テーマは『 十字架中心の信仰 』です

【Ⅰコリント1章17-24節】

キリストが私をお遣わしになったのは、バプテスマを授けさせるためではなく、福音を宣べ伝えさせるためです。それも、キリストの十字架がむなしくならないために、ことばの知恵によってはならないのです。

十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。

それは、こう書いてあるからです。「わたしは知恵ある者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さをむなしくする。」

知者はどこにいるのですか。学者はどこにいるのですか。この世の議論家はどこにいるのですか。神は、この世の知恵を愚かなものにされたではありませんか。

事実、この世が自分の知恵によって神を知ることがないのは、神の知恵によるのです。それゆえ、神はみこころによって、宣教のことばの愚かさを通して、信じる者を救おうと定められたのです。

ユダヤ人はしるしを要求し、ギリシヤ人は知恵を追求します。

しかし、私たちは十字架につけられたキリストを宣べ伝えるのです。ユダヤ人にとってはつまずき、異邦人にとっては愚かでしょうが、

しかし、ユダヤ人であってもギリシヤ人であっても、召された者にとっては、キリストは神の力、神の知恵なのです。

パウロがこの手紙をコリント教会に書きましたが、2000年も前の時代であります。
当時、ギリシヤは世界の文化の中心地のようなところでした。
哲学はどこから出たものでしょうか?
多くはギリシヤから出て来ています。
最も有名なのは、ソクラテスであります。世界や人間に対して根本的な思想は何かと追及するものが哲学です。

ギリシヤ人は日々、そのようなことで論争をしていました。
そして、ギリシヤ人はそれを誇りにしていました。
「わたしたちはこの思想によって生きるのだ」と人々の価値観になりました。

ギリシヤ神話がありますが、数えきれないほどの神々がいて神殿が建てられています。
そこに出てくる神々の名が、今も多くの人々が知っています。
ゼウス、ポセイドン、アポロなど、あまりにも多すぎて覚えきれないほど全てのものに神々がいます。
花の神、建築の神、空の神、太陽の神・・・etc
そして、その神々が戦っています。このように、たくさんの神がいることを彼らは誇りにしていました。

しかし、最近のギリシヤはどのようになっているでしょうか?
世界中にギリシヤの国が恥を受けています。
経済的危機があり、今まで誇りにしてきた思想などは何の役にも立ちません。

本当に苦しい時に何の救いにもならないです。そのような虚しい姿を世界中に見せています。


日本にも、そのようなことがあります。「サムライ精神」という言葉があります。
この言葉はよく使われ、オリンピックでメダルを取った時にも言われます。

しかし、このサムライ精神とはどのような意味でしょうか?

この言葉には良いイメージで使われますが、もし私たちにサムライ精神があったとしたら生きられないと思います。
自己犠牲がありますが目的はないです。一体誰のための自己犠牲でしょうか。
サムライ精神には、仏教や神道や色々な教えが混ざっています。
「命に執着しない」、「君主に対する忠誠心」、「逆境の中でも動じない」、「己に打ち勝ちなさい」と書かれています。
1つ1つの言葉は立派な言葉かも知れませんが、そこには善悪という意識がないです。

聖書は善悪の思想がとても強いです。「良いものは良い、悪いものは悪い」です。
しかし、サムライ精神にはそういうものは無いです。「尊いものは尊く、卑しいものは卑しい」と、上下関係が
あります。

人間は辛い時は泣きたいですし、わめきたい時もあります。
しかし、サムライ精神は 自分の内の中に納めます。そうすると心の病になってしまいます。

ですから、このような思想を持って生きても虚しいものであります。

もしも「サムライ精神をあなたの価値観にしなさい」と言われたら、私たちは遠慮すると思います。

このように国々には それぞれの価値観があります。
長い間、先祖から伝えられてきているので、綺麗ごとになっています。
しかし実際にそれを持って生きていたら満足がありますか?
「私は救われた」という思いはあるでしょうか?―― きっと満足しないと思います。




十字架中心の信仰とはどのようなものなのか、クリスチャンはもっと知らなければならないと思います。

パウロは律法に対しては、立派な知識を持っていました。
元々、彼はイエス様に良いイメージを持っていませんでした。そして偏見の度が普通の人とは違いました。

迫害してきた者の先頭に立っていたのがパウロでした。
しかし、蘇ったキリストに出会って、自分が持っていた価値観が一瞬にして崩れ落ちました。
目が開かれ悟りが来ました。私たちは悟りが来ないと、十字架の価値が分からないです。

それからパウロは変わり、(福音を)伝える側になりました。そして今までの価値観を全て捨てました。

パウロが心掛けたものが、2つありました。
1つは、人間の知恵では絶対に語らないということでした。以前 持っていた知恵は愚かなものだということが分かり、
人間的な思いで十字架を絶対に伝えないと思っていました。


【Ⅰコリント2章1-2節】

さて兄弟たち。私があなたがたのところへ行ったとき、私は、すぐれたことば、すぐれた知恵を用いて、神のあかしを宣べ伝えることはしませんでした。

なぜなら私は、あなたがたの間で、イエス・キリスト、すなわち十字架につけられた方のほかは、何も知らないことに決心したからです。

どのような言葉を人々から聞いても、十字架につけられた この方以外には絶対に語らないと決心しました。
人々はパウロ自身が持っている学歴や知識を聞きたいと思っていましたが、パウロは一切語りませんでした。

以前は(学歴や知識を自身の)誇りに思っていましたが、全部捨てて福音を宣べ伝えていきました。
そうすると神様はパウロをとても用いてくださいました。

私たちは、知識や知恵や力がある人もいますが、それらのものが自分の力だと思っているならば、
後に限界を感じます。

そして虚しさや壁にぶつかり、自分が持っていた価値観は何だったのだ?とギリシヤ人と同じ思いになります。
それらのもので自分の人生が素晴らしいものになると思っていたのに、結局最後に手に入れたものは虚しさだけで、
それらのものでは解決できないことが色々とあったのです。

しかし私たちがキリスト教のイエス様の十字架に初めて出会った時に、今まで聞いた価値観とは違うことを感じ、
「これは一体どういう価値観だろう?」という思いがあると私たちの心が開かれていくのです。

キリスト教の中心はイエス様の十字架です。そしてイエス様の十字架の中心は「救い」であります。

他の宗教との差は、救いの部分です。

イエス様が私たちに最も語りたい部分は、
「罪人である あなたがその罪のまま生きるならば、あなた自身がその罪からくる報いを自分で刈り取らなければいけないよ。罪からくる報酬は死であり、永遠の滅びである。救われなければ、あなたは天国へ行くことが出来ない。」ということです。


【Ⅰペテロ2章22-25節】

キリストは罪を犯したことがなく、その口に何の偽りも見いだされませんでした。

ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、おどすことをせず、正しくさばかれる方にお任せになりました。

そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。

あなたがたは、羊のようにさまよっていましたが、今は、自分のたましいの牧者であり監督者である方のもとに帰ったのです。

キリストは罪を犯したことがないです。
ですから私たちが犯した罪を、キリストが代わりに全部背負って清算することが出来ました。

「罪人のあなたたちが、あなたがたのために死んだわたし(=キリスト)を信じて受け入れるならば、
あなたの罪は許される。」 これが救いであります。


キリストを信じていない人々に聞きたいことは、あなたが信じている神はあなたにとってどのような方ですか?
あなたの魂を救う方ですか?あなたを愛する方ですか?あなたを助ける方ですか?あなたを守る方ですか?
みなさんもそれを聞いてみたら良いと思います。


私が出会った神様はこのようなお方です。

私の魂を救ってくださいました。私の罪を赦してくださいました。今も私と共におられる方です。
現在もこれから先も私を助ける方です。そして天の御国まで導いてくださる方です。

聖書の中に神様がご自分のことを啓示してくださいましたし、その方は今も生きていて、
私たちの祈りを聞き、私たちを導き、恵みを与えてくださる方です。
ですから1人で歩いているように見えても、決して1人ではないです。いつも共にいてくださり慰めてくださいます。

私たちは損が多かった人生でしたが、キリストに出会って力を受けました。救いを受けて恵みを受けて真理を知り、天の御国に入る希望が得られました。
キリストに出会えたことは何と素晴らしいことでしょう。




また、十字架の信仰を持って生きるとはどのようなことでしょうか?


【ガラテヤ2章20節】

私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。

誰が自分の中に生きているのかということです。
イエス様が自分の中で生きているようにするためには、古い自分を十字架につけなければならないです。
古い自分ということは、間違えた価値観・思想です。
もう 今までの思想では生きないのだということです。肉体が死ぬことではないです。
それらのものを完全に捨てて、その場所に自分のために命を捨ててくださった十字架のキリストを立たせることであります。
そして、その十字架を見上げます。

キリストからのメッセージ、キリストからの力、キリストからの恵み、それによって私たちは生きる者になります。

私たちは自分に言い聞かせて、新しい価値観で生きるのが十字架中心の信仰です。 (⌒∇⌒)

2013.10.20
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

アメリカ神学校で 神様の訓練がスタートしたヒョノちゃんのブログです。
ヒョノのブログ

毎週日曜日の八戸ノ里キリスト教会のご馳走です!
主の食卓のブログ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■