からし種の信仰と成長↗

東大阪市・八戸ノ里キリスト教会の毎週日曜日の礼拝メッセージです。 「聖書は難しくて意味がわからない」というイメージが強いです。だけど、真理を正しく説いてくれるので心にグサグサと刺さります。涙も大量に流れます。だけど、それが神様の恵みなんですヨ~★

八戸ノ里キリスト教会より メルマガ配信中!

メルマガ購読・解除

読者購読規約
毎朝7時に配信しています! 1日の始まりを神様の恵みで満たしてくださいね
powered by まぐまぐ!
 
         

2016年04月

どのような人が神の恵みを受けるのか

ハレルヤ。
今日も良い日です。

自分が生きていることも、ここまで守られてきたことも、すべて神様の恵みのおかげであることは、クリスチャンになってから初めて分かりました。

それで神の恵みがどんなにありがたいものかを知ったので、今も日々 神の恵みを求めています。


旧約聖書の多くの部分で「神は恵み豊かな神である。」という言葉がありますが、そのことばに触れると心が温かくなります。

この神に愛され、恵みをもらって生きていることが嬉しくなります。


そして神の恵みなしに生きることはできないと本当に思います。

寒い時、雲の間から太陽が出た時に、太陽の熱で身体が温かくなっただけでも神の恵みをすごく感じます。


1つ部屋を暖かくするにもお金がかかるのに、いつもタダでこのような恵みを受けているのだと思うと感謝が出てきます。

すべての恵みは上におられる神から私たちに流れてきます。

信じる者にも信じない者にも 差別なく与えられる恵みはとても多いです。


神は 恵み深い神であるので、私たちにさらに恵みを受ける道を教えてくださいました。

この恵みは一般的な恵みではなく、特別な恵みです。


どのような人が特別な恵みを受けるでしょうか?


恵みは神の主観的なプレゼントであるので、“なぜ私にはそれを下さらないのですか” と誰も言えないです。

恵みは、神の主観的なプレゼントですが、このような人に与えると神が教えてありますので、受けたいならばその通りにしたら良いと思います。


特別な恵みを1番受けやすい人は、謙遜な人です。

“主の食卓から落ちるパンくずでも良いです” と言える人が、パンくずではなく、主の食卓に着いて 主が用意したごちそうを食べることが出来ます。

“私はパンくずなんか食べる人ではない。もっと良いものを出しなさい。”という高慢な人は追い出されます。


祈る人も、神の恵みを受けることが出来ます。

神の前にひざまずく人は挫折をしないです。

反対に 神のみわざを体験します。


聖書で奇跡を体験した人、大きな恵みをもらった人は 砕かれた心を持って主に祈った人たちでした。

また神に恵みを受けた人たちは、神を信じ 信頼した人たちでした。

イエス様に従うことは、自分と自分のすべてを捨てて神に頼りながら 神のみこころを行う生活です。

ダニエルが自分のいのちを捨てた時に、神は彼のいのちを守ってくださいました。


飢えた獅子がいる穴に落ちた人が、傷一つなく命が守られたことは特別な恵みです。


神は、神を恐れて不義を行わず自分の命までも捨てた人に 大きな恵みを与えて下さいましたし、国の中に神の偉大さを表しました。

このような素晴らしい恵みを今も備えておられる神様ですから、神に日々恵みを求めて祈っています。
(*・ω・)ノ

2016.4.21
3分テレフォンメッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

みことばがあふれています!
八戸ノ里キリスト教会ホームページ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

患難の時に取るべき態度

テーマは 『 患難の時に取るべき態度 』 です

【ヨハネの福音書16章33節】

わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがわたしにあって平安を持つためです。あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。

昨年の9月15日に息子と車で熊本県へ行きました。
阿蘇山の近くを通りましたし、黒川温泉にも行きました。

その少し前に阿蘇山の噴火もありましたが、大きなことにはならず収まっていました。


良かったと思いながら阿蘇山を見ました。

それが今回とんでもない地震が起こってしまいました。


日本中で誰一人この時に、このような大きな地震が熊本で起こるとは予想もしていなかったです。

地震の専門家たちも皆 驚いています。


綺麗な景色を楽しんだ昨年のことを思い出しながら、地震のニュースを聞くと 心苦しくなります。

今はその地域全体が 不安と苦しみに満ちた場所になりました。


ずっと余震が続き、雨も降っているので最悪な環境ですね。

ライフラインが寸断されたので生活が出来ないことが一番辛いと思います。


以前、この教会で1年間奉仕をしてくれた南さんが熊本の教会で働きをしています。

昨日“ライン”で安否を聞きましたが、今朝になって無事に避難をしていることと、教会や信徒たちも無事である連絡がありました。

断水で大変であること、祈りの要請などがありました。
皆で祈りましょう。


突然の患難に見舞われた人々を見て、それが他人事ではなく、自分たちも いつこのような患難に遭うか分からないなと改めて思いました。


イエス様が弟子たちに語った今回のことばは、患難の時に私たちが取るべき態度を教えています。


イエス様も激しい患難を通った方でした。

誕生した時から、患難の連続でしたので、患難の中にいる人たちの心境を誰よりも知っています。


患難の時に取るべき態度を主のことばから学びます。




・患難は誰にでもあることを認識する




聖書は繰り返して信じる者にも 熱心に主に仕える者にも 患難があることを話しています。


“患難がない” と言われたことがありません。

ですから患難が来た時に「どうして私に患難を与えるのですか」と戸惑うことも、つぶやく必要もないです。


信仰があっても、バラ色の人生で 患難がない人生を約束されたということはありません。


主のことばのように、この世で生きている人には誰にでも患難があります。


今回の地震でも、地震が “人を選び、場所を選ぶ” のではないです。

日本は、どこで地震が起きても不思議ではないですし、火山噴火も起こりやすい国ですから、起きたらそこにいる人たちは皆がその被害を受けます。

それは、ひどい被害か、軽い被害か が違うだけです。


クリスチャンだから守られて、いっさいの被害を受けることがないということはありえないです。


守られる時もあれば、そうでない時もあることは、信じない人にも当てはまります。


クリスチャンでも病気にかかりますし、死にます。
家庭に問題もありますし、貧困にもなります。


旅路である地上が私たちの定着地ではありません。

ですから地上では様々な患難にあうようになってあります。


患難が来ても、それが不思議ではないことを まず認識しましょう。


患難が特別なのろいでもなく、誰の所に来ても、それが不思議ではないことです。




・勇敢でありなさい




患難の中で “勇敢でありなさい” と言われました。


患難に遭うと人間はとても弱くなります。

気落ちし、不安と恐れで心が潰されそうになります。


心のバランスを失って フラフラ状態になります。

どうしたらよいか分からず悩みます。


その時、主が私たちに語ることばは「勇敢でありなさい」です。

なぜ勇敢な態度を取る必要がありますか。


主ご自身が “患難に、この世にすでに勝ったからだ” と理由を語って下さいました。


それが私たちの患難と何の関係があるでしょうか?


私たちが気落ちしたり、絶望したりするのは、自分たちには患難に勝つ力がないからです。

しかし私たちの力では何も出来ないですが、勝利の主が共におられるならば問題がないです。


どんな患難が来たとしても私たちに力を与えて下さる神によって、私たちは患難を乗り越えることが出来ます。


力ある主の手が支えて下さいます。
この信仰を持っている人が 本当に世に勝ことが出来ます。


神を信じる人は、自分の力ではどうにもならない時に簡単に諦めてはいけないです。


そこで諦める人は、神も神の力も信じていない人です。

意外とこのようなクリスチャンが多いです。


患難が来た時に、世の人々とまったく同じ言葉や態度を取る人が多いです。


それならば神は自分にとってどのような存在ですか?

(神は)頼れる力もない存在ですか?

助けて下さらない方だと信じていますか?


私には出来ないけれど、神が助けて下さるならば何でも出来るという “確信” が信仰であり、そのように信じるならば その通りになります。

不可能が可能になります。


神に愛された信仰の人々は、すべて患難の中から出て来た人たちでした。

患難の中で神の力に頼り、勝利した人たちでした。


英雄が激しい戦いの中で生まれるのと同じです。

人が出来ないことをやり遂げた人が、勇士になり英雄になります。

彼らには勇敢さがあります。


使徒パウロほど 多くの患難に遭った人はいないです。

しかし彼は患難の中でも勇敢な人でした。


患難に対する正しい態度が彼を勇敢にさせました。

彼は常に神に頼っていました。


【第2コリント1章4-10節】

神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。

それは、私たちにキリストの苦難があふれているように、慰めもまたキリストによってあふれているからです。

もし私たちが苦しみに会うなら、それはあなたがたの慰めと救いのためです。もし私たちが慰めを受けるなら、それもあなたがたの慰めのためで、その慰めは、私たちが受けている苦難と同じ苦難に耐え抜く力をあなたがたに与えるのです。

私たちがあなたがたについて抱いている望みは、動くことがありません。なぜなら、あなたがたが私たちと苦しみをともにしているように、慰めをもともにしていることを、私たちは知っているからです。

兄弟たちよ。私たちがアジヤで会った苦しみについて、ぜひ知っておいてください。私たちは、非常に激しい、耐えられないほどの圧迫を受け、ついにいのちさえも危うくなり、

ほんとうに、自分の心の中で死を覚悟しました。これは、もはや自分自身を頼まず、死者をよみがえらせてくださる神により頼む者となるためでした。

ところが神は、これほどの大きな死の危険から、私たちを救い出してくださいました。また将来も救い出してくださいます。なおも救い出してくださるという望みを、私たちはこの神に置いているのです。

さらに ここにも彼の勇敢な態度があります。

勇敢とは、環境に支配されず、反対に “環境を支配する態度” です。


【ピリピ4章11-13節】

乏しいからこう言うのではありません。私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。

私は、貧しさの中にいる道も知っており、豊かさの中にいる道も知っています。また、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、あらゆる境遇に対処する秘訣を心得ています。

私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。

患難の中で絶望したり、恐れたり、気落ちしたりする姿は パウロにはありませんでした。


それが出来たのは 彼が神に頼り、主のことば通りに勇敢な態度を取ったからです。

患難の時にこそ、さらに御言葉を守り、主に頼ることです。


すると世に勝った主の力が働いて患難を乗り越えることが出来ます。

主は私たちに平安を与えると約束して下さいました。


主に信頼し、患難に向かって勇敢に戦う時に平安が与えられます。

平安は、勝利者にあって 敗北者や絶望している人にはありません。


患難の時には環境ばかり見るのではなく、御言葉に従って行動するように励むと、主の力と助けが与えられて乗り越えることが出来ます。
( ̄‥ ̄)=3

2016.4.17
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

みことばがあふれています!
八戸ノ里キリスト教会ホームページ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信仰が成長しない理由

テーマは 『 信仰が成長しない理由 』 です

【ヘブル5章12節】

あなたがたは年数からすれば教師になっていなければならないにもかかわらず、神のことばの初歩をもう一度だれかに教えてもらう必要があるのです。あなたがたは堅い食物ではなく、乳を必要とするようになっています。

みなさんは(イエス様を)信じてから何年経ちましたか。

もし5年ならば 5年分成長しましたか?


もし一年に1回聖書を読むとしたら、5回は読みましたか。

5年間礼拝は何回参加しましたか。


1年は52週ありますから、5年ならば260回です。

260回メッセージを聞いて人生に変化がありましたか?
成長しましたか。

神様と親しくなりましたか?


