からし種の信仰と成長↗

東大阪市・八戸ノ里キリスト教会の毎週日曜日の礼拝メッセージです。 「聖書は難しくて意味がわからない」というイメージが強いです。だけど、真理を正しく説いてくれるので心にグサグサと刺さります。涙も大量に流れます。だけど、それが神様の恵みなんですヨ~★

八戸ノ里キリスト教会より メルマガ配信中!

メルマガ購読・解除

読者購読規約
毎朝7時に配信しています! 1日の始まりを神様の恵みで満たしてくださいね
powered by まぐまぐ!
 
         

価値観

祝福の価値基準

テーマは 『 祝福の価値基準 』 です

【マタイの福音書5章3-12節】

心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。

悲しむ者は幸いです。その人たちは慰められるから。

柔和な者は幸いです。その人たちは地を受け継ぐから。

義に飢え渇く者は幸いです。その人たちは満ち足りるから。

あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるから。

心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るから。

平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。

義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。

わたしのために人々があなたがたをののしり、迫害し、ありもしないことで悪口を浴びせるとき、あなたがたは幸いです。

喜びなさい。喜びおどりなさい。天ではあなたがたの報いは大きいから。あなたがたより前にいた預言者たちを、人々はそのように迫害したのです。

聖書が提示する祝福の概念は、旧約時代と新約時代は同じではないです。


旧約時代での祝福は目に見える物質的な祝福でした。

アブラハムもヤコブも神に祝福されて、あらゆる面で豊かになりました。敬虔なヨブも一番の富豪でした。


旧約聖書での祝福の概念が書かれた箇所は【申命記28章1-13節】です。

その中で11-12節に書かれている祝福は次のとおりです。


【申命記28章11-12節】

主が、あなたに与えるとあなたの先祖たちに誓われたその地で、主は、あなたの身から生まれる者や家畜の産むものや地の産物を、豊かに恵んで下さる。

主は、その恵みの倉、天を開き、時にかなって雨をあなたの地に与え、あなたのすべての手のわざを祝福される。それであなたは多くの国々に貸すであろうが、借りることはない。

しかし新約時代になると、それがおもに霊的祝福へと変わりました。


今日のみことばがそれをはっきりと見せてあります。

さらに次の箇所のことばもそれを裏付けます。


【エペソ1章3節】

私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神はキリストにあって、天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。

神様がこのように祝福の価値基準を変えたならば、私たちも祝福に対する価値観を変えなければなりません。


旧約時代の価値観で見ると、イエス様が語る祝福の価値が分からなくなります。


また、正しい祝福の価値基準を持たないと混乱が生じ、そこに世俗主義が浸透してきます。

そして神の御心に対する概念も崩れ、神様に対して正しい祈りすら出来なくなります。


“いくら祈っても祝福して下さらない”と文句を言うようになります。

私も以前そのような者でしたので、そのことで失敗したことがあります。
お金や健康などが一番の祝福と思っていたので神様にたくさん不満を漏らした時がありました。


その後、神様から色々と訓練されて、自分の価値観が変わっていきました。


間違えた祝福の価値基準が教会や個人に入ってくると、極端な禁欲主義になったり、富を悪と思ったり、質素に生きることが敬虔であるかのように思ったり、またその反対に 金持ちになってたくさんの献金をするのが神の祝福で、貧乏は呪いであると決めつけたりと、聖書の本質からかけ離れてしまいます。


実際に 貧乏でも敬虔なクリスチャンとして生きた人もいれば、金持ちでも呪われた人生を生きた人もいます。


ですから私たちは、聖書が教える正しい祝福の価値基準を知ることで “本当の祝福” を求めることが出来ますし、また神様から祝福された時に その価値を知っているので感謝することができます。






マタイの福音書5章はイエス様が語った『山上の垂訓 (さんじょうのすいくん)』として とても有名な箇所です。


どのような人が祝福されるか、そして その人たちが受けた祝福の中身も教えています。

主が教えた8つの祝福は すべて霊的祝福で、永遠に価値のある祝福です。


これはイエス・キリストを自分の救い主、王として迎え入れた人だけが受けることが出来る祝福です。


キリストにあって天国の民になった人に神が与える祝福です。
それは天にある霊的祝福ですので、キリストの外にいる人が得られる祝福ではありません。


人として地上に来られたイエス様が悪魔の試みにあう場面が【マタイの福音書4章】にありますが、悪魔は次のような誘惑をしました。
それは世の人々が切に求めているような祝福でした。


【マタイの福音書4章8-10節】

「今度は悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華を見せて、

言った。「もしひれ伏して私を拝むなら、これを全部あなたにさしあげましょう。」

イエスは言われた。「引き下がれ、サタン。『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えよ』と書いてある。」

その誘惑に主は勝利しましたが、多くの人が、またクリスチャンもこの誘惑に負けて、神を裏切り、悪魔にひれ伏して拝み、この世の富、権力、人気、名誉を得ます。


ハリウッドスターの多くがそれらのものを手に入れるために自分の魂をサタンに売ったと公然と話しているのを聞きました。そして実際 彼らは魂を売って世の祝福を得ました。

それは たましいの安売りに過ぎないですが、それでも欲しいものを手に入れるためにそうしました。


「後のことはどうでもいい。今さえ良ければ」と彼らは思っています。
彼らだけではなく、もっと多くの人々がそのようにしています。


目に見える祝福だけに執着すると、そのように平気に悪魔にひれ伏します。


「キリストを信じたら祝福されます」と福音を伝える時によく言いますが、その祝福を世的なものと関連して伝えると後で色々と問題が生じます。


信じたのにお金も入って来ないし、健康にもなっていないし、仕事もうまくいかないし、別に何も祝福されていないと言って、信仰をやめたり、文句を言ったりします。

また自分が求めているものをくれるならば、たとえそれが悪魔から来たものであっても構わないと思って簡単に拝むようになります。


キリストが伝える祝福の価値観が、この世の祝福の価値観と違うことを知らないと、同じようなことがクリスチャンの中でも起こりやすいです。






主が話した8つの祝福は、どのような祝福よりも価値があり、それは神様との関係の中で得られるものです。

天の御国を相続し、主に慰められ、霊的に満ち足りる祝福、主の恵み、主の憐れみなど特別に価値ある祝福を受けます。


使徒パウロは主イエスに出会った後に、この祝福を受けてから、祝福の価値観が大きく変わったことを明確に告白しました。


【ピリピ3章7-8節】

しかし、私にとって得であったこのようなものをみな、私はキリストのゆえに、損と思うようになりました。

それどころか、私の主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、いっさいのことを損と思っています。私はキリストのためにすべてのものを捨てて、それらをちりあくたと思っています。

