テーマは『 謙遜な人・パウロに対して 』です。

【Ⅱコリント12章9-10節】

パウロは新約聖書の中で信徒たちに多くの手紙を書いた、使徒の中の「使徒」の存在でした。
学ぶべきことがとても多い人物です。私たちが目指す姿であります。

目標はもちろんイエス様ですが、あまりにも素晴らしい方なので目指すには難しい部分がありますが、
パウロは自分たちと同じような性質(境遇)を持っている者です。

― パウロは、なぜ良い働きができたのでしょうか? ―
特別な者ではなく、パウロは救われた時から謙遜な者でした。
教えてくれる先生がいたわけではなく、主の言葉を聞いて、まず自分を打ちたたくことをしました。 

「傲慢な者は退ける」・・・自分の働きをアピールした者もいましたが、
そのように言った彼らをイエス様は「知らない」と退けました。 ≪傲慢な者よ。≫

主の働きをしているにも関わらず、「自分はイエス様に対して何もしていません。」という者に
神様は覚えてくださいます。(パウロの姿)

弱さを誇る者になること。(自らの弱さを認め、謙遜な者になる)
この世の中のルールでは、自分を強く見せようとしますが、それは神様から見ると傲慢になります。
もちろん、自分のことを「弱いです」と悲観的になって終わるのではなく、
「主よ。私はこんなに弱い者です。どうか私の内で働いて下さい。力を満たして、使ってください。」と祈ります。

パウロは、イエス様に出会って初めて自分の本当の姿を見ました。
それまでは他の者より優れていると誇っていました。しかし、罪人だということに気付きました。
自分の弱さを見つけるのが、謙遜なことです。

【Ⅰコリント1章26-29節】

この聖句で、神様は誰を選んだのでしょうか? 
神様はもちろん世の中すべての人を救いたいですが、ここに書かれている者を神様は選んでくださいます。
幸いな者です。弱かったこと、愚かな者であったことも感謝しなければなりません。(ここで悲観してはいけません。)

パウロは、その中のものと関連していることを悟り、弱さを誇る者になりました。
私自身は弱くても、神様は偉大な力を持っておられます。

特に日本人は、自分の悪いところばかり目につけて悲観しますが、
良い部分を伸ばしていくようにしなければなりません。
神様の中のことばに従って、弱い者だと悲しむ必要はないです。さらに神様が力を与えてくださいます。

【Ⅱコリント12章7節】

パウロは肉体に病気を持ったまま働きをしていました。これは「私も誘惑に弱い者だ」ということです。
私たちは自分の姿が一番信じられない姿で、世の中でも自分自身が一番裏切る者です。
パウロは自分自身を信じていませんでした。
「自分は大丈夫」という者は本当の姿を知らない者で、サタンによって倒されます。

ペテロは、イエス様から離れませんと言っていましたが、イエス様のことを一番に「知りません。」と言いました。
このペテロの姿が、私たちの姿でもあります。勘違いの性格。自分を信じるのは傲慢です。

しかし、このような者は何か苦難があるとすぐ神様に不満を言います。

【Ⅱコリント11章30節】

いつも自分の姿を見ていて、信仰生活の中で一番必要なことです。そして自らを低くする者。

「自分は弱いです。」と言いますが、その中には「頑固な心」がある人もいます。
人の言うことを聞かない、愛をもって語る言葉を聞かないならば謙遜な者にはなれません。
それを砕かなければいけないです。

【Ⅰコリント9章16節】

福音を伝えることはクリスチャンにとって義務なので、自慢することではありません。
「従います。アーメン。」と言うだけです。 義務は誇る必要がありません。

福音を伝えるチャンスが来たら、語ったりチラシを渡すなど、いつでも準備しておきます。

【Ⅰコリント9章18節】

奉仕をしているから恵みを与えてくださるだろうと取引をしている牧師や信徒がいます。
田舎や島には、牧師や伝道師がいない教会もあります。
人手が不足しているのではなく、実際は牧師や伝道師は余っています。
しかし、生活しにくいという理由で動かなかったりしています。これはお金を求めて動いたらいけないということです。

色んな働きがありますが、それらを誇ってはいけません。(神様は、既にたくさんの恵みを与えたではないか――。)
神様に「させて下さって感謝します!」と思ってすることです。

【Ⅰコリント9章19節】

奴隷は自分の権利を放棄した者だということです。これこそ謙遜な者です。「下で仕える姿」です。

【Ⅰコリント15章9節】

謙遜な心から出る思いであります。自分をけなした言葉ではありません。偽善的でもありません。
この聖句を自分の告白にしなければなりません。
自分では謙遜していても、他人から「その通りですね。」と言われると腹が立ちます。
心が高ぶる時に、叩かなければなりません。謙遜になってへりくだる時、神様は高く上げてくださいます。

【Ⅰコリント15章10節】

「全て神様の恵みによってなりました。」
栄光の告白です。恵みがなければできませんでした、と。全てのところで神様のことを出さなければなりません。
「自分、自分、自分・・・」ではないです。全て自分のおかげだと言う者は、何もわかっていないことです。
神様の恵みがない所はありません。

パウロを見習いましょう。(謙遜、忠実、聖霊、愛の姿)そうすると、自分が地上から離れる時まで
ずっと神様が共にいてくださり、祝福を与えてくださいます。(⌒∇⌒)

2011.11.27
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■