もし信じて20年経つならば、これの4倍になります。

人は20年生きると成人として認められます。


信仰歴20年ならば、信仰成長も大人になっていないといけないですね。


しかし 残念ながら、信仰の成長が1歳、2歳で止まったようなクリスチャンがあまりにも多いのが問題です。


最近そのような姿を見て、私自身がすごく危機感を感じています。

不安になり悲しくなります。


「それで良いの?天国に行けるの?それでは無理でしょう。本当に危ないですよ。」 と言いたくなる人たちが多いです。

しかしその人たちからは まったく危機感が感じられないです。


神を喜ばせるのも、神の国に入るのも “信仰なし”には出来ません。


信仰の年数からして、教師になっていないといけない人が、今 入学したばかりの子どものようであると言われることは恥ずかしいことです。

なぜ何年経っても信仰が成長しないままですか?


今回は、その理由を学びたいと思います。




・信仰生活に無関心




信じた後でも、信仰生活に無関心な人は 信仰生活を“宗教活動“ と思っています。


暇があれば、また 問題があれば教会に行くだけです。

信仰生活が自分のいのちが懸かった生活とは思わないで、他の宗教と同じ感覚で関わっています。


神を愛し、神を求め、神に従うことは考えないので、神との関係がとても希薄です。


神を信じ 信頼しているよりは、“知っている程度” で終わっている人も多いです。


その姿は はっきり言って、まだ回心してない状態です。

すなわち、救われた とは言えないです。


生まれた赤ちゃんがお母さんの乳を求めないでしょうか。

必死に求めて泣き続けます。
そして毎日乳を飲んで成長していきます。

生まれて生きているならば、それは当然の姿です。


信じて救われた人は、霊的に新しく生まれた人です。

生まれ変わった人が神を求めず、神の言葉を食べずに生きていけますか?


神と共に生きる信仰生活に無関心でおられるでしょうか。
それは出来ないです。


神の救いの恵みを受け、生まれ変わった人は、神を愛して神を求めますし、みことばを求めますし、祈りますし、教会にも行きたくなります。


それがないならば、自分が本当に救われたかどうかを確かめてほしいです。

上にあるものを求めずには霊の人は生きることが出来ません。


また初めは関心があったのに、だんだん信仰に無関心になった人は 恵みから落ちた状態です。

“救われたから天国には行ける” と思って適当に信仰生活をします。


みことばも食べず、祈りもせず、礼拝や交わりも “気分次第” ならば、どんどん恵みから離れ、信仰は弱くなり、成長が止まり やがて死んだ信仰になります。


神を愛しているならば、こんな状態にはなれません。


神を愛する心がない人は、信仰生活に対しても無関心になります。

無関心は愛がない状態です。


このような人は悔い改めて初めの愛を回復しないといけないです。

神の恵みを思い出して、その恵みの中に戻らないといけないです。




・肉的なことが優先




霊的なことに関心があり 求める人は、神の国とその義とをまず第一に求めます。


しかし肉的なことが優先な人は、常に肉的なことを考えます。


【ローマ8章5節】

肉に従う者は肉的なことをもっぱら考えますが、御霊に従う者は御霊に属することをひたすら考えます。

【ローマ8章8節】

肉にある者は神を喜ばせることができません。

いつも 何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、どうやって楽しむかばかりを考える人、また 人のことばかり考える人、また お金を愛する人、快楽を愛する人など 肉的なことが優先でそれに心も時間も注いでいる人は信仰が成長しません。


その人たちはあらゆる誘惑に遭い、結局は世を愛して信仰から離れて行きます。

教会に通っても肉的なことを優先にする人は、決して神が1番にはなれないです。


その人たちは神様のことも “自分の欲望” のために利用します。

祝福してくれないと文句を言って神を侮辱します。


祈りをしても自分の必要しか求めません。


神の言葉を聞いても実践せず、自分の肉の思いのまま生きているので、いつまでも信仰が幼子のままで成長しません。


肉の思いをみことばで打ちたたいて従わせないと、肉の人のままで、肉から死を刈り取ります。

それで いのちを得ることはありません。


霊から始まり、肉で終わらないようにしなければなりません。




・悔い改めない




信仰生活で悔い改めはとても大切です。


救われたならば 悔い改める必要がないと教える教団や先生がいますが、はたしてそれが正しいでしょうか?