これは、世のものは もう要らないという意味ではありません。

この世でも必要な祝福はたくさんあります。


ただ、今までは知らなかった価値あるものを見つけたので、自分の祝福の価値基準が変わったことを意味します。

何が一番の祝福で価値あるものかが分かりました。


イエス様が天国のたとえで話したことを参考にすると、さらに理解が出来ます。


【マタイの福音書13章44-46節】

天の御国は、畑に隠された宝のようなものです。人はその宝を見つけると、それを隠しておいて、大喜びで帰り、持ち物を全部売り払ってその畑を買います。

また、天の御国は、良い真珠を捜している商人のようなものです。

すばらしい値うちの真珠を一つ見つけた者は、行って持ち物を全部売り払ってそれを買ってしまいます。

イエス様がマタイの福音書5章で “こういう人が幸いです” と言われた人たちは、価値ある宝と真珠を見つけた人たちであり、霊的祝福に気付いた人たちです。


今までは目に見える部分の祝福だけを求めていた人たちが、隠されていた宝を見つけて大喜びでそれを手に入れました。




どのような人たちが 霊的祝福を見つけやすいでしょうか




  • 自分が主の前には罪人で無能な人間であることに気付いた人
  • 主の前に謙遜になった人

  • いつも信仰をもって神の前に生きる人
  • 自分を捨てて主に従っていく人

  • 毎日神の恵みを求めながら、天にあこがれて天を目指して生きる人
  • いつも主を賛美する人

  • 子どものような純粋な心で主を慕い求める人
  • 小さいことにも感謝する人

この人たちは霊的祝福の価値を知っているので切に求めます。


主が語る霊的祝福の価値を知らない人に対して、主は次のように語りました。


【マタイの福音書7章6節】

聖なるものを犬に与えてはいけません。また豚の前に、真珠を投げてはなりません。それを足で踏みにじり、向き直ってあなたがたを引き裂くでしょうから。

霊的祝福は、誰もが知っている祝福ではありません。


ほとんどの人は、その祝福に無関心です。
何を食べようか、何を飲もうか、何を着るかに一番関心があります。


しかし本当の祝福と幸せは、“物”ではなく、内面が満たされる時に、霊的に祝福される時だと知っている人は それを求めて主の前に来ます。


その祝福をイエス様が持っておられるからです。


みなさんはその祝福が一番の祝福であることに気付いていますか。
そして求めていますか。また、すでに受けていますか。


自分の財産目録を今一度調べてみて下さい。

一番の宝は何でしょうか。それはいつまで続くものでしょうか。


それが自分のいのちよりも価値あるものでしょうか。
(((( ;゚д゚)))

2015.7.5
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

曜日別の祈りです(リニューアルしました)
今日の祈り

神様からの警告のことばです(新コーナー)
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

アメリカ神学校で 神様の訓練がスタートしたヒョノちゃんのブログです。
ヒョノのブログ

毎週日曜日の八戸ノ里キリスト教会のご馳走です!
主の食卓のブログ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰の遺産について

テーマは 『 信仰の遺産について 』 です

【Ⅱテモテ1章5節】

「私はあなたの純粋な信仰を思い起こしています。そのような信仰は、最初あなたの祖母ロイスと、あなたの母ユニケのうちに宿ったものですが、それがあなたのうちにも宿っていることを、私は確信しています。」

今日は母の日ですね。
昨日は花屋さんで花を買う人がとても多かったです。

母の日によくプレゼントするカーネーションもたくさん売っていました。この前は子供の日もありました。
4月末から5月にかけてはゴールデンウィークもありましたので 家族と共に過した時間が普段よりは多かったと思います。

今日は その意味で、家族・家庭のことを考えてみようと思います。


多くの親たちは自分の子供を愛するから 良い環境を与えようとしますし、自分は苦労しても子供には苦労させたくないと思いますし、 自分が貧しい者であるならば子供は豊かな者になってほしいと思います。

また子供には財産を残してあげたいと とにかく子供には良くしてあげたい思いがあります。
それらの遺産を残すと子供の生活は楽になると思いますが、子供のたましいには何の役にも立ちません。

なぜならばそれらのものはすべて消え去っていくものであり、
それらのものをあの世には持っていけませんし、魂を救い出すものでもないからです。


しかし 永遠に消えることもなく、子供の魂にも有益な遺産があります。
それは信仰の遺産です。信仰の遺産ほど価値ある遺産はありません。


今日の本文では信仰の遺産を立派に受け継いだ一つの家庭を見ることが出来ます。テモテの家庭です。

テモテは使徒パウロがとても愛した弟子でした。パウロはテモテをそれ以上に考えていました。
テモテのことを「信仰による真実のわが子テモテ」と呼びました。

テモテはパウロが最初から主に導いたのではありません。出会った時にテモテはすでに信仰を持っていました。


テモテの中には純粋な素晴らしい信仰がありましたが、この信仰は敬虔な家庭の中で彼が育てられたから、テモテは信仰を遺産として受け継ぐことができました。

祖母ロイスと母ユニケも純粋な信仰もっていました。素晴らしい信仰の家庭です。
信仰を遺産として子孫に残すために信仰の家庭が持つべき要素があります。


私たちも自分たちの家庭のことを考えてみらた良いと思います。テモテの家庭と自分の家庭を比べるのです。

信仰のない家庭で生まれた人もいますし、信仰がある家庭で生まれた人もいます。
その中で自分たちは何を受け継いでいるでしょうか。すごく親の責任があります。子供の責任ではないです。

信仰の家庭を築くのは親の責任です。
信仰を遺産として子供に残すために信仰の家庭はどうあるべきであるのかを考えていきたいと思います。




1.神を恐れることをすべての基本にする



神を恐れることは信仰の核心であり、基本であります。
神様は教会のかしらだけではなく、家庭の中でもかしらであります。

ですから夫がかしらになってもいけませんし、妻がかしらでもいけません。子供がかしらになってもいけないです。
自分の家庭の中で一番偉いのは神様であります。

信仰の先祖アブラハムが家庭の中で見せた姿も 神を恐れている姿でした。
親は子の前で神を恐れている姿を見せないと 子供は神を恐れる信仰を持たないです。


子供は親を見て育ちます。親がいつも神様を恐れる姿を見せるならば、自然と子供もそれを見て学びます。

しかし親が信仰を持っても神様を恐れる姿がないなら 子供は学ぶことができないです。

次の箇所にはコルネリオの家庭が出て来ます。


【使徒の働き10章2節】

彼は敬虔な人で、全家族とともに神を恐れかしこみ、ユダヤの人々に多くの施しをなし、いつも神に祈りをしていたが

家庭の中で神を恐れている姿をいつも見せていますか。子供は親を見て育ちます。

神様の権威に従うことが恐れることであり、神様を第一にして神を恐れる信仰を親が見せるならば、その家庭は神様が支配する家庭になります。
神を恐れる姿を見せるならば、自然と神様をまだ信じていない者までも「神様をけなしてはいけない。神様に逆らってはいけない。」と学ぶようになります。


次の箇所は、私たちが神様を恐れるならば素晴らしい祝福が与えられるという主の約束です。


【詩篇128編1-4節】

幸いなことよ。すべて主を恐れ、主の道を歩む者は。

あなたは、自分の手の勤労の実を食べるとき、幸福で、しあわせであろう。

あなたの妻は、あなたの家の奥にいて、豊かに実を結ぶぶどうの木のようだ。あなたの子らは、あなたの食卓を囲んで、オリーブの木を囲む若木のようだ。

見よ。主を恐れる人は、確かに、このように祝福を受ける。

信仰の行動を通して祝福が流れてくるのです。




2.神のみことばに頼りながらみことばを実行し、 子供に小さい時から信仰教育をしなければならない



親が自分の価値観で子供にああだこうだと教育をするのが一番良くないです。
自分の価値観がすべて正しいわけではないです。


神を信じる家庭は自分の思いのまま家庭生活をするのではなく、みことばに従って生活しないといけないです。

子供は別の人格を持っている者として与えられています。子供は神様のものなのです。

親は(神様から)任されて育てるだけであります。決して自分の分身ではないです。


【箴言22章6節】

若者をその行く道にふさわしく教育せよ。そうすれば、年老いても、それから離れない。

みことばによる信仰の教育です。みことばは真理ですので変わることがないです。

信仰の遺産を残すためには、みことばの教育が必要です。


【申命記6章6-9節】

私がきょう、あなたに命じるこれらのことばを、あなたの心に刻みなさい。

これをあなたの子どもたちによく教え込みなさい。 あなたが家にすわっているときも、道を歩くときも、寝るときも、起きるときも、これを唱えなさい。

これをしるしとしてあなたの手に結びつけ、 記章として額の上に置きなさい。

これをあなたの家の門柱と門に書きしるしなさい。

親がまず神様の言葉に従わなければならないです。「心に刻みなさい。」ということは、みことばがその人の価値観になることです。

家庭の中がみことば中心になる時に信仰を遺産として受け継がせることができます。


【エペソ6章4節】

父たちよ。あなたがたも、子どもをおこらせてはいけません。かえって、主の教育と訓戒によって育てなさい。

親が子供に自分の価値観を押し付けながらそれを教育と勘違いしてはいけません。
親が押し付けるので子供が怒ります。「自分がすべて正しくて、子供が間違えている」ではないです。完璧な人間は1人もいないです。

