からし種の信仰と成長↗

東大阪市・八戸ノ里キリスト教会の毎週日曜日の礼拝メッセージです。 「聖書は難しくて意味がわからない」というイメージが強いです。だけど、真理を正しく説いてくれるので心にグサグサと刺さります。涙も大量に流れます。だけど、それが神様の恵みなんですヨ~★

八戸ノ里キリスト教会より メルマガ配信中!

メルマガ購読・解除

読者購読規約
毎朝7時に配信しています! 1日の始まりを神様の恵みで満たしてくださいね
powered by まぐまぐ!
 
         

2015年03月

イエス・キリストの十字架とあなたはどんな関係ですか

テーマは 『 イエス・キリストの十字架とあなたはどんな関係ですか 』 です

【Ⅰコリント1章18節】

十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。

今日は教会歴においてはシュロの日です。

イエスは十字架にかかるためにエルサレムに入りました。
それを知った人々は、今度こそイエスがユダヤの王になると思って、大歓迎しました。


その時、人々はシュロの木の枝を取って、出迎えのために出て行き、
“ホサナ。祝福あれ。主の御名によって来られる方に。イスラエルの王に。”と大声で叫びました。


その日をシュロの日と言います。


人々にとっては これから自分たちに何か良い事が起こるという期待が大きかったです。
しかしイエスにとっては 苦難の十字架の道が始まる日でした。

それを知っているのはイエスご自身だけでした。

十字架が見えていない時は イエスは人々に歓迎されましたが、十字架が見えた時から人々の反応が分かれ始めました。

十字架に対して人々はどのように変わっていったでしょうか。


そして、みなさんはイエス・キリストの十字架と どのような関係ですか。




1.十字架を愚かと思い、毛嫌って呪う人




「十字架??あれは凶悪な犯罪人が受ける罰ではないか。」

「何だ、あの人は神でもないのに、自分のことを勝手に神と言い、人を惑わした者だったのか。神を冒涜した人は死ななければならない。騙されたことが悔しい。これ以上は騙されないぞ。」


このように怒りが込みあげてきた人たちは激しく叫びました。


「除け。除け。十字架につけろ。カイザルのほかには、私たちには王はありません。」と、世の王を自分たちの王として選び、まことの神を殺してしまいました。


キリストを十字架につけた彼らは 十字架で苦しんでいるイエスを見て、あざ笑って言いました。


「あれは他人を救った。もし神のキリストで、選ばれた者なら自分を救ってみろ。」

「おお、神殿を打ち壊して三日で建てる人よ。十字架から降りて来て、自分を救ってみろ。」

「他人を救ったが、自分は救えない。キリスト、イスラエルの王さま。今十字架から降りてもらおうか。われわれは、それを見たら信じるから。」


このように偉い人たちも十字架にかかったイエスを呪いました。


世の基準で見る十字架は 彼らにとっては犯罪人、呪われた者、愚かな生き方をした者、生きていては困る者たちが死んで当然な場所なので、絶対受け入れることが出来ないものでした。