それは間違いです。


悔い改めは死ぬ時までしなければならないです。


イエス様が福音を伝え始めた時に語った言葉が「悔い改めなさい」でした。


“信じなさい” ではなく “悔い改めなさい” でした。


悔い改めなしに救いは もちろん無いです。

悔い改めは罪を捨てることです。
罪から立ち返り、罪から離れることです。


聖書には、「イエス様が過去、現在、未来の罪までも赦して下さったから、悔い改めは最初の1回で終わりだから、後は悔い改める必要がない」 とは書いていないです。

ヨハネの黙示録に、神様が教会に送った手紙にも何度も “悔い改めなさい” という警告が出てきます。

“救われたから何をしても天国に入れる” という発想は捨てた方が良いです。


天国は、汚れた人は入れません。
罪をいっぱい持っている人は入れません。


一度 綺麗に洗っただけで、汚れが2度とつかないでしょうか?

そんなことはありません。汚れは必ずつきます。

ですから再び洗う必要があります。

悔い改めることもその理由です。


しかし罪を愛する人たちは、罪から離れるのが簡単ではないので悔い改めることをせず、自らをごまかしながら「神は愛だから一度救われた者を見捨てるわけがない。」と神を軽く見て、神をバカにしています。


神が罪をどれほど忌み嫌っているかを知らないといけないです。

悔い改めないことは罪を愛する姿です。


それは神を恐れない姿であり、御言葉に逆らう姿です。

罪の中にとどまっているので 信仰が成長することなく、反対に信仰は形だけになってしまいます。




・かたくなな心




この心は みことばを受け入れない心で、自分の考えが何よりも優先です。

神のことばを聞いても悟りを受け入れるのではなく、自分の知識や経験、思いで判断してみことばを退けます。


ですから当然みことばに従順することが出来なくなります。

聞く耳がないので、聞いても聞いてもみことばで成長することがありません。


こういう人は何十年間 教会に通っても疑いと不信仰があるので成長が出来ていないです。


かたくなな人は、自分が1番で高慢なので 真剣に神を知ろうとも思わないですし、学ぶ姿勢もないです。

聞いても心の中で神のことばをさばきます。

自分の思いや考えが神のことばより常に上に立ってあります。


神が恵みを流しても受けることが出来ません。

恵みは上から流れるので、低い所に立っていないと受けることが出来ません。


ですから、低い所にいる謙遜な人が恵みを受けます。


成長は恵みによりますので謙遜な人は恵みの中でどんどん成長しますが、高慢な人は恵みがないので成長出来ません。




・怠慢




成長したい思いはありますが、怠けているので、成長のための努力がないです。

いつも「聖書を読まなければ、祈らなければ、成長しなければ、奉仕もしなければ、何とかしなければ」と “いつもしなければ” と悩んでいますが、結局は「面倒くさい、しんどい、今はしたくない、明日からしよう」と常に言い訳して、後回しにして何もしないです。

このようなタイプもとても多いです。


成長している人を見て“うらやましい” と思いながらも、自分では何もしないです。

何もしない人は成長出来る材料がないので成長が出来ないです。


聖書は「働きたくない者は食べるな」と言われました。

神様は怠け者のことを悪い者と呼んでいます。


それは神の使命も働きもないがしろにするからです。

何もしないで神の恵みを無駄にするので神に嫌われます。


神様は霊に燃えて熱心になるように命じておられます。


私たちの信仰が成長して良い実を結ぶことによって神は栄光を受けますし、私たちは良い恵みと救いを受けて神の国に入ることが出来ます。


救われたならば 自分のために生きるのではなく、神のために生きることが義務です。

成長も義務です。
成長しなくて良いとは神様は語ったことがありません。


反対にキリストの満ち満ちた身丈にまで達するように言われました。

主の再臨が近づいています。


今 成長しないと、いつ成長しますか。

このことをないがしろにすると必ず後悔する時がきます。
ヽ(TдT)ノ

2016.4.10
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

みことばがあふれています!
八戸ノ里キリスト教会ホームページ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

