からし種の信仰と成長↗

東大阪市・八戸ノ里キリスト教会の毎週日曜日の礼拝メッセージです。 「聖書は難しくて意味がわからない」というイメージが強いです。だけど、真理を正しく説いてくれるので心にグサグサと刺さります。涙も大量に流れます。だけど、それが神様の恵みなんですヨ~★

八戸ノ里キリスト教会より メルマガ配信中!

メルマガ購読・解除

読者購読規約
毎朝7時に配信しています! 1日の始まりを神様の恵みで満たしてくださいね
powered by まぐまぐ!
 
         

聖餐式とは?

テーマは『 聖餐式について 』です

【ルカの福音書22章7-30節】

私たちは毎月 聖餐式がありますが、感動があるでしょうか? それは儀式的ではないですか?

神様の身体であるパンと、ぶどう酒を飲んで食べたら「聖餐式は終わった。来月にまたある」と
そのような思いで感動も臨在も感じることもなく、(聖餐式の)深い意味も知らないで1つの儀式として
行ってきた部分がすごくあると思います。

聖書箇所の場面は、イエス様と弟子たちの最後の晩餐であります。
今、私たちが聖餐式で受けているような小さな杯にブドウ酒、小さなパンではなく、
初代教会の時代は食事でした。それが聖餐式でありました。

最後の晩餐の時の背景を見てみると、過越しの祭りの時でした。

過越しの祭りとは?
イスラエルの民たちが奴隷としてエジプトで430年間もいました。
彼らがエジプトから出てくる時に、最後に神様がその場で災いを下して神様の力を見せつけました。
そして神様がイスラエルの民たちをそこから解放していく時に、最後の晩に「帯をしっかり締めて、服を着て
エジプトから出る準備をしなさい。」と語り、その時に神様が教えてくださったのが、
「羊をほふりなさい。そしてそこから出てくる血を全部(門)構えのところに塗りなさい。
その血を見て、血が塗られていない門の初子(家畜も含む)を全て殺し、あなたたちをこの国から解放するんだ。」と、先に語ってくださいました。
それを聞いた民たちは羊をほふり、門に血を塗りました。
その時に死の霊がその血を見て、そのまま通り過ぎたので、過越しの祭りになりました。


その時に犠牲になっているのが、子羊であります。最後の晩餐、それが過越しの食事の時であります。

イエス様ご自身が過越しの祭りの子羊のように ほふられるんだということをイエス様が語っておられます。
「わたしのからだ、わたしの血」ということは、「わたしがその時の子羊のように、わたし自身も
十字架にかかってこういうふうになるんだ」とイエス様が示されました。

弟子たちが過越しの祭りの為に、何かをしたというものはありませんでした。
イエス様ご自身が全部準備をしました。それも不思議な方法でした。

場所など自分でシナリオを書いたのではなく、全知全能の神様でありますので
全てわかっておられます。(イエス様が言われた通りに全てが進み)弟子たちと一緒に行って座りました。
これが最後の晩餐であります。


私たちが聖餐の意味を知る為に、
最後の晩餐の時に何があったのかを知らなければならないです。

【ルカの福音書22章21-22節】

裏切る者、これはイスカリオテのユダだけではないです。全ての者がイエス様に対して裏切りの罪を
行っているのです。それまで一緒だった人が、簡単に裏切る。簡単に約束を破る。簡単に離れて行く。

私たちは聖餐の時に、そのメッセージを思い出さなければならないです。
『 私はイエス様を裏切っていないのか? 』
私はそこに参加していたからOKということではないです。心が離れているということは裏切ることであります。

【ルカの福音書22章34節】

聖餐を受ける時に、「私は日々の生活の中でイエス様を知らないとは言っていないかな」
「否定する行為を私はしているか、していないか?」を確認しなければならないです。


神様が語る新しい契約とは、人間と人間の契約ではないです。
人間同士の契約は変更されることもたくさんあり、守られないこともとても多いですが、
イエス様が人間に与えた契約は勝手に変えることはなさらないです。
それは必ず守られる契約であるとイエス様は語っておられます。

新しい契約ということは、イエス様が十字架に架かって血を流すことによって立てられる計画でありますので、
この計画を私たちは覚えておかなければならないです。
聖餐式の時に「イエス様が私の為に、自分が犯した罪の代価を払ってくださった」ということを
思い出さなければならないです。自分達が良い事をしたから救われたということではないです。

私たちは何もしていないのに、イエス様が十字架に架かって一方的に私たちを罪から贖ってくださいました。
イエス様は私たちの命の恩人であります。それがなければ永遠の死でした。

【Ⅰコリント11章26節】(聖餐式の際に読まれる聖書箇所です)

私たちには主の死を告げ知らせる義務があります。
聖餐を受ける時には、「私はイエス様の言葉通りに、イエス様を人々に伝えているのか?」と
考えなければならないです。自分だけ受けて終わりではないです。


なぜこのことを最後の晩餐の時に告げたのでしょうか?

