からし種の信仰と成長↗

東大阪市・八戸ノ里キリスト教会の毎週日曜日の礼拝メッセージです。 「聖書は難しくて意味がわからない」というイメージが強いです。だけど、真理を正しく説いてくれるので心にグサグサと刺さります。涙も大量に流れます。だけど、それが神様の恵みなんですヨ~★

八戸ノ里キリスト教会より メルマガ配信中!

メルマガ購読・解除

読者購読規約
毎朝7時に配信しています! 1日の始まりを神様の恵みで満たしてくださいね
powered by まぐまぐ!
 
         

みことばを聞く態度

テーマは『みことばを聞く態度』です。

【エゼキエル書33章30-33節】

聞く態度がそれぞれ違います。聞く耳で聞く人もいれば、そうではない人もいます。
牧師が前で語ると、(その人が)どんな態度で聞いているのか、大体分かります。
真剣に聞いている人もいれば、思いが違うところにある人もいます。

私たちは見て信じるものではないです。神の言葉を聞いて、信仰によって受け止めるならば
それによって救われることであります。
このように聞く事がとても大切です。

【エゼキエル書33章1-3節】

エゼキエルが見張り人としての使命を受けました。民たちに警告を送らなければなりません。
まず伝える人が耳を開かなければならないです。教会の中では牧師がその役割をします。
魂を預かり見守る責任があります。

もしその魂が間違えた事をするなら、主の声を聞いて語る使命があります。
この働きをまともにしないならば見張り人が責任を負います。

罪を犯すと自分の罪で死にますが、もしその者に警告を与えないならば、
それの責任を見張り人が問われ、その罪によって死ぬことになります。
そこにいる民達の態度によって、見張り人自身が堕落する場合があります。

クリスチャンがみことばを聞く姿勢のことをどうなのかと神様が語ってあります。

色んな聞く姿勢がありますが、間違った態度のことを示します。

― 自分の耳に良い言葉だけを聞く ―

聞きたくない言葉は「聞かない」です。

【Ⅱテモテ4章3節】

「私たちを喜ばせる言葉だけを聞きたい。」「何か面白い話を聞きたい。」「気持ちの良い言葉を聞きたい。」
「警告の言葉なんか聞きたくない。」「肉に死になさいという言葉は聞きたくない。」
「心刺される言葉は聞きたくない。」

(それで伝える側は)本当の意味で神様の計画の言葉を語らない。神様が語りなさいという言葉は語らない。
そうなると、うまくこの世と妥協した言葉「恵みです。」「平和です。」「何をしても大丈夫です。」
「世の終わりが来ても、あなたがたは滅ぼされることがないです。」
これらは私たちにはとても耳に良い言葉です。何一つ自分の肉体を刺さない言葉です。

【エレミヤ書5章31節】

語るべき言葉を語らない。その人達だけが喜ぶ言葉を語る。
民はそれを喜びますが、その後、神様の裁きが下った時に「あなたたちはその時どうするんだ?」という
警告の言葉であります。

これは本当に私たちが気を付けなければならない態度であります。真理を聞きたくないという言葉です。
本気で真理を聞くと心が刺されます。

【ヨハネ8章45節】

偽りや冗談はよく信じますが、真理が語られると パッ!と耳を閉ざします。
真理が道であり、その道から離れることになるので天の御国に入れないということであります。


― 高慢な思いで聞く態度 ―

【エゼキエル書33章23-27節】

この言葉を今のクリスチャンの姿に当てはめると、「私はイエス様を信じているし、教会に行っているし、
みことばを聞いているし、祈りもしているし、献金を捧げているし、これもして、あれもして、
そして信じたら必ず救われて天国へ行くと語ってあるから大丈夫。」

このような発想を持っている牧師も多いです。

これは神様は高慢だと言われます。アブラハムの場合は信仰がありました。献身的な従順がありました。
確かにあなたたちはアブラハムの子孫には間違いがないですが、アブラハムのような信仰もない。
アブラハムにある従順もない。
そのようなことが一切ないのに、アブラハムの子孫だという理由だけで(天国へ)行けるのか?
これほど高慢なものはないです。

【ルカ16章27-31節】

地上で豊かな生活をしていたので、そのまま天国でも豊かな生活をすると思ったら地獄へ堕ちました。
ただ、形式的に続けていたから天国へ入れるというのは高慢な態度であります。

― 神様に対する知識がないと、みことばを正しく聞くことができない ―

【ホセア書4章6節】

神様に対して正しく知らないと、私たちが神様の言葉を聞いても反応ができません。
預言者を通した言葉でも、耳では聞いていても何も悟りがないので心の中に落ちることがありません。
私たちは言葉を悟らないと、行動ができません。
たくさん(言葉を)聞いたから、信仰があるということではないです。

普段から聖書を読んで知識がないと、みことばが素通りしていきます。
「以前、このみことばですごく恵まれた」とか「知らない言葉であるから、今度よく調べよう」というのは
正しく聞く者でありますが、「いや、知らないわ」と、それで終わってしまう、神様を知ろうとしない人は
滅びるという言葉が聖書に出てきます。

神様の言葉は、自分が知らないことがたくさんあるので「聞くんだ」「もっともっと悟りたい」という思いでない
といけません。

― パリサイ人のような態度で聞く態度 ―

【マタイ23章2節】

自分達は一切神様の言葉を聞かないで、神学博士のように研究するだけです。
それも個人的な解釈を入れて、それが間違えているかどうかは関係がないです。

なぜ、聞かないのでしょうか? ――「私は知っている。」
「私は義人である。私が言う言葉は罪人たちが聞く言葉である。
罪人たちが聞いて、自分達の罪を悔い改めて立ち返らなければならない。
私は義人であるから、(神様の言葉を)聞く必要がない。」

これは教会の中でも多くいます。「私はその言葉をもう知っているから。あの者より私はマシである。
この言葉を聞かなければならないのは、あの者であり、私ではない。」
これはパリサイ人の心であります。

自分達が罪人だという感覚がないです。

【マタイ23章29-33節】

クリスチャンも地獄へ行くという言葉はこのみことばからあります。

 
【エゼキエル書33章33節】

神様がいつも語る言葉は悔い改めることであります。
警告の言葉を与えても、神様がすぐに裁かない理由が1つあります。
それは悔い改めさせるためです。悔い改めて態度を変えて立ち返るならば、神様は(裁きを)行いません。
警告の言葉は神様の愛であります。 神様が語らないのは2つあります。
1つは、よくやっているから言う必要がないのと、もう1つは、悔い改めるチャンスを全て逃したので、
神様が黙って裁きを下すためです。
後者になると、本当に怖い事です。

古い人間のままではなく、新しい心で神様のことばを聞かなければならないです。

ある時から神様が「祈る必要がない。わたしは必ず討つ。」と語ったら(金ヘス牧師は)祈らなくなります。
その人自身が悔い改めるチャンスを逃してしまうと、神様の言葉がそのまま起こるので
「主よ、みこころのままにしてください。」となります。
なぜなら神様の方が権威がるので、いくらとりなしをしていても神様は聞いてくださらなく、ある者は死に、
ある者は病気になります。
神様が「祈るな」と語っても、続けてとりなし祈るなら神様は本気で怒ります。
「あの人のことより、おまえ(牧師)がわたしの言葉に従わないのか」になります。
たとえその人が「助けてください」と求めてきても祈ることができなくなります。

【ヨハネの黙示録2章20-23節】

神様は憐み深く忍耐強く待ってくださいますが、私たちが悔い改めの時を無駄にしてしまうならば、
後がないということであります。

神様が語った言葉通りになるので、私たちは本当に気を付けなければいけないです。

私たちに一番大切なものは、神のみことばに自分が屈服することであります。
「私はその通りに従います。」その言葉通りに自分を変えていくことが、これが本当のクリスチャンであります。