彼らは自分たちの知恵に頼って、それで満足して、十字架を信じるどころか、拒絶反応を起こして呪います。

死んでも関係を持ちたくない と十字架を遠くに投げる人たちです。




2.十字架に無関心な人たち




「あの人は悪いことをしていないと思うよ。毎日 病人を癒し、奇跡もたくさん行ったし、まじめで優しいし。」

「十字架にかかるとはかわいそう。あの人を殺すなんて悪いことをしたな。」

「生かしておけば もっともっと奇跡が見られたのに。病人が助かるのに もったいない。」

「良い人だったのに もういなくなった。でもどうして神と言った人が十字架にかかって死んだのだろう。」

「意味が分からない。もう死んでしまったから忘れよう。」


このように十字架のイエスに対して無関心に生きる人たちがいます。


「別にいなくても困ることはないし、あの十字架とはもう関わりたくありません。」

「他にも信じているものがあるし、あんな死に方をした人を信じるのはちょっと…。」

「もう良いです。自分も救えなかったでしょう。あの人より立派な働きをした人もたくさんいるし。」


キリストの十字架を “無力” だと思って、他に頼れるものを探して、それに目を向けて自分の都合の良いように生きている人が一番多いです。


この世がすべてで、この世で利益をもたらしてくれるならば 魂でも平気に売る人たちにとって、十字架は関わりたくないものです。

「神のことも、罪のことも、悔い改めのことも、地獄の話も聞きたくはない。別に要らない。」と十字架とは無関係に日々生きています。


私自身も信じる前はそのような者でした。
十字架はキリスト教会のシンボルでしか考えたことがなく、イエス・キリストが死んだ十字架だとしか思いませんでした。

なぜ死んだのかと一度も考えたこともなく、キリストの十字架に対して考え始めたのは信じてからでした。

それまでは自分にとって十字架はまったく関係のないものでした。




3.キリストの十字架から目を離さない人々




実際にキリストが十字架にかかった時、十字架の真の意味を知っている人はイエス・キリスト本人以外には誰もいませんでした。

弟子たちも主の母であるマリアも知りませんでした。

キリストは一人で孤独に死んでいきました。


医者たちが、“キリストがどのくらい苦痛を味わったのか”を医学的に検証しました。

その話を聞いた時に、私たちの想像をはるかに超える痛みでした。


汗が血のしずくになるまで祈った時から、体の中ではストレスで血管が破裂していました。

裸にされてローマの兵士たちが力強く打ったむちで肉が裂かれ、神経が痛み、骨までも見えたと言います。

出血によって歩くことが出来ないほどの貧血状態に陥るとも言われました。


十字架の上ではさらに激しい痛みがあり、息をするたびに全身に鋭い痛みが走るので、ことばでは言い表すことが出来ないほどの痛みだと聞きました。

その激しい痛みの中でもイエス様は自分を十字架につけた人々を赦しました。


そして、涙を流しながら十字架を見上げる人たちがいました。
十字架の意味はまだ分かりませんが、主を愛して主に仕えていた人々でした。

たとえ人々がイエスを激しく呪っても、その人たちは主が与えて下さった恵みが忘れられません。
その愛を裏切ることが出来ません。ただ涙を流しながら、主の死を悲しんでいました。






私自身、何日間も ずっと心の中で流れていた賛美がありました。


韓国の賛美ですが、「主はなぜ私を愛したのか。なぜ私のためにカルバリに登らなければならなかったのか。なぜ私のために十字架にかからなければならなかったのか。」という歌詞です。

そうしたら その賛美の中にペテロもパウロも入って来た思いがしました。

彼らも同じ賛美をしているように感じました。


【 ペテロ 】

「主を三度も知らないと裏切った私をどうして赦し愛しておられますか。なぜ私を愛し、十字架にかかりましたか」


【 パウロ 】

「主を嫌い、教会とあなたと信徒たちを迫害した私をどうして愛して、私の罪のために十字架にかかりましたか。」


私も言いました。

「自分勝手に生きて神様を悲しませた私、多くの罪を犯した私をどうして愛して下さったんですか。なぜ主は私のためにカルバリに登らなければならなかったのですか。」

繰り返し心の中で賛美しました。


なぜ私が主に愛されているのか、なぜ私が赦されているのかがわかりません。
その愛から離れることが出来ないから主の十字架を見上げています。


主の赦しが十字架から流れるので主の十字架を離れることが出来ません。

「主よ。なぜ罪のない方が罪人である私のためにその激しい苦しみを受けなければならなかったのですか。」
罪赦して下さる十字架のキリストから離れて行く所がありません。


目が開かれ十字架に隠された恵み、祝福、神の力が見えてきました。

イエスが罪人ではなく、犯罪人でもなく、死んで当然な人でもなく、人を騙す者でもなく、生きてはいけない人でもなく、神を侮辱した人でもなく、自分を救えない人ではないです。


キリストを十字架につけた偉い人たちや呪った人たち、無関心であった人たち、知らなかった人たちや私たちが 本当は主がかかった十字架にかからなければならない者です。


自分に代わって死んで下さった方を愚か者と思っている人がいるならば、その人は世界一愚か者です。

キリストを侮辱するものは神を侮辱する者で、罰を免れることはありません。


もう一度十字架を見て下さい。
愚かに見えますか。関わりたくない十字架に見えますか。

それとも十字架を見て、「なぜ私を愛して十字架にかかりましたか」と涙が出てきますか。
。゚(゚´Д`゚)゜。

2015.3.29
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

アメリカ神学校で 神様の訓練がスタートしたヒョノちゃんのブログです。
ヒョノのブログ

毎週日曜日の八戸ノ里キリスト教会のご馳走です!
主の食卓のブログ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

朝食を準備したイエス様

テーマは 『 朝食を準備したイエス様 』 です

【ヨハネの福音書21章8-19節】

しかし、ほかの弟子たちは、魚の満ちたその網を引いて、小舟でやって来た。陸地から遠くなく、百メートル足らずの距離だったからである。

こうして彼らが陸地に上がったとき、そこに炭火とその上に載せた魚と、パンがあるのを見た。

イエスは彼らに言われた。「あなたがたの今とった魚を幾匹か持って来なさい。」

シモン・ペテロは舟に上がって、網を陸地に引き上げた。それは百五十三匹の大きな魚でいっぱいであった。それほど多かったけれども、網は破れなかった。

イエスは彼らに言われた。「さあ来て、朝の食事をしなさい。」弟子たちは主であることを知っていたので、だれも「あなたはどなたですか」とあえて尋ねる者はいなかった。

イエスは来て、パンを取り、彼らにお与えになった。また、魚も同じようにされた。

イエスが、死人の中からよみがえってから、弟子たちにご自分を現されたのは、すでにこれで三度目である。

彼らが食事を済ませたとき、イエスはシモン・ペテロに言われた。「ヨハネの子シモン。あなたは、この人たち以上に、わたしを愛しますか。」ペテロはイエスに言った。「はい。主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」イエスは彼に言われた。「わたしの小羊を飼いなさい。」

イエスは再び彼に言われた。「ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか。ペテロはイエスに言った。「はい。主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」イエスは彼に言われた。「わたしの羊を牧しなさい。」

イエスは三度ペテロに言われた。「ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛しますか。」ペテロは、イエスが三度「あなたは私を愛しますか」と言われたので、心を痛めてイエスに言った。「主よ。あなたはいっさいのことをご存じです。あなたは、私があなたを愛することを知っておいでになります。」イエスは彼に言われた。「わたしの羊を飼いなさい。

まことに、まことに、あなたに告げます。あなたは若かった時には、自分で帯を締めて、自分の歩きたい所を歩きました。しかし年をとると、あなたは自分の手を伸ばし、ほかの人があなたに帯をさせて、あなたの行きたくない所に連れて行きます。」

これは、ペテロがどのような死に方をして、神の栄光を現すかを示して、言われたことであった。こうお話しになってから、ペテロに言われた。「わたしに従いなさい。」

昨日の朝は別府からフェリーで大阪に着きました。

船の中でも朝食が食べられますが、船ではなく降りてから待合室近くにある綺麗なカフェで安くておいしい朝食を食べました。
トーストにサラダ、スクランブルエッグ、コーヒーでした。若い女の子の店員が作ってくれました。そして楽しく話をしながら食事が出来ました。


みなさんも想像してみて下さい。イエス様が朝食を準備しておられる姿を――。

広い湖のそばで 炭火で魚を焼き、パンを1人で準備しました。

この時のイエス様はもう人間ではありません。神様の姿です。


イエス様が人間として弟子たちと三年間一緒にいた時も、一度も弟子たちの食事を作ったことはありませんでした。

救われて従うようになった多くの女性たちがいたので、彼女たちが準備をしたり、また弟子たちが準備をしたりしました。

しかし、なぜ神様であるイエス様がわざわざ朝食を準備して弟子たちを待っていたのでしょうか。

食事をしながらのペテロとの会話で私たちはイエス様のある思いを知ることが出来ます。


イエス様が十字架にかかって死んだ後に弟子たちはどうなったでしょうか。

彼らは復活したイエス様にも会いました。その後の弟子たちの姿は次の箇所にあります。


【ヨハネの福音書21章3節】

シモン・ペテロが彼らに言った。「私は漁に行く。」彼らは言った。「私たちもいっしょに行きましょう。」彼らは出かけて、小舟に乗り込んだ。 しかし、その夜は何もとれなかった。

11人残された弟子たちの中で7人が再び魚を捕る漁師の姿に戻り、漁に出ていました。

この場所は以前彼らが働いていた場所であり、主に出会った場所であり、弟子として呼ばれた場所でした。

その時イエス様は彼らに言われました。
「わたしについて来なさい。あなたがたを人間をとる漁師にしてあげよう。」彼らはすぐに網を捨てて従いました。


しかし3年後、彼らは人間を捕る漁師ではなく、再び3年前の漁師の姿に戻りました。
3年前の夢も希望も消えて、イエス様の言葉がむなしくなってしまいました。

弟子たちのリーダー的存在であるペテロが “漁に行く” と言うので、他の弟子たちもそれに加わりました。

なぜペテロは再び漁師に戻ったのでしょうか。
彼の心の中には癒されていない傷がありました。それは彼自身の行動によって出来た傷でした。


そして思い出す度に心の傷はさらに深くなりました。

自分が裏切り者である事実が心から消えません。


主が十字架にかかる前にペテロに「今夜、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言います。」と言われた時に、ペテロは「たとい全部の者があなたのゆえにつまずいても、私は決してつまずきません。」と誓いました。

しかし、ペテロはイエス様が捕えられ、周りの人にイエスの仲間だと言われた時に「そんな人は知らない」と言って、呪いをかけて正反対の誓いをしていました。

するとすぐに鶏が鳴き、ペテロは主のことばを思い出して激しく泣きました。


それからペテロは鶏が鳴く度に思い出されたでしょう。
その鳴き声が主の声に聞こえ、苦しくて心の中で泣いていたと思います。一生思い出したくない記憶だと思います。


そしてイエス様を裏切ったことで彼の中から消えたものがありました。
それは「人間を捕る漁師」という素晴らしいビジョンでした。

自分のような者に人間を捕る資格はないと思ったので、それで彼はもとの仕事場に戻るしかなかったです。


みなさんならばどうしますか。それでも人間を捕る漁師になりたいと思いますか。

私ならば無理だと思って彼らと同じ行動をとると思います。


ペテロだけではなく他の弟子たちも傷と痛みをもって3年前の日常に戻ってきました。

しかし夜通し働いても網には魚一匹もとれなかったです。


主が与えた夢は消え、現実もうまくいきません。

みんなが疲れ果てていた時に、主がそこに現れて先に声をかけました。
「食べるものがありませんね。」「はい。ありません。」「舟の右側に網をおろしてみなさい。」そうすると魚で網がやぶれそうになりました。


この不思議な出来事で一人の弟子が主であることを確認し、ペテロに話し、ペテロは上着をまとって、湖に飛び込み泳いで主の所まで来ました。

この一瞬の行動でペテロがイエス様に会いたがっていたことがすごく分かります。

しかし心の中には言えない思いがあります。
陸地にあがってみると そこには朝食が準備されていました。7人分のパンと焼き魚です。主はそれを彼らに渡しました。


食事の後にイエス様が突然聞きました。
「ヨハネの子シモン。あなたはこの人たち以上にわたしを愛しますか。」


このことばを聞いた時にペテロの気持ちはどうだったと思いますか。

イエス様と最初に出会った場所で、イエス様はまたペテロに会ってこの質問をしました。

そこには炭火がありました。
きっとペテロは自分がイエス様を裏切った晩のことを思い出していたでしょう。


あの晩、ペテロはイエス様が尋問を受けている時に大祭司の家の庭で他の人たちと一緒に火に暖まっていました。
そして、そこでペテロは三度も主を知らないと誓いました。

その時ペテロの前にはイエス様が準備した炭火が燃えていました。

そこでイエス様はペテロだけに質問しました。
三度も「あなたは私を愛しますか。」と聞かれたペテロは心を痛めて「主よ。あなたはいっさいのことをご存じです。あなたは私があなたを愛することを知っておいでになります。」


主を愛したのに恐れがありました。主に従いたかったのに勇気がありませんでした。主を認めたかったのに、卑怯な自分がいました。


ペテロは何も隠すことなく「主はいっさいのことをご存じです。」と告白しました。

ペテロの中では三度もイエス様を裏切った傷が消えずにありました。

鶏の鳴く声を聞く時も、炭火を見た時も自分の中から記憶を消したかったでしょう。


人間は、傷とは対面せず それを一生懸命消そうとします。または隠そうとします。

しかしイエス様はその傷とペテロを対面させました。

ペテロがこれからもその傷で涙を流しながら苦しい時を過ごすことを主は誰よりも知っていました。それで傷を克服できるようにチャンスを与えて下さいました。


主がなぜ朝食を準備したのでしょうか。


共に食事することは相手を受け入れ、温かく歓迎する意味があります。

このイエス様のもてなしと深い配慮、そして寛容さと愛に ペテロの中にあった深い傷が癒されていきました。

そしてペテロは主と共に食事をする席で、主を愛していますと告白して立ち直ることが出来ました。


主の食事の交わりはただの食事ではないです。神様が働く大切な時間です。

ペテロと弟子たちはその席で癒され、失くした夢と希望をそこで取り戻しました。

イエス様はそのためにわざわざ食事を作って彼らを朝から待っていました。


初代教会では二つの大切な集まりがありました。
一つは主の言葉を学ぶための時間であり、もう一つは共に食事をしながら交わる時間でした。

両方とも大切な集まりでした。もてなしながら相手を歓迎するのが食事です。
それをしながら私たちが主にあって家族であることを認識します。

家族というのはそこに差別がないことを意味します。


イエス様もペテロや弟子たちを裏切り者ではなく、主の家族として受け入れて下さいました。

イエス様はマタイの福音書で次のように話しました。


【マタイの福音書25章35節】

あなたがたは、わたしが空腹であったとき、わたしに食べる物を与え、わたしが乾いていたとき、わたしに飲ませ、わたしが旅人であったとき、わたしに宿を貸し、

この人たちが祝福され、御国を継ぐと語りました。

自分の腹だけを満たし、他人を顧みない人は主に喜ばれません。


イエス様はいのちのパンとしてご自身を私たちに与えました。
私たちが貧しい者に与えることはイエス様に与えることだと語って下さいました。

霊的なことは みことばや神秘的なことだけだと考えてはなりません。主と共に食事をすることも教会でみんなが食事をすることも霊的なことです。

イエス様が食べ物を与え、共に食事をすることに意味を与えました。相手を家族として受け入れ、愛していることを食事の場で見せました。


そして食事を会話の場にしました。食事の席は食べ物だけではなく、心も分かち合う場です。
主はペテロと話したかったのです。ペテロの心の傷をいやし、回復させるために話をしました。

もしイエス様とこの話をしなかったならば、その後のペテロはいなかったと思います。
一生自分を責めながら、心の痛みで苦しみ悩んでいたでしょう。


しかしペテロを愛したイエス様は彼を憐れみました。

ペテロを理解し、温かく迎え、心を癒し、関係も回復させ、使命も復活させて、彼を立派な使徒として立たせて下さいました。


みなさんの中に癒されてない心の傷や主に対してペテロの心境になっている人がいますか?

こんな私を主が赦すはずがないとか、受け入れてもらう資格もないと思っていますか。


ペテロのために朝食を準備して待っていたイエス様はあなたのためにも“わたしが食事を準備しているので「来て食べなさい」”と招いています。

毎朝、主は私たちのために食事を準備して私たちに会おうとしておられます。話したいと語っておられます。

主と共に、兄弟、姉妹たちと共に主の食卓を囲みましょう。
(。・ω・)ノ゙

2015.3.22
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

アメリカ神学校で 神様の訓練がスタートしたヒョノちゃんのブログです。
ヒョノのブログ

毎週日曜日の八戸ノ里キリスト教会のご馳走です!
主の食卓のブログ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

パウロメッセージの重要テーマ

テーマは 『 パウロメッセージの重要テーマ 』 です

【使徒の働き20章19-21節】

私は謙遜の限りを尽くし、涙をもって、またユダヤ人の陰謀によりわが身にふりかかる数々の試練の中で、主に仕えました。

益になることは、少しもためらわず、あなたがたに知らせました。人々の前でも、家々でも、あなたがたに教え、

ユダヤ人にもギリシヤ人にも、神に対する悔い改めと、私たちの主イエスに対する信仰とをはっきりと主張したのです。

パウロは復活したイエス様によって直接使徒として召されました。

その場面は次の箇所にありますが、パウロに対して主が語ったことばです。


【使徒の働き9章15節】

わたしの名を、異邦人、王たち、イスラエルの子孫の前に運ぶ、わたしの選びの器です。

そしてパウロは主の心にかなう働きをしました。
救われた異邦人にとってパウロの存在は本当にいのちの恩人です。


パウロの働きは簡単に出来たわけではありませんでした。

真の神を知らない異邦人の所へ行って、彼は命懸けで福音を伝えました。
多くの迫害と反対の中でも彼は伝えるべきことは大胆に伝えました。


私たちも神様のことを人々に伝えますが、人々が喜んで聞くことはほとんどありません。

その為、私たちは委縮し、消極的になり、何をどう伝えたら良いのかと悩んでしまいます。
聖書のことばはたくさん知っているのに、伝えるべきことばが分からず困ったと言うクリスチャンも多いです。


今回は最高の伝道者であったパウロのメッセージの重要テーマが何であったのかを皆さんに伝えます。

これから皆さんが福音を伝える時に、その内容で伝えたらいいと思います。





1.神に対する悔い改めと主イエスに対する信仰




【使徒の働き20章21節】

ユダヤ人にもギリシヤ人にも、神に対する悔い改めと、私たちの主イエスに対する信仰とをはっきりと主張したのです。

悔い改めと信仰は切り離すことが出来ないものです。


悔い改めなしに救われることはないですし、また 信仰なしに救われることもありません。


キリスト教のもっとも基本的な真理は神様に対する悔い改めと信仰です。

罪を犯したことのない人間は世には存在しません。
自分には罪がないという人は罪に気づいてないか、罪が何なのかを知らない人です。

悔い改めとは、自分には罪があることを神の前で認めることであり、罪を憎んで罪を悔いている心の変化を意味します。

そして主イエスに対する信仰は、キリストが十字架の上で死んで成し遂げた贖いとキリストが救い主であることを信じることです。


救いはまず悔い改めがあり、それに信仰が結びつく時に得られるものです。パウロは必ずこのことを語りました。




2.キリストによる罪の赦しと義




【使徒の働き13章38-39節】

ですから、兄弟たち。あなたがたに罪の赦しが宣べられているのはこの方によるということを、よく知っておいて下さい。

モーセの律法によっては解放されることのできなかったすべての点について、信じる者はみな、この方によって、解放されるのです。

パウロはすべての人はキリストを通して神様からの罪の赦しを受けるべきであると強調しました。

なぜならば罪によって神様との関係が断絶された人間は、キリストを通して罪の赦しを受けるまでは神様と和解することが出来ません。


【コロサイ2章13節】

あなたがたは罪によって、また肉の割礼がなくて死んだ者であったのに、神は、そのようなあなたがたを、キリストとともに生かしてくださいました。それは、私たちのすべての罪を赦し、

神様は私たちが罪を悔い改める時にその罪を赦して下さる方です。

モーセの律法はそれを犯す者に対する刑罰はあっても罪の赦しや救いの保証はありませんでした。

イエス・キリストは律法が保証しなかった罪の赦しを保証しただけではなく、キリストを信じる信仰によって義と認められ、救いを得ることまでも保証しました。




3.イエス・キリストの復活




【使徒の働き17章3節】

そして、キリストは苦しみを受け、死者の中からよみがえらなければならないことを説明し、また論証して、「私があなたがたに伝えているこのイエスこそ、キリストなのです」と言った。

キリストの復活は作り話ではなく、実際にありました。

多くの目撃者があり、復活してからも何度も弟子たちや人々の前に現れました。
そしてパウロ自身も復活した主によって使徒と任命されました。

それまでパウロはキリストに敵対し、信徒たちを激しく迫害した者でした。


そして “キリストの復活” こそ信じる者たちの希望です。

キリストの復活がないならば、私たちの信仰もむなしいものになります。




4.神の国(天国)




【使徒の働き19章8節】

それから、パウロは会堂に入って、三か月の間大胆に語り、神の国について論じて、彼らを説得しようと努めた。

神の国、すなわち天国こそが聖書が提示する究極的なビジョンです。
神の国があるからキリスト教の救いは永遠性を持ちます。


天国がないならば私たちにどんな希望があるでしょうか。どこに向かって歩んだらいいかわからなくなります。

この世がすべてであるならば、私たちは神様を信じる理由がありません。
狭い道を歩む理由も、迫害される理由も、また忍耐する理由もなく、好きなように生きればいいです。


しかし、天国は間違いなくあります。

信仰の人々はどの時代にも天国にあこがれていて、地上では旅人として生活しました。


天国はお金で行ける国でもなく、権力で行ける国でもなく、キリストの十字架を通った人たちが行ける国です。
神様が支配し、涙も苦しみもない平安の場所です。

神様が準備した最高の場所です。
「私の父の家には、住まいがたくさんあります。」とイエス様が教えて下さいました。


地上でどんなに辛いことがあっても、天国があるから先が楽しみです。




5.偶像崇拝者に対する最後のさばき




【使徒の働き17章16節】

さて、アテネでふたりを待っていたパウロは、町が偶像でいっぱいなのを見て、心に憤りを感じた。

この憤りはパウロ個人の憤りでしょうか?
―― これは神様の憤りです。


なぜならば神様は次のようにはっきりと宣言しました。

「わたしのほかに、ほかの神々があってはならない。あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない。それらを拝んではならない。それらに仕えてはならない。」 と。


神様を無視し、神でもない偶像を拝む者に対しては厳しい裁きがあります。


【ヨハネの黙示録21章8節】

しかし。おくびょう者、不信仰の者、憎むべき者、人を殺す者、不品行の者、魔術を行う者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者どもの受ける分は、火と硫黄との燃える池の中にある。これが第二の死である。」

パウロはこれ以外にも人々にとって益になることは、少しもためらわずに知らせました。

なぜならばパウロは誰よりも人々の魂を深く愛したからです。
パウロの心と姿勢はイエス様に見習ったものでした。


一人の魂も滅びることを願わない神の心を知って、パウロ自身もその心で福音を伝えました。

私たちは何を伝えたら良いかを考える前に、魂に対する深い愛が自分にあるかどうかを調べなければなりません。
愛がないと語ることが出来ません。


愛がないならば、主に愛の心を求めましょう。
そして愛の心をもって人々の救いのために祈り、パウロが伝えたように伝えましょう。
(・∀・)つ


【使徒の働き20章24-27節】

けれども、私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、神の恵みの福音をあかしする任務を果たし終えることができるなら、私のいのちは少しも惜しいとは思いません。

皆さん。御国を宣べ伝えてあなたがたの中を巡回した私の顔を、あなたがたはもう二度と見ることがないことを、いま私は知っています。

ですから、私はきょうここで、あなたがたに宣言します。 私は、すべての人たちが受けるさばきについて責任がありません。

私は、神のご計画の全体を、余すところなくあなたがたに知らせておいたからです。

2015.3.15
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

アメリカ神学校で 神様の訓練がスタートしたヒョノちゃんのブログです。
ヒョノのブログ

毎週日曜日の八戸ノ里キリスト教会のご馳走です!
主の食卓のブログ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主が喜ぶ教会とは?