イエス様は離れていきますので何か弟子たちに残したかったです。
弟子たちは誰も気付かず、これが最後の食事になるとは思っていなかったです。
弟子たちは全然違うことを考えていました。「この中で誰が一番偉いのか?」ということを議論していました。

イエス様がいくら十字架のことを語っても、関心が違うので全く耳に入っていないです。

イエス様は「こんな者たちが、わたしが去った後(人々に)福音を宣べ伝えることができるだろうか」
そういう意味でイエス様はいつまでも覚えられるように最後の晩餐の時にそれを語りました。

【Ⅰコリント11章20-21節】

今は教会で食事をしないところも多いですが、食事をするのが初代教会の姿でありました。
ただ空腹であるから食事をするのではなく、主を信じる者が一緒に食事をすることは、
最後の晩餐のことをいつも思い出しなさいということです。

そこでイエス様が語ったメッセージを思い出しなさいということであります。

ただ食べることに必死になるなら、それは動物的欲求だけで終わってしまうことです。
それは意味のない食事になります。

これから私たちが教会で聖餐を行う時には、いつも自分に質問をすることであります。

  • 私は日々の生活の中で、イエス様を裏切っていないのか
  • イエス様を知らないと認めないで今生きているのではないのか
  • ずっとイエス様の十字架の死を人々に伝えているのか、いないのか


それを確認する時間でもあります。
思い出しなさいと神様が語っていますので、 私たちは主が語った通りに覚えて実際の生活の中ですることです。
それが聖餐の意味を知っている姿です。 (。・ω・)ノ゙

もしその通りに出来ていなかったならば悔い改めて、主のメッセージ通りに私たちが生きる必要があります。

今年はその意味をはっきり知って、聖餐式を行う時には自分の中でそのメッセージを思い出して質問してください。

2013.1.6
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

信じなさい

テーマは『信じなさい』です

【ヨハネ20章31節】

「私は神様を信じています。」と言っても、そのような姿が見えない時があります。
信じることは、ある意味簡単なことですが、ある意味ではとても難しいものです。

クリスチャンの心の中に、信仰よりも不信仰が多い姿がすごくあります。
イエス様が神だと書かれているのはヨハネの福音書なので、(もし自分の内に熱いものが感じられなければ)
ヨハネの福音書を読んでください。

自分が信じる神様がどんな方であるのか、それをきちんと知らなければならないです。
信仰が弱いと思う時は、神様のことを知らなさすぎるからです。

信仰は自分で選ぶことです。

【ヨハネ10章37-39節】

統一教会の故・文鮮明は莫大なお金を使い、策略がすごいです。異端の人はずる賢いです。
自分のことをメシヤと言っていますが、彼は奇跡を行うことは1つもできないです。
全てお金の力に頼っています。
多くの異端は、口では言いますが、それを裏付けるもの・人々を信用させるものがないです。

イエス様はお金を使って何かをしたということが1度もないです。
ですからイエス様が行った技を見て、信用しなさい(信じなさい)ということであります。

【ヨハネ1章11-12節】

神の国とは天国のことです。天国に入られなければ、全て地獄へ行きます。
残念ながら律法を持っているからといって神の国に入るのではないです。
信仰によって入る国が、神の国であります。

弘法大師は自分達の魂のために何をしましたか? ――何もしていないです。ただ仏教を伝えただけです。
仏教は人間の教えであります。倫理的には良いかも知れないです。
(悪いことをするな 良い行いをしなさい等 それを否定することではないです。)
しかしそれは救いがあることではないです。その人自身は悟りを得ていないです。
ブッダが悟りを得ていないのに、その人達が悟りを得る事はできないです。
ただただそういう者になりたくて、修業をしているだけであります。
悟りを得たいという思いで、ずっと求めるