テーマは『 あなたはイエスをだれだと思いますか 』です

【マタイの福音書16章13-15節】

さて、ピリポ・カイザリヤの地方に行かれたとき、イエスは弟子たちに尋ねて言われた。「人々は人の子をだれだと言っていますか。」

彼らは言った。「バプテスマのヨハネだと言う人もあり、エリヤだと言う人もあります。またほかの人たちはエレミヤだとか、また預言者のひとりだとも 言っています。」

イエスは彼らに言われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」

皆さんは、イエス様をだれだと思っているでしょうか。
多くの人々が1人のイエス様を見て、色々な言葉を使って表現しました。

「わたしはイエスをこのように思います。」

これは人間として来られたイエス様なので、実際に目に見えていたので、人々の心にはそれぞれの心がありました。
当時の人々は、イエス様のことをヨハネやエレミヤだと言う人たちがいました。

今の世の中の人たちに聞くと、「キリスト教の神様でしょう?」「外国の神様でしょう?」と、私とは関係がないと言います。

イスラム教の人に聞くと、彼らは知っているので「預言者の1人だと思います。」と答えます。
イエス・キリストを否定するわけではないですが、彼らはアッラーの神を信じていますので、それを紹介したマホメットよりも下にいるのがイエス・キリストという預言者の1人だと思っています。


大切なことは、イエス様は「あなたはどう思っているのか?」であります。
それによって私たちに救いがあるか、ないかが変わってきます。

毎年 クリスマスを祝う人はいますが、ある人は何も考えずに祝っているのです。
「喜びの日だから遊ぼう。お酒を飲んで、チキンとケーキを食べて楽しくしよう。」と思っている人が多いです。
イエス様の誕生日であることも知らず、イエス様を招かないのです。

私たちは肉体をもって地上に来られた時のイエス様をどのように思っているのでしょうか。
今は復活されて天におられますが、どのように思うかによって、私たちと神様との関係が全く違います。




①一番大きい方であるのに、一番小さい方として、この地上で生きていた


一番大きいということは、イエス様は創造主であるということです。全知全能なる神様であり、そこにあるものは支配と権威であります。
王の王、主の主ということは、それよりも上に立つものはないのです。

それなのに、地上におられた時にイエス様は一番小さい者として歩んでいました。
30年間 大工をしていましたが、時が来たときに福音を宣べ伝えながら奇跡を行いました。その時から人々に知られるようになりました。
一番初めに目をつけた人たちは 宗教指導者たちでした。
人々が驚くほどイエス様が語る言葉には権威がありましたので、宗教指導者たちがイエス様を迫害するようになりました。

それでもイエス様はその人たちと戦ったでしょうか? ―― 戦ってはいないです。
何も言わずに黙って、対決することを避けていました。

そして、十字架に架かる前に捕らえられた時は政治が絡んできました。植民地でありましたので、ローマの相続であるピラトのところへ連れられてきました。
そこで宗教指導者たちは偽りの証言をしながら訴えていました。しかしイエス様はピラトに何も語りませんでした。


イエス様は権威あるお方でありましたが、その権威に力を持って戦ったことが無かったですし、その権威を前にひざまずいたこともなかったです。
「わたしが死ぬことが父のみこころである。」と世の権威に対しても黙っていました。一番小さい者のように黙って自分の命を差し出しました。

本当は 王の王で、誰も逆らえないのですが、自らそれらを全て捨てて罪人や奴隷のように自分自身を低くしました。

実際に罪を犯した人でも、自分の無実を訴えます。イエス様はこのままでは死ぬということが分かっていても権威にはひざまずかなかったです。

ピラトは、イエス様には罪がないのに黙っている姿を見て びっくりしました。




②一番偉大な方なのに、一番卑しい人のようにこの地上で過ごしていた


【ピリピ2章6-8節】

キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、

ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、 人間と同じようになられました。人としての性質をもって現れ、

自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われました。

天にいる時と全く違う姿で、地上で30年間 大工の仕事をしながら、本当の意味では繋がりのない家族を養っていました。

その後 3年間、人々はあまりにも素晴らしい奇跡を行うイエス様でしたので、王様として立てようとしましたが「わたしは仕えるために来ました。」と毎日彼らに仕えていました。

イエス様が捕えられた時に、どれほど人々から悲惨な目に遭っているのか 皆さんも分かると思います。
もし私たちも同じようなことをされたとしたら、カァ~ッと頭に血が上って その者に向かって敵意を持って戦うと思います。
今は学生が先生に平手打ちをされたら社会的に大きな問題になっています。


全ての誉れと賛美を受けていたイエス様がムチで39回打たれて身体が裂けました。私たちがその場にいたとしたら人々と同じことをしたと思います。

良い時は「主よ、感謝します。」と言いながら、気に入らない時はイエス様に不平不満を言います。これはイエス様をムチで打つことと同じであります。


【イザヤ書53章3節】

彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。

人々から蹴られたり はずかしめを受けたりしましたが、イエス様は黙っていました。私たちだったらその場から逃げると思います。
イエス様が一番卑しい人として生きていたことを知ることが出来ます。




③一番豊かなイエス様でしたが、地上では一番貧しい者になっていた


本来、創造主ですので天や地上の全てのものの所有者であります。私たち人間も所有されているものです。
しかし、イエス様は何も持っていない者として地上に来られました。

イエス様は金持ちや政治家と仲が良かったでしょうか――? 彼らからは憎まれていました。
イエス様はいつも困っている者たちと一緒にいて 彼らを助けていました。

宗教指導者たちは近づいたら汚れるからと、その者たちに近づかなかったです。しかしイエス様は自らが近づいていきました。


【Ⅱコリント8章9節】

あなたがたは、私たちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。 それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです。

私たちのために貧しい者になりました。ですからイエス様は金持ちの人たちに対して厳しい言葉を言いました。
なぜなら彼らは 富をもって贅沢に暮らしますが、本当に困っている人たちに対しては無関心であったので、それが大きい罪でありました。

私たちは大きいことをしたいと願うのではなく、私たちはイエス様からたくさんの恵みを受け取りました。
それはイエス様の方から私たちに関心をもって 友となり、悩みを聞き、憐れんで愛を示してくださいました。




イエス様はすべての権威と力を持っていても、それを私たちのために無い者のように生きたのですが、イエス様が1つだけ権威を使い強かった部分がありました。


④サタンに対して強かった


サタンが持っている死の力も、ご自分の命を捧げて、それから復活したことによって勝利しました。
それは自分の力を見せるわけではなく、捕らえられた人々を助けるためにイエス様は見せてくださいました。

私たちがイエス様から学ぶ姿は、最も小さな者として生きることであります。

権力に頭を下げず、一番最高のイエス様に頭を下げて、この世の権力にペコペコするのではないです。

そして、私たちは一番卑しい者のように生きるのです。
それは謙遜にならないと出来ないことであります。

困っている人たちがたくさんいるので、その人たちの力になること、慰めや助けになるために生きるのです。人々を差別をしたり蔑むのでは、何一つ良いことがありません。

イエス様は今も聖霊を送って日々私たちを助け、恵みを与え、愛し守ってくださる方であります。 (*´∇`*)


2013.12.22
クリスマス礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

アメリカ神学校で 神様の訓練がスタートしたヒョノちゃんのブログです。
ヒョノのブログ

毎週日曜日の八戸ノ里キリスト教会のご馳走です!
主の食卓のブログ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■