テーマは 『 主が喜ぶ教会 』 です

【ヨハネの黙示録3章7-13節】

また、フィラデルフィアにある教会の御使いに書き送れ。『聖なる方、真実な方、ダビデのかぎを持っている方、彼が開くとだれも閉じる者がなく、 彼が閉じるとだれも開く者がない、その方がこう言われる。

「わたしは、あなたの行いを知っている。見よ。わたしは、だれも閉じることのできない門を、あなたの前に開いて おいた。なぜなら、あなたには少しばかりの力があって、わたしのことばを守り、わたしの名を否まなかったからである。

見よ。サタンの会衆に属する者、 すなわち、ユダヤ人だと自称しながら実はそうでなくて、うそを言っている者たちに、わたしはこうする。見よ。彼らをあなたの足もとに来てひれ伏させ、 わたしがあなたを愛していることを知らせる。

あなたが、わたしの忍耐について言ったことばを守ったから、わたしも、地上に住む者たちを 試みるために、全世界に来ようとしている試練の時には、あなたを守ろう。

わたしは、すぐに来る。あなたの冠をだれにも奪われないように、 あなたの持っているものをしっかりと持っていなさい。

勝利を得る者を、わたしの神の聖所の柱としよう。彼はもはや決して外に出て行くことはない。 わたしは彼の上にわたしの神の御名と、わたしの神の都、すなわち、わたしの神のもとを出て天から下って来る新しいエルサレムの名と、わたしの新しい名とを 書きしるす。

耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。」』

ヨハネの黙示録は、キリストによって啓示されたすべての世代のキリスト者に伝える神のことばが書かれています。


そして アジヤにある7つの教会に送ったメッセージを通して、すべての教会に さばき主として来られる主を待ち望みながら どのような姿で存在して対処すべきかを教えています。

特に今回は 主が喜ぶ教会とは、どのような姿なのかを 7つの教会を通して学びたいと思います。


自分たちの教会と比べながら主が喜ぶ教会を目指していきましょう。


(黙示録に書かれている)各教会に対して褒め言葉と叱責、慰めと警告がありました。

7つの教会の中で叱責がなかった教会は2つだけでした。
個人的にはフィラデルフィア教会は素晴らしい教会だと思います。


今回は、神様が喜んだ部分だけを2章、3章から見ていきます。




①主のことばを守り、主の名を否まなかった教会(3章8、10節)



少しばかりの力しかなかったのに、主のことばを守り、主の名を否まなかったです。

神様から受けた賜物がそんなに多くはなく、社会的身分も地位も財産も多くはありませんが、信徒たちは主を愛し、主のことばを守り、あらゆる誘惑や迫害にも屈することをせず、信仰を守っていることは狭い道を選んで歩んでいる姿です。


形式だけの信仰と、この世と妥協して世の富と安楽を求めていく教会がますます増えていく中で、純粋に神のことばを守り、正しい信仰を持って従っていく教会は、これからの時代において最も必要です。


主のことばがと主の名が軽んじられる教会は危険です。

パン種の入っていない真理のことばが語られ、正しい信仰を持って そのことばに徹底的に従う信徒だけが背教することなく、主に従っていくことができます。


そして そのような教会に主の力が現れます。




②悪に加担せず、それに染まらない教会



【ヨハネの黙示録2章2節】

「わたしは、あなたの行いとあなたの労苦と忍耐を知っている。また、あなたが、悪い者たちをがまんすることができず、使徒と自称しているが 実はそうでない者たちをためして、その偽りを見抜いたことも知っている。

教会の中に入ってくる悪とは どのような悪でしょうか?