そして神様の言葉を聞いた時は、人間の言葉として聞くのではなく、神様を意識して「主が私に語る言葉なんだ」
と恐れの思いをもって耳を傾けなければならないです。

【ヨハネの黙示録3章3節】

力がなくても聞く姿勢があり、言葉通りに守り、信仰を守り通した。
これが私たちに神様が求める姿であります。

従順のない信仰は、信仰ではないです。死んだ信仰であります。
心が聖くなければ天国に入ることはできないです。クリスチャンの名前だけで入れることはできないことを
気付かなければならないです。

<今週の目標>

【自分は今までどんな耳をもって聞く態度だったのか。
反省する時間にしてください。自分の姿をよく観察して
自分はどの部分に当てはまるのか。そのようにしないと
変わらないので、耳を変えるための時間を1週間もってください。】

2012.8.5
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■


本当に滅ぼすならば、神様は語らないです。

報いを期待する

テーマは『 報いを期待する 』です

【Ⅱテモテ2章3-7節】

最近はオリンピックの特集がありますが、そこで選手たちの姿が出てきます。(※2012.7.22現在)
参加する全員がメダルを取るのが目的です。朝から晩まで極限の状態になるまで訓練を受けています。
緊張感もある中、4年毎の大会のためにそれを狙って彼らが練習をします。
自分が一生懸命練習した報いを受け、良いものをたくさん受けることができます。

クリスチャンも同じ姿だと言っています。

――  兵 士  ――

韓国の若い男の人たちは軍隊に入隊します。それは逃げることができないです。
学生であっても、お金を稼いでいた人でも2年間は、家族、友達、知り合いから離れなければならないです。
親が亡くなったとしても、行くことができません。体調が悪くても言い訳が通らないです。
1秒でも遅れると全体に責任が負わされます。入隊が1日違うだけで、年齢関係なく早い方が上になります。
完全に命令に従順であります。軍隊とはそういうものです。

私たち、クリスチャンは誰に召されたでしょうか? イエス・キリストです。
イエス様がある意味でトップの司令官であります。その命令に従わないことは命取りになります。
軍隊ならば、命令に従わなければ殺しても良いことになってあります。

軍隊に入るまでは、自分のために生きていた者が、入った後は、優先順位が「国」に変わります。
「国のためには命を棄てます」となり、「恐くて行けない」とは言えません。
そこで死ぬのがわかっていても「行きなさい」と言われたら行くのが「兵士」であります。

私たちも、自分を呼んでくださった方を喜ばせなければならないです。
神様の命令に不従順して、自分がやりたいことをするならば(神様から)追い出されていきます。

追い出されると、自分が餌食になります。
ですから「キリストの兵士である認識を持ちなさい」とおっしゃられます。
自分達が今まで持っていた、いらない物を捨てる訓練が必要になります。

私たちが厳しい訓練を通ると、神様が認めてくださいます。そしてその者たちを喜んで祝福します。
神様には祝福が必ずあります。

――  選 手  ――

選手は皆、勝利を願います。選手になるものは遊びではないです。趣味ではなく、
選手ということは、必ず結果を出さなければならないです。
訓練を受ける理由は「勝ちたい」ということで、勝ってその勝利を得て喜びたい。
しかし、訓練を受けずに選手生活はできないです。

クリスチャンは実際にそこで走る選手であります。勝利を願って走らなければならないです。
しかし、ただ熱心に走れば良いかというと、そうではありません。
運動の選手であれば、そのルールがあります。それに反すればメダルを取った後でも取り上げられます。
時々ルールが変わることがありますので、それをしっかり理解しなければならないです。
ですので、(クリスチャンも)正しく戦わなければならないです。

神様が私たちに訓練をさせるのも、みことばを色々与えるのも、これは規則であります。
「この規則通りにしなさい」ということです。

選手は知識だけでは戦えないです。実際に身体を動かしてみないと訓練にならないことであります。
競技をしている間は、100%そこに全ての想いと力と精神を注がないと、力が出て来ないです。
もし力を出し切れなければ、負けた時に後悔が残ります。

クリスチャンはとても不思議なもので、
自分が神様から祝福されたい、変わりたい、勝利したいと願いながらも、願いは強いですが、努力をしないです。

このようにしたら祝福され、変わり、勝利されると神様が語る言葉がありますが、
「しんどい、難しい」。このような言葉を聞きます。言い訳をして何もしないです。
訓練というものをとても嫌います。だから何も得られません。

兵士、選手、農夫の姿を見なさい、と。彼らは願いが強いだけではなく、努力をしているのです。
そして戦っています。
だけど、あなたたちは願いが強いだけで、肉体が弱いと言ってすぐに逃げ込みます。
口を開いて、(恵みが)落ちてくることを待ちますが、何も落ちてこないです。

神様だったら誰に恵みを与えると思いますか?
願いが強く、それの為に一生懸命努力する人に、神様は当たり前のように与えます。
その人が本気だからです。
本気とは、集中することであります。そこに全てを注ぎます。

目、時間、能力を注ぎ、それだけをします。そうすると報いがあります。

ですが、努力をしない、忍耐をしない、願いだけが一人前。
「あの人は良いな。何であの人ばかり受けているのか。私は無いな」と、
でもその人はそれだけ努力をして訓練を受け、そして神様のルールを守るから栄光を受けます。

神様は私たちに栄光を与えたいと願っています。神様はただ、奴隷のように働かせるのではないです。
私たちは子どもです。良くなって欲しいと思っていますが、しかし、甘やかすことはしないです。
一人前になって欲しいと願っておられます。 

――  農 夫  ――

ただの農夫ではなく、労苦をした農夫です。
神様は、クリスチャンは農夫である、と語りました。
キリストを信じる農夫が収穫の喜びを味わって欲しいと願っておられます。
この農夫の姿で感じることは「勤勉」であります。毎日、毎日 早い時間に畑に出ていきます。
そこで暑くても種を蒔き、雑草を抜きます。
多くの労苦が必要であります。ですが、そこで実を収穫する喜びがあるので、それが出来ます。
豊かな収穫を得るために、毎日汗を流しながら農夫は働きます。

神様はタダで報いを与えることはしません。「あなたの畑はどうなっているのか?」
「あなたは選手としてどういう働きをしたのか?」、「あなたは兵士としてどういう戦いをしたのか?」
「農夫として勤勉に何を蒔いたのか?」

【Ⅱテモテ2章9-10節】

自分をそこに投資をした「献身」であります。献身は、言葉での献身ではないです。
自分自身の人生をそこに完全に捧げた姿です。
神学校に行くのが献身ではないです。学びをするために行くことであって、
自分を捧げたことにはならないです。

神学校へ行かなくても、自分自身を神様の兵士として、選手として、農夫として全部捧げるなら、
それが献身になります。

もう1つ必要なものがあります。「忍耐」であります。
兵士も選手も農夫も 忍耐がないとできません。楽な道は1つもないです。ある意味休みがないです。
その人達は必ず栄光・収穫を受けます。そして自分の人生が成功していきます。
神様が認めてくださり、喜んでくださいます。ですから、報いがあるからこそ、忍耐ができるのです。
得るものがあるから投資することができます。

神様が、報いを期待しながら自分自身をそこに献身し、そして収穫の時まで忍耐しなさい。と語ります。

1回しかない人生を後悔しない。キリストに選ばれた者がキリストを喜ばせないと報いがないです。
「立派な兵士にしてください。」 「立派な選手にしてください。」 「たくさんの収穫を得る農夫にしてください。」
その思いで立つことであります。 (⌒-⌒)

<今週の目標>

【私はキリストの兵士としてどうやって生きてきたのか?
私は選手としてどうだったのか?私は農夫としてどうたったのか?1つ1つの項目に
 自分を当てはめて振り返ってみる時間にする。そしてどういう風に自分を変えていくのか?
(考えて決めたならば、あとは行動だけです。)】

2012.7.22
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

プロフィール

ヤエクリ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(^^) からし種 に投票してね
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