からし種の信仰と成長↗

東大阪市・八戸ノ里キリスト教会の毎週日曜日の礼拝メッセージです。 「聖書は難しくて意味がわからない」というイメージが強いです。だけど、真理を正しく説いてくれるので心にグサグサと刺さります。涙も大量に流れます。だけど、それが神様の恵みなんですヨ~★

八戸ノ里キリスト教会より メルマガ配信中!

メルマガ購読・解除

読者購読規約
毎朝7時に配信しています! 1日の始まりを神様の恵みで満たしてくださいね
powered by まぐまぐ!
 
         

使徒の働き29章は 私たちの働き

テーマは 『 使徒の働き29章は 私たちの働き 』 です

【使徒の働き28章31節】

大胆に、少しも妨げられることなく、神の国を宣べ伝え、主イエス・キリストのことを教えた。

本文のことばは、パウロの働きが書かれてあります。

彼は、訪ねて来る人たちを みな迎えて朝から晩まで語り続けました。


パウロは主に出会ってから伝道を始め、死ぬまで伝道のために いのちをささげました。


使徒の働きは 主の復活の後に 弟子たちが聖霊を受けて、イエス様から受けた命令に従って 人々に福音を伝えていく姿が記録されてあります。



どのようなことがあったのかを学びたいと思います。


使徒の働きは、聖霊を受けた使徒たちの 新しい働きから始まりました。


ペテロが他の弟子たちと立ち上がって、民に向かって初めてのメッセージを伝えたことで新しい時代が始まりました。

使徒の働きの時代です。


ペテロは大胆に福音を語りました。

キリストが救い主であり、メシヤであることを伝えました。


それによって何が起こったでしょうか?




最初の悔い改めが起こる




福音を聞いた人々は、使徒たちに次のように聞きました。


【使徒の働き2章37節】

「私たちはどうしたらよいでしょうか」

それに対して、使徒たちは このように答えました。


【使徒の働き2章38節】

「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。

そのことばを受け入れた者はバプテスマを受けました。

その数が三千人でした。彼らは弟子に加えられました。




最初の奇跡は3章に




生まれつき足のなえた人が、ペテロとヨハネによって完全に癒され、その人は歩くことが出来ました。


癒しの奇跡のためにペテロはこのように言いました。


【使徒の働き3章6節】

「金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう。ナザレのイエス・キリストの名によって歩きなさい。」



最初の迫害




最初の迫害は、大勢の人が信じることで危機感を感じた祭司たち、宮の守衛長、サドカイ人によって起こりました。

彼らは 使徒たちにこのように言いました。


【使徒の働き4章18節】

「いっさいイエスの名によって語ったり教えたりしてはならない。

このように厳しく命じました。




最初の執事たち




最初の執事たちが選ばれました。


信じる者が増えることで、問題も色々起こりました。

それらの問題を解決し、教会の働きをするための働き人たちが任命されました。


その時に、使徒たちは このように言いました。


【使徒の働き6章4節】

私たちは、もっぱら祈りとみことばの奉仕に励むことにします。」



最初の殉教者




最初の殉教者が出ました。


7人の執事の1人である聖霊と知恵と恵みと力に満ちたステパノが、敵意と妬みを持っていた人たちが投げた石に殺されました。


死んでいくステパノはこのように祈りました。


【使徒の働き7章59、60節】

「主イエスよ。私の霊をお受けください。

主よ。この罪を彼らに負わせないでください。



最初の異邦人の回心




神様は わざわざペテロに幻を見せて、彼を百人隊長コルネリオの家に遣わしました。


ペテロはそこで福音を語り、集まった異邦人たちが聖霊を受け、救われました。




最初の使徒の殉教者




使徒の中でも最初の殉教者が出ました。

ヘロデ王がヤコブを剣で殺しました。


しばらく立たないうちに 神がヘロデ王を打ったので、彼は虫にかまれて死にました。




宣教に対する最初の召命




アンテオケの教会で、パウロとバルナバが神の命令によって 異邦人宣教のために召命を受けました。


彼らは異邦人宣教のために すぐに出かけました。

このようにして福音は、エルサレムから全世界に広がるようになりました。


弟子が弟子を作り、彼らが福音を伝えることで、今も使徒の働きは続いています。

神の弟子たちへの使命です。


【マルコの福音書16章15節】

「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。

そこで彼らは出て行って、至る所で福音を宣べ伝えました。

主は彼らと共に働き、みことばに伴う しるしをもって、みことばを確かなものとされました。



私たちが弟子たちのように福音を伝えていく時に、主は 今も共に働いて下さいます。


使徒の働き29章は、実際に聖書にはないですが、使命を受けた私たち1人1人の働きが書かれなければなりません。

そして、その29章は、主の再臨の時まで続きます。


再臨の後は主の裁きの時ですから、その時は救いのチャンスはありません。


神は、私たちの働きによって一人でも多くの人が救われることを願い、また神の国が広がることを願っておられます。


アーメン (・∀・)

2018.7.1
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会



~ お知らせ ~

からし種の信仰と成長:ブログランキング
人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)

多くの人に読んでもらえる可能性があるので
皆さんのクリックが、福音伝道に繋がります☆


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

みことばがあふれています!
八戸ノ里キリスト教会ホームページ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

神に願った二つの事

テーマは 『 神に願った二つの事 』 です

【箴言30章7-9節】

二つのことをあなたにお願いします。私が死なないうちに、それをかなえてください。

不真実と偽りとを私から遠ざけてください。貧しさも富も私に与えず、ただ、私に定められた分の食物で私を養ってください。

私が食べ飽きて、あなたを否み、「主とはだれだ」と言わないために。また、私が貧しくて、盗みをし、私の神の御名を汚すことのないために。

貴重な真理を学ぶためには、神のことばを聞くことが一番です。

次に、神と深い交わりをした信仰の人々の姿勢から学ぶことです。


本文はアグルの祈りですが、祈りの内容から神への信仰の姿勢を学ぶことが出来ます。

アグルが願った二つのことで、私たちは真理を学ぶことが出来ます。



神のみこころにふさわしく生きることを願う




それは物質的なものよりは、精神的なものに より大きな価値を置いていることがわかります。


【箴言30章8節】

不真実と偽りとを私から遠ざけてください。

このように願いました。

不真実と偽りは、永遠に価値のないものを求めて生きる時に出て来るものです。


むなしい心で生きると、人間は不真実な者になりますし、自分の利益ばかり求めると 相手に嘘をつきます。


それによって罪が生まれ、神の御心にふさわしく生きることが出来ないです。


神を自分の主人として いつも思って生きる人は、神のみこころにふさわしく生きることを第一に求めます。




神を敬い、神に栄光をささげる人生を願う




【箴言30章8-9節】

貧しさも富も私に与えず、ただ、私に定められた分の食物で私を養ってください。

私が食べ飽きて、あなたを否み、「主とはだれだ」と言わないために。また、私が貧しくて、盗みをし、私の神の御名を汚すことのないために。

アグルは、富と貧しさから来る誘惑とつまずき、危険性を知っていましたので、それに自分か引っかかることがないように祈りました。


富を得ることは悪いことではないですが、誘惑と危険性がたくさんあります。



まずは物質の豊かさによって高慢になりやすく、自分に恵みを与えた神を忘れやすいです。


すでにこの危険性に対して神は警告しました。


【申命記8章12-14節】

あなたが食べて満ち足り、りっぱな家を建てて住み、

あなたの牛や羊の群れがふえ、金銀が増し、あなたの所有物がみな増し加わり、

あなたの心が高ぶり、あなたの神、主を忘れる、そういうことがないように。

【申命記8章17節】

あなたは心のうちで、「この私の力、私の手の力が、この富を築き上げたのだ」と言わないように気をつけなさい。

豊かになると過去の苦しかったことを忘れて 高慢になりやすいですし、小さいことへの感謝も忘れてしまいます。






また貧しい者は、貧しさのために他人を騙したり盗んだりして罪を犯し、罰を受けて神の御名を汚すことがあります。

または貧しさのために神につぶやき、つまずいたりすることもあります。


貧しさの中でずっと生きると、神に敵対する人々から嘲られることがあります。


ですから、日々の糧が与えられるように神に祈ることです。


また貧しい生活の中で落胆して悲しい顔つきで生きるのではなく、希望をもって熱心に働いて立ち上がるように努力も必要です。



アグルはこれらのことを知っていたので、富や貧しさで神を敬い、神に栄光をささげる生活に支障が出ないように神に願いました。


富と貧しさによって神を忘れることもあれば、信仰生活がなまぬるくなる傾向もあります。


ですから私たちも、アグルがそれらを警戒して神に願ったように 自分たちも警戒し、神に願うことが必要です。


人間は環境の支配を受ける存在です。

環境の変化によって腐敗し堕落し、罪を犯し、高慢になり、神を忘れることは いくらでも起こります。


ですから、いつも神が喜ぶことが何かを考え、御心にふさわしく生きることを心掛けなければなりません。
(*゚∀゚)っ


2018.6.24
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会



~ お知らせ ~

からし種の信仰と成長:ブログランキング
人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)

多くの人に読んでもらえる可能性があるので
皆さんのクリックが、福音伝道に繋がります☆


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

みことばがあふれています!
八戸ノ里キリスト教会ホームページ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

毎日、テーマに沿って学ぶことができます!
bible66のブログ

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

聖書を理解しやすい訳で!
みことばサプリ

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

プロフィール

ヤエクリ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(^^) からし種 に投票してね
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