テーマは 『 騒がしい世の中を見て思うこと 』 です

【アモス書5章22-24節】

たとい、あなたがたが全焼のいけにえや、穀物のささげ物をわたしにささげても、わたしはこれを喜ばない。あなたがたの肥えた家畜の和解のいけにえにも、目もくれない。

あなたがたの歌の騒ぎを、わたしから遠ざけよ。わたしはあなたがたの琴の音を聞きたくない。

公義を水のように、正義をいつも水の流れる川のように、流れさせよ。

世の中がとても騒がしいです。

アメリカでは選挙の時も選挙が終わった後も、国民が騒ぎ出しています。


各地で暴動化しています。

それぞれ 今まで溜まっていた怒りやうっぷん、心配、無力感など様々な感情が一気に表面化してきました。


韓国でも昨夜100万人の人たちがデモを行いました。

そして、そのデモに対して「朴大統領はそこまで悪くない。」と反対する人たちもデモを行っていました。


同じ人間同士ですが、人間の考えは両極端です。


右翼と左翼、悪魔と天使、保守派とリベラル派、自由貿易と保護貿易など両極端を 時計の振り子のように行ったり来たりしています。


そして互いに激しくぶつかり合っています。

みんな自分の考えが正しいと思って、反対の意見に対しては激しく反発し、怒りをぶつけています。


これは今に始まったことではなく、昔からあることです。

それによって内戦が起こったり、戦争が起こったりします。


こうなると人々は戦いながらも、すごく不安を感じます。

社会が不安定になり、秩序が壊れることは、人々にとって とてもこわいことです。


それを狙って悪を働く者や自分の欲望を満たそうとする者が必ず出て来るからです。


アメリカと韓国は今とても揺れています。

韓国は現役の大統領に対して、“辞めろ” と連日デモが起こり、アメリカでは新しく大統領になったトランプに対して、彼を大統領として認めたくない人々が絶望的になってデモを行っていますし、トランプの支持者たちも 色々と過激的になっていて、いつまでこれらの状態が続くかわからない状態です。






わたしたちクリスチャンは、これらの状態をどのように見るべきでしょうか。


クリスチャンは肉の思いと肉の目だけで物事を判断してはいけないです。
それをすると、肝心な神様の計画とみこころを見ることが出来なくなります。


私たちが肉の思いに流されることを一番期待し喜ぶのはサタンです。


神様は、どんな状況の中でも 私たちが “神の目” で見ることを期待します。


世の中がどんなに両極端に分かれていても、神様は右にも左にもそれることなく 真理の道を歩きます。

それが人間とはまったく違います。


人間は都合によって、感情によって、また他人の意見や惑わしによって、いつでも手のひらを返すように心を変える信頼出来ない生き物です。


ですから人間がまともに生きようとするならば 主を恐れ、主のことばに従って歩むことです。


これ以外に道はありません。

歴史の審判者は、“神” であって 人間ではありません。


みんながまるで裁判官のように裁き合っていますが、それが正しいかどうかの判断は誰がしますか?

そこでも判断が分かれていきます。


このような人間の姿を見て、神が語るメッセージは何でしょうか?


【アモス5章24節】

公義を水のように、正義をいつも水の流れる川のように、流れさせよ。

公義と正義は神のことばです。

真理を行えば、右にも左にもそれることなく まっすぐに歩くことが出来ます。


まっすぐの道こそが公義であり、正義です。


【アモス書5章14-15節】

善を求めよ。悪を求めるな。そうすれば、あなたがたは生き、あなたがたが言うように、万軍の神、主が、あなたがたとともにおられよう。

悪を憎み、善を愛し、門で正しいさばきをせよ。もしや、ヨセフの残りの者をあわれまれるかもしれない。

人間は善人に見え、善を愛するように見えても、心の中を覗いてみると、神が語った次のような姿です。


【創世記6章5節】

主は、地上に人の悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのをご覧になった。

【エレミヤ書17章9-10節】

人の心は何よりも陰険で、それは直らない。だれが、それを知ることができよう。

わたし、主が心を探り、思いを調べ、それぞれの生き方により、行いの結ぶ実によって報いる。






みなさんはこの言葉に反論できますか?

私の心には悪がないと――。


私は反論できません。なぜなら神が言われる通りの者だからです。

自分の中に いつも悪い思いがあることを知っています。


環境が悪いとか 人が悪いとか言う前に、自分自身が腐敗していることに まず気づかないといけないです。


そこで必要なのが、真理の道を歩まず脇道にそれて生きている自分の生き方を、まず悔い改めることです。


曲がった道にいながら、いくら正義と公義を叫んでも それはむなしいことばであり、それ自体が悪です。



自分の思い、主張、生き方が神の言葉に沿っているかどうかを、まず調べるのが先だと思います。


そして自分が真理の中にいるならば主張しても良いと思います。

また、公義と正義を行う生き方をするためには、次の聖書の言葉から学ぶ必要があります。

イエス様に対する預言のことばですが、そこに私たちが学ぶべき姿があります。


【イザヤ書11章1-5節】

エッサイの根株から新芽が生え、その根から若枝が出て実を結ぶ。

その上に、主の霊がとどまる。それは知恵と悟りの霊、はかりごとと能力の霊、主を知る知識と主を恐れる霊である。

この方は主を恐れることを喜び、その目の見るところによってさばかず、その耳の聞くところによって判決を下さず、

正義をもって寄るべのない者をさばき、公正をもって国の貧しい者のために判決を下し、口のむちで国を打ち、くちびるの息で悪者を殺す。

正義はその腰の帯となり、真実は胴の帯となる。

公義と真実を 帯として身に着けて初めて その力を発揮することが出来ます。


そういうものを持たない者が騒ぎ出すと国々は滅びていきます。

特に政治家たちはこれを備えていないといけないです。


すべての権力は、神がそれを使って 国と国民のために使うように与えているのに、それを自分の利益、また特定の人の利益のために使うことはとんでもないことです。


ですからその人たちも、そういう利益を捨てて主を恐れ、主のことばに従う時に 主の助けと恵みを受けるようになるでしょう。

そして一般市民に必要なものは、次のみことばです。


【ローマ12章16節】

互いに一つ心になり、高ぶった思いを持たず、かえって身分の低い者に順応しなさい。自分こそ知者だなどと思ってはいけません。

このように主のことばに立ち返り、自分がいま何をすべきかを わきまえて行っていくならば、平和の主が共にいて下さいます。


闇の力はどんどん人々の心に憎しみ、怒り、敵対心を入れて争うように仕向けますが、それに惑わされて悪の流れに流されてはいけないです。


ソドムとゴモラの町は、正しい者10人がいなかったために 主の裁きを受けて滅ぼされました。


罪から立ち返り、公義と正義、真実の心をもって行い、世界のため、人々のために祈る人が主の目には正しい者に映ります。

こういう姿に私たちがなることを主は願っています。


非難し傷つけ合うと ますます悪に陥るだけです。

このような時代を主のことばの知恵によって乗り越えていきたいと願います。
(*・ω・)ノ

2016.11.13
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

みことばがあふれています!
八戸ノ里キリスト教会ホームページ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■