みことばに反する異端の教えは偽りであり、それは偶像崇拝の罪を犯させます。
間違えた教えは“悪”です。人を惑わします。


実際にペルガモ教会には、バラムの教え、ニコライ派の教えがありました。
またテアテラ教会にはイゼベルという偽預言者がいて、真理から離れて偶像崇拝を行いました。

それだけではなく、倫理的、道徳的にも さまざまな罪が教会に入ってきて、それをそのまま受け入れ 悔い改めもしない教会は悪を行う教会です。

教会が同性愛を認めたり、この世と同じ基準ならば主が喜びません。


神様が罪と言うものを罪と認めて悔い改める教会、悪と言うものを悪と認め、それらを教会から取り除く姿が 主が喜ぶ教会です。


人の顔色をうかがう教会は危険です。

罪や悪に対して、それを指摘することなく 悔い改めるようにも言わない教会は必ず神様に裁かれます。
なぜならその教会はすでにサタンが支配してあるからです。

神が喜ぶ教会は、罪と悪を憎み、そこから離れる教会です。




③よく忍耐し、怠けない教会



【ヨハネの黙示録2章3節】

あなたはよく忍耐して、わたしの名のために耐え忍び、疲れたことがなかった。

教会の内部では 間違えた教えと戦い、外部から来る迫害と戦って、主の名のために耐え忍ぶことは主が喜ぶ姿です。

サタンはあらゆる手段を使って教会を倒し、信徒たちが信仰から離れることを狙っています。

ですから教会には偽物を本物のように見せかけて送ります。
そして教会の中に間違えた教えを流して乱そうとします。


また、教会に対する迫害も色々ありますが、その時に見て見ぬふりをすることや、そこから逃げることは消極的な態度です。

そうではなく、間違えた教えに対抗するために みことばを熱心に学んで、その間違えた教えを見抜いて惑わされないようにし、迫害の中でも信仰を守っていくのが、よく忍耐して怠けない教会の姿です。


終わりの時代にはますます信仰生活が難しくなっていきます。

積極的に信仰生活をしていかないと、すぐに疲れて忍耐も出来ませんし 信仰生活も出来ません。




④苦難にも耐え最後まで忠実な教会



【ヨハネの黙示録2章9-10節】

「わたしは、あなたの苦しみと貧しさとを知っている。 ―― しかしあなたは実際は富んでいる ―― またユダヤ人だと自称しているが、実はそうでなく、かえってサタンの会衆である人たちから、ののしられていることも知っている。

あなたが受けようとしている苦しみを恐れてはいけない。見よ。悪魔はあなたがたをためすために、あなたがたのうちのある人たちを牢に投げ入れようとしている。あなたがたは十日の間苦しみを受ける。死に至るまで忠実でありなさい。そうすれば、わたしはあなたにいのちの冠を与えよう。

キリスト教の歴史の中で迫害がなかった時代はありませんでした。

自分の国にはなくても どこかで必ず迫害が起こっています。
そして、それが いつ どこで起こるかは誰にも分かりません。

今の時代はイスラム教が強い地域ではどこでも迫害が起こっています。


シリアでは今も多くのクリスチャンが殺されていますし、アフリカでもパキスタンやインドでも教会や信徒たちが苦しめられています。
日本にもその歴史があり、これからは世界中で迫害が起こる時代が来ます。

その中で勝利する教会は苦難にも耐え、最後まで主に対して忠実な教会です。
恐れ退くならば主は喜ばないと語りました。


イエス様や弟子たち、初代教会の信徒たち、今もシリアやイラクで苦難の中で信仰を守り殉教する多くのクリスチャンがいます。主に対して忠実な姿です。

その反面、苦難を嫌い、世の富と人気と世の教えに寄っている世俗化したラオデキヤ教会のような大教会も世の中にはたくさんあります。


どこを選ぶかは あなたの選択です。
自分を喜ばせるか、主を喜ばせるかを選ばなければなりません。




⑤愛と奉仕があり、すべての面で成長する教会



【ヨハネの黙示録2章19節】

「わたしは、あなたの行いとあなたの愛と信仰と奉仕と忍耐を知っており、また、あなたの近ごろの行いが初めの行いにまさっていることも知っている。

行いが伴わない教理だけの信仰は不完全でありますが、教理をないがしろにしたまま 行いだけが熱心であるのも それも不完全です。

一番の理想は「信仰と愛と希望。信仰と行い」を調和させていくことです。


【Ⅰヨハネ3章18節】

子どもたちよ。私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行いと真実をもって愛そうではありませんか。

さらに大きな信仰、熱い愛、熱心な奉仕、そして深い希望を持って主に仕え、人に仕えていくならば、ますます成長して豊かな実を結ぶ教会になります。


教会を良くしていくのは私と皆さんです。
外部の人たちが この教会を良くしていくのではないです。

主が喜ぶ教会にしていくために、私たちが自覚して みことばに従って励む時に主が助けてくださいます。

主が喜ぶ教会を 生涯かけて目指していきたいです。
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

2015.3.1
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

アメリカ神学校で 神様の訓練がスタートしたヒョノちゃんのブログです。
ヒョノのブログ

毎週日曜日の八戸ノ里キリスト教会のご馳走です!
主の食卓のブログ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(^^) からし種 に投票してね
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