しかし、神様のみことばはすべて正しいです。主の教育と訓戒によって育てなさいと主は語ってくださいました。
それによって子供が学んで信仰の人として育つことができます。
自分の思いのまま、自分の価値観をおしつけたら子供は反発するだけです。


主の言葉であるなら、子供は反発できないのです。反発するということは、神様に反発することになるからです。
しかしなぜ子供たちが親に反発するのかというと、親が一方的に自分たちの思いのままにするからであります。
子供は何も言わなくても、心の中には反発心がどんどん大きくなっていきます。これは本当に気を付けなければいけないです。




3.親の献身的な犠牲が必要



一人の子供がどんな人格を所有するかは、その親の人格と信仰教育にかかっています。
怠けた親が子供に向かって「勤勉な者になりなさい」と言うのは正しいことではないです。子供は聞いた瞬間「自分はしないくせに…」と思います。

嘘つきの親が 子供に「嘘を言うな」と言うのも 子供から見ると受け入れがたいものです。


まずは親が 肉のものを打ち叩いて殺しながら、親が嘘をつかないことが(子供への)教育になります。

神様は私たちに、子供に本気で信仰の遺産を残したいならば、親は模範的な信仰生活をしなければならないと語りました。


模範的な信仰生活をするためには、私たちは自分を打ち叩いて犠牲を払わなければならないです。
子供のために祈りの犠牲も必要です。

口うるさく言うのではなく、子供のために祈ることが大切であります。

もっとも親の献身的な犠牲は家族への無条件の愛です。


信仰の基本の中で一番最初に要求されるのは愛です。
家族を愛することです。惜しまずに愛することです。

愛を子供に注がないと、子供の人格は歪んだものになります。
家庭環境がすごく悪いと、子供の人格は真っ直ぐに育たないです。
押さえつけられて悪い物をたくさん見せられていると、人格を花咲かせることは出来ないです。


そうすると子供に恐怖心が出て来て「私は愛されていないんだ。」という思いが出てきたら一番 致命的であります。






テレビである芸能人の女の子の告白を聞きました。

一度も母親から愛された記憶がありませんとはっきり言われました。
常に怒られ、けなされ、また叩かれました。

可愛いと言われたこともなく醜い醜いといつも言われました。実際はとても可愛い子でした。

心に深い傷を負い、自殺未遂までして病院に運ばれました。母親はお見舞いに来るかと思いましたが一度も来ませんでした。

世の中で一番の虐待は「愛さないこと」です。 愛さなければならない者に 愛を与えないのは、これほどひどい虐待はないです。それで子供は深い傷を負うことになります。

その子供の人格は傷物になります。それは子供のせいではないです。


愛がなければ どんなしつけでも子供にとっては虐待以外なにものでもないです。
心に深い傷を与え、人格を踏みにじっているので虐待です。

たとえ しつけのために子供にムチを当ててても、それが愛のムチであるならば 子供にはちゃんと愛が伝わり 育ちます。


隣人を自分自身のように愛さず、自分だけを愛するのはサタンの心であります。
サタンは自分だけのために周りをすべて殺します。すべて自分のものにして与えることをしません。

愛は自分が犠牲を払い、愛は自分で我慢し、愛は自分から手を差し伸べることであります。
愛は自分の体を捧げて、相手の益のために働きます。


子供を育てる時も、子供を利用して自己満足のためにするなら、それは子供を愛する姿ではなく 親が自分を愛する姿であります。それでは信仰の遺産を残すことが出来ないです。




4.子供を主の手に任せることが大切



親だからと言って、全部責任を持って育てることはあり得ないことです。
神様は私たちを助けてくださる方であり、両親は「肉」の親ですが、神様は「霊」の親であります。

ハンナがサムエルを神の聖所につれて行き、祭司であるエリに任せました。
神に立てた誓願があるからそうしましたが、全能なる神の手に任せることを恐れませんでした。


親が子供を神様に任せず、自分の知識や経験で養育するならば子育てに失敗しやすいです。
また決して信仰の遺産を残すことはできません。

親が口うるさく言って子供を変えることができるでしょうか?
子供は心の中で「うるさい。聞きたくない。」と反発心と憎しみと敵対心が出てきます。つまり逆効果です。
しかし神に子供を委ねて祈り求めるならば、神はその祈りを聞いて下さいます。


聖書注解書を書いたスコルフィルド博士は、母親が毎日、彼のために祈りましたがキリストを信じませんでした。

しかし、亡くなる直前に対面をし 母親はスコルフィルドのために最後の祈りをしました。
決して口うるさく言ったのではなく、“スコルフィルドが神に仕える者になりますように。”と一言祈ってから亡くなりました。 スコルフィルドは、その母親の祈りによって神様を信じ、彼は変えられました。

お母さんの信仰の遺産を受け継ぎました。
神様によく仕えるクリスチャンになりました。


私たちは、家にいる時の姿が「本当の姿」であります。

他人の前では仮面をかぶることが出来るのです。少しの時間ならば良い言葉を使えますが、家族には隠すことが出来ません。

家族からの評価が 私たちに対する一番正しい評価です。
もし「それでもクリスチャンか」と言われたなら クリスチャン失格であります。
自分の行動はクリスチャンらしくないということに気付き、それを言われた私たちは恥ずかしい思いで変わらなければいけないです。

子供には純粋な信仰を残さなければならないです。

間違えた信仰を見せたら、子供たちは教会から離れていきます。


今、もう一度私たちは自分の信仰をよく見てみましょう。
子供に遺産として残せる純粋な信仰なのか?
それとも、私のようなクリスチャンにはなってほしくないなと思える信仰なのか。

純粋な信仰は、偽りのない信仰、疑いのない信仰です。神様が喜ぶ信仰です。


聖書には悪い信仰の姿もたくさん出てきます。
それを子供に残したら もう1人の悪いクリスチャンを生み出すのです。

子供のためにも、家族のためにも、私たち先に救われた者たちは 必ずそれを家族にも遺産として信仰を残していくことであります。

家族から「その信仰が欲しい」と思われるようにしなければいけないです。
「嫌だ。あんなものは受け取りたくない」というものは、私たちの失敗であります。


信仰の遺産は残しても価値がありますし、その遺産を相続した子孫や家族は魂が祝福されます。

その信仰の遺産を残した人に心から感謝するでしょう。
財産であるならば欲深い兄弟の間に醜い争いが起こります。財産を残しても放蕩に走ることが多いです。


信仰の遺産には、そんなに醜い争いは絶対に起こりません。取られる心配もありません。

(信仰の遺産を)受けた者にとったら最高の祝福です。
この最高の祝福を家族に残しましょう。
(^∀^)

2014.5.11
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

アメリカ神学校で 神様の訓練がスタートしたヒョノちゃんのブログです。
ヒョノのブログ

毎週日曜日の八戸ノ里キリスト教会のご馳走です!
主の食卓のブログ

十字架中心の信仰とは?

テーマは『 十字架中心の信仰 』です

【Ⅰコリント1章17-24節】

キリストが私をお遣わしになったのは、バプテスマを授けさせるためではなく、福音を宣べ伝えさせるためです。それも、キリストの十字架がむなしくならないために、ことばの知恵によってはならないのです。

十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。

それは、こう書いてあるからです。「わたしは知恵ある者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さをむなしくする。」

知者はどこにいるのですか。学者はどこにいるのですか。この世の議論家はどこにいるのですか。神は、この世の知恵を愚かなものにされたではありませんか。

事実、この世が自分の知恵によって神を知ることがないのは、神の知恵によるのです。それゆえ、神はみこころによって、宣教のことばの愚かさを通して、信じる者を救おうと定められたのです。

ユダヤ人はしるしを要求し、ギリシヤ人は知恵を追求します。

しかし、私たちは十字架につけられたキリストを宣べ伝えるのです。ユダヤ人にとってはつまずき、異邦人にとっては愚かでしょうが、

しかし、ユダヤ人であってもギリシヤ人であっても、召された者にとっては、キリストは神の力、神の知恵なのです。

パウロがこの手紙をコリント教会に書きましたが、2000年も前の時代であります。
当時、ギリシヤは世界の文化の中心地のようなところでした。
哲学はどこから出たものでしょうか?
多くはギリシヤから出て来ています。
最も有名なのは、ソクラテスであります。世界や人間に対して根本的な思想は何かと追及するものが哲学です。

