は 選ばれた民に、このような礼拝をささげてほしいと願っています。

そのためには、礼拝者自身が変わらなければなりませんので、どのように変わるべきかを話します。


形式的な礼拝、仕方なくささげる礼拝をして、やるべき義務が終わったと思って自己満足して帰る人は 一番気の毒な人です。


そのような礼拝はゴミ箱に入っています。
無駄なことをしただけです。


しかし、霊とまこと すなわち誠実、正直、啓示によって神の御顔を求める心で礼拝をささげる人は神体験をします。


真の礼拝者の姿を見ながら,、自分たちもそれを目指していきたいと思います。




召されたところで神を礼拝する




真の礼拝者は神に出会ったその場所で、すぐに神を礼拝しました。


【創世記12章7-8節】

そのころ、主がアブラムに現れ、そして「あなたの子孫に、わたしはこの地を与える」と仰せられた。アブラムは自分に現れてくださった主のために、そこに祭壇を築いた。

彼はそこからベテルの東にある山のほうに移動して天幕を張った。西にはベテル、東にはアイがあった。彼は主のため、そこに祭壇を築き、主の御名によって祈った。

信仰の先祖・アブラムが一番にしたのは、神に召された所で まず祭壇を築いて、礼拝をささげたことでした。

自分の家を建てる前に まず祭壇を築いて神を礼拝しました。


他の神の人たちも召されたところで祭壇を築いて神を礼拝しました。


彼らにとって、神が臨在するすべての所が聖なる場所でした。


【マラキ書1章11節】

日の出る所から、その沈む所まで、わたしの名は諸国の民の間であがめられ、すべての場所で、わたしの名のために、きよいささげ物がささげられ、香がたかれる。わたしの名が諸国の民の間で、あがめられているからだ。―万軍の主は仰せられる―

父なる神にささげる礼拝は、場所や儀式などの制限を受けることなく、すべての所で神への礼拝がささげられることを啓示されました。




どのような状況の中でも神を礼拝する




これが出来る人が真の礼拝者です。

このような人たちは、自分が礼拝する対象が誰であるかを明確に知っています。


そして彼らは真の礼拝者として生きることを決心しているので、どのような状況の中でも神を礼拝しますし、その姿を見ます。


ヨブの姿を見てみましょう。

1日のうちに子供10人と 多くのしもべが死に、財産もすべて悪者たちの襲撃を受けて奪われてしまい、子なし、無一文になりました。

すべてに恵まれていたヨブが、一夜で悲劇の主人公になりました。


それは強い津波が去った後のような状況でした。

しかし、そのような状況の中でも、ヨブがしたことは神への礼拝でした。


【ヨブ記1章20-22節】

このとき、ヨブは立ち上がり、その上着を引き裂き、頭をそり、地にひれ伏して礼拝し、

そして言った。「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。」

ヨブはこのようになっても罪を犯さず、神に愚痴をこぼさなかった。

こういう状況でも 神に礼拝したのは、それが いつもの生活であったからです。


普段から礼拝をささげることは彼の日課でした。

週に1度ではありません。


ですから最悪の状況の中でも、いつものように神に礼拝をささげることが出来ました。


状況によって神への信仰が左右されるならば、果たして苦難の時に信仰が生きているでしょうか?


パウロとシラスの姿もあります。

主のために働いているのに、彼らが受けるものは迫害と侮辱だけでした。


何度もむち打たれて牢の中に入れられました。

牢の中での彼らの姿です。


【使徒の働き16章25節】

真夜中ごろ、パウロとシラスが神に祈りつつ賛美の歌を歌っていると、ほかの囚人たちも聞き入っていた。

辛い時の状況は暗やみに例えられます。


「神はどこにいますか?どうして私を見捨てましたか。」と言いたくなる時です。

それは普通の人の考えです。


しかし、信仰は心の目で神を見ることですから、信仰によって生きる人は暗やみの中で、光である主、愛である主を見上げます。


そして、その神と人格的な交わりをします。それが ”礼拝“ です。




人生の歩みの中で礼拝する




イエス様は 私たちが歩く時に、私たちの道になって下さいます。


私たちの人生の道の光になって下さる方で、世の終わりまで私たちと共にいて下さると約束して下さいました。


荒野でイスラエルの民を導き守ったのは誰ですか?

彼らが荒野を安全に40年間歩んだのは誰のおかげですか?


答えです。


【出エジプト記13章21-22節】

主は、昼は、途上の彼らを導くため、雲の柱の中に、夜は、彼らを照らすため、火の柱の中にいて、彼らの前を進まれた。彼らが昼も夜も進んで行くためであった。

昼はこの雲の柱、夜はこの火の柱が民の前から離れなかった。

神はこのように見える形で彼らを日々導いておられることを見せて下さり、彼らの道となって下さいました。


彼らは そのように導いてくださった神に感謝をして礼拝をささげたでしょうか?

残念ながら、彼らは礼拝者としては失格でした。


【詩篇78編17-20節】

それなのに、彼らはなおも神に罪を犯し、砂漠で、いと高き方に逆らった。

彼らは欲するままに食べ物を求め、心のうちで神を試みた。

そのとき彼らは神に逆らって、こう言った。「神は荒野の中で食事を備えることができようか。

確かに、岩を打たれると、水がほとばしり出て流れがあふれた。だが、神は、パンをも与えることができようか。ご自分の民に肉を備えることができようか。」

世界の どの国、どの金持ちが、米一粒も生産が出来ない荒野で 200万人もの集団を40年間も養うことが出来るでしょうか?


荒野で食べ物がなくて餓死した人は、1人もいませんでした。


神の奇跡で彼らは毎日導かれ、守られてきましたので、毎日その神に感謝して自分たちに出来る礼拝をささげることが当然なのに、反対に 彼らは欲深くなり、神への文句をブツブツ言う とんでもない者になっていました。



他人の姿を見る私たちは厳しいことを言います。

「私ならばそんなことはしない。毎日神に感謝して礼拝するよ。」と言いますが、実際は同じことをやっていませんか?


毎日必要が与えられ、守られたことに対して神の前で感謝していますか?

導きに対して感謝していますか?


すべての事について感謝して神と共に歩むことは、生活の中での礼拝です。


意識して礼拝をしないと、当たり前という思いに流されて、神への感謝が足りない者になります。


次の箇所で 真の礼拝者たちの姿を見ることが出来ます。


【使徒の働き17章11-12節】

ここのユダヤ人は、テサロニケにいる者たちよりも良い人たちで、非常に熱心にみことばを聞き、はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。

そのため、彼らのうちの多くの者が信仰に入った。その中には、ギリシヤの貴婦人や男子も少なくなかった。

形式的に礼拝をせず、熱心にみことばを聞き、さらに神のことばを知りたくて、毎日聖書を調べていました。


みことばをしっかり聞くことは礼拝者としても基本的な姿勢です。


神は、私たちが礼拝者として 失格者ではなく “真の礼拝者” になることを求めていますので、今までの態度を変えて、認められる真の礼拝者になっていきましょう。


むなしい礼拝は本当に意味がないです。

心の目で神を見て、神に礼拝をしていきましょう。
(*゚∀゚)っ

2017.1.8
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

みことばがあふれています!
八戸ノ里キリスト教会ホームページ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

プロフィール

ヤエクリ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(^^) からし種 に投票してね
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