聖徒の使命

ハレルヤ。

今日も皆さんの健康が守られますように祈ります。


先日、甲子園では春の高校野球が盛り上がっていました。

若い選手たちが一生懸命にプレイしている姿に 人々は感動し応援しています。


キリスト者が、野球チームの選手として例えた人がいました。


選手名簿に名前が載ったすべての選手たちは、自分の打席が回ってくるまで待ちながら、他の選手を応援し、自分の番になると最善を尽くします。


1つのチームでホームランや長打を打つ選手は限られていますが、投手も内野手も外野手もみんな安打を打ちたいと願っています。

そして全力でボールを打ちます。


同じくキリスト者というチームで、すべての聖徒たちは クリスチャンとしてあらゆる分野で活動しようと励んでいます。

そして実際に、特定分野で優れた活動をしている聖徒たちもいます。


“そのように活動する人がいるから、自分が打席に立って最善を尽くさなくて良い”ということはないですね。


例外なく、聖徒たちは神によって使命が与えられ、働きも与えられていますので、各自が与えられた役割をしていかなければなりません。

イエス様はたとえ話を通して、そのことを教えて下さいました。


【マタイの福音書25章14-30節】

天の御国は、しもべたちを呼んで、自分の財産を預け、旅に出て行く人のようです。

彼は、おのおのその能力に応じて、ひとりには五タラント、ひとりには二タラント、もうひとりには一タラントを渡し、それから旅に出かけた。

五タラント預かった者は、すぐに行って、それで商売をして、さらに五タラントもうけた。

同様に、二タラント預かった者も、さらに二タラントもうけた。

ところが、一タラント預かった者は、出て行くと、地を掘って、その主人の金を隠した。

さて、よほどたってから、しもべたちの主人が帰って来て、彼らと清算をした。

すると、五タラント預かった者が来て、もう五タラント差し出して言った。『ご主人さま。私に五タラント預けてくださいましたが、ご覧ください。私はさらに五タラントもうけました。』

その主人は彼に言った。『よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。主人の喜びをともに喜んでくれ。』

二タラントの者も来て言った。『ご主人さま。私は二タラント預かりましたが、ご覧ください。さらに二タラントもうけました。』

その主人は彼に言った。『よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。主人の喜びをともに喜んでくれ。』

ところが、一タラント預かっていた者も来て、言った。『ご主人さま。あなたは、蒔かない所から刈り取り、散らさない所から集めるひどい方だとわかっていました。

私はこわくなり、出て行って、あなたの一タラントを地の中に隠しておきました。さあどうぞ、これがあなたの物です。』

ところが、主人は彼に答えて言った。『悪いなまけ者のしもべだ。私が蒔かない所から刈り取り、散らさない所から集めることを知っていたというのか。

だったら、おまえはその私の金を、銀行に預けておくべきだった。そうすれば私は帰って来たときに、利息がついて返してもらえたのだ。

だから、そのタラントを彼から取り上げて、それを十タラント持っている者にやりなさい。』

だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持たない者は、持っているものまでも取り上げられるのです。

役に立たぬしもべは、外の暗やみに追い出しなさい。そこで泣いて歯ぎしりするのです。

最善を尽くした人には、神からの称賛が、自分の働きをしていない人には厳しい叱責がありました。


評価されずに終わることがありませんので、そのことを覚えて、自分の出番が来た時には最善を尽くしましょう。
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

2016.4.3
3分テレフォンメッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

みことばがあふれています!
八戸ノ里キリスト教会ホームページ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(^^) からし種 に投票してね
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