ギリシヤ人は日々、そのようなことで論争をしていました。
そして、ギリシヤ人はそれを誇りにしていました。
「わたしたちはこの思想によって生きるのだ」と人々の価値観になりました。

ギリシヤ神話がありますが、数えきれないほどの神々がいて神殿が建てられています。
そこに出てくる神々の名が、今も多くの人々が知っています。
ゼウス、ポセイドン、アポロなど、あまりにも多すぎて覚えきれないほど全てのものに神々がいます。
花の神、建築の神、空の神、太陽の神・・・etc
そして、その神々が戦っています。このように、たくさんの神がいることを彼らは誇りにしていました。

しかし、最近のギリシヤはどのようになっているでしょうか?
世界中にギリシヤの国が恥を受けています。
経済的危機があり、今まで誇りにしてきた思想などは何の役にも立ちません。

本当に苦しい時に何の救いにもならないです。そのような虚しい姿を世界中に見せています。


日本にも、そのようなことがあります。「サムライ精神」という言葉があります。
この言葉はよく使われ、オリンピックでメダルを取った時にも言われます。

しかし、このサムライ精神とはどのような意味でしょうか?

この言葉には良いイメージで使われますが、もし私たちにサムライ精神があったとしたら生きられないと思います。
自己犠牲がありますが目的はないです。一体誰のための自己犠牲でしょうか。
サムライ精神には、仏教や神道や色々な教えが混ざっています。
「命に執着しない」、「君主に対する忠誠心」、「逆境の中でも動じない」、「己に打ち勝ちなさい」と書かれています。
1つ1つの言葉は立派な言葉かも知れませんが、そこには善悪という意識がないです。

聖書は善悪の思想がとても強いです。「良いものは良い、悪いものは悪い」です。
しかし、サムライ精神にはそういうものは無いです。「尊いものは尊く、卑しいものは卑しい」と、上下関係が
あります。

人間は辛い時は泣きたいですし、わめきたい時もあります。
しかし、サムライ精神は 自分の内の中に納めます。そうすると心の病になってしまいます。

ですから、このような思想を持って生きても虚しいものであります。

もしも「サムライ精神をあなたの価値観にしなさい」と言われたら、私たちは遠慮すると思います。

このように国々には それぞれの価値観があります。
長い間、先祖から伝えられてきているので、綺麗ごとになっています。
しかし実際にそれを持って生きていたら満足がありますか?
「私は救われた」という思いはあるでしょうか?―― きっと満足しないと思います。




十字架中心の信仰とはどのようなものなのか、クリスチャンはもっと知らなければならないと思います。

パウロは律法に対しては、立派な知識を持っていました。
元々、彼はイエス様に良いイメージを持っていませんでした。そして偏見の度が普通の人とは違いました。

迫害してきた者の先頭に立っていたのがパウロでした。
しかし、蘇ったキリストに出会って、自分が持っていた価値観が一瞬にして崩れ落ちました。
目が開かれ悟りが来ました。私たちは悟りが来ないと、十字架の価値が分からないです。

それからパウロは変わり、(福音を)伝える側になりました。そして今までの価値観を全て捨てました。

パウロが心掛けたものが、2つありました。
1つは、人間の知恵では絶対に語らないということでした。以前 持っていた知恵は愚かなものだということが分かり、
人間的な思いで十字架を絶対に伝えないと思っていました。


【Ⅰコリント2章1-2節】

さて兄弟たち。私があなたがたのところへ行ったとき、私は、すぐれたことば、すぐれた知恵を用いて、神のあかしを宣べ伝えることはしませんでした。

なぜなら私は、あなたがたの間で、イエス・キリスト、すなわち十字架につけられた方のほかは、何も知らないことに決心したからです。

どのような言葉を人々から聞いても、十字架につけられた この方以外には絶対に語らないと決心しました。
人々はパウロ自身が持っている学歴や知識を聞きたいと思っていましたが、パウロは一切語りませんでした。

以前は(学歴や知識を自身の)誇りに思っていましたが、全部捨てて福音を宣べ伝えていきました。
そうすると神様はパウロをとても用いてくださいました。

私たちは、知識や知恵や力がある人もいますが、それらのものが自分の力だと思っているならば、
後に限界を感じます。

そして虚しさや壁にぶつかり、自分が持っていた価値観は何だったのだ?とギリシヤ人と同じ思いになります。
それらのもので自分の人生が素晴らしいものになると思っていたのに、結局最後に手に入れたものは虚しさだけで、
それらのものでは解決できないことが色々とあったのです。

しかし私たちがキリスト教のイエス様の十字架に初めて出会った時に、今まで聞いた価値観とは違うことを感じ、
「これは一体どういう価値観だろう?」という思いがあると私たちの心が開かれていくのです。

キリスト教の中心はイエス様の十字架です。そしてイエス様の十字架の中心は「救い」であります。

他の宗教との差は、救いの部分です。

イエス様が私たちに最も語りたい部分は、
「罪人である あなたがその罪のまま生きるならば、あなた自身がその罪からくる報いを自分で刈り取らなければいけないよ。罪からくる報酬は死であり、永遠の滅びである。救われなければ、あなたは天国へ行くことが出来ない。」ということです。


【Ⅰペテロ2章22-25節】

キリストは罪を犯したことがなく、その口に何の偽りも見いだされませんでした。

ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、おどすことをせず、正しくさばかれる方にお任せになりました。

そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。

あなたがたは、羊のようにさまよっていましたが、今は、自分のたましいの牧者であり監督者である方のもとに帰ったのです。

キリストは罪を犯したことがないです。
ですから私たちが犯した罪を、キリストが代わりに全部背負って清算することが出来ました。

「罪人のあなたたちが、あなたがたのために死んだわたし(=キリスト)を信じて受け入れるならば、
あなたの罪は許される。」 これが救いであります。


キリストを信じていない人々に聞きたいことは、あなたが信じている神はあなたにとってどのような方ですか?
あなたの魂を救う方ですか?あなたを愛する方ですか?あなたを助ける方ですか?あなたを守る方ですか?
みなさんもそれを聞いてみたら良いと思います。


私が出会った神様はこのようなお方です。

私の魂を救ってくださいました。私の罪を赦してくださいました。今も私と共におられる方です。
現在もこれから先も私を助ける方です。そして天の御国まで導いてくださる方です。

聖書の中に神様がご自分のことを啓示してくださいましたし、その方は今も生きていて、
私たちの祈りを聞き、私たちを導き、恵みを与えてくださる方です。
ですから1人で歩いているように見えても、決して1人ではないです。いつも共にいてくださり慰めてくださいます。

私たちは損が多かった人生でしたが、キリストに出会って力を受けました。救いを受けて恵みを受けて真理を知り、天の御国に入る希望が得られました。
キリストに出会えたことは何と素晴らしいことでしょう。




また、十字架の信仰を持って生きるとはどのようなことでしょうか?


【ガラテヤ2章20節】

私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。

誰が自分の中に生きているのかということです。
イエス様が自分の中で生きているようにするためには、古い自分を十字架につけなければならないです。
古い自分ということは、間違えた価値観・思想です。
もう 今までの思想では生きないのだということです。肉体が死ぬことではないです。
それらのものを完全に捨てて、その場所に自分のために命を捨ててくださった十字架のキリストを立たせることであります。
そして、その十字架を見上げます。

キリストからのメッセージ、キリストからの力、キリストからの恵み、それによって私たちは生きる者になります。

私たちは自分に言い聞かせて、新しい価値観で生きるのが十字架中心の信仰です。 (⌒∇⌒)

2013.10.20
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

アメリカ神学校で 神様の訓練がスタートしたヒョノちゃんのブログです。
ヒョノのブログ

毎週日曜日の八戸ノ里キリスト教会のご馳走です!
主の食卓のブログ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(^^) からし種 に投票してね
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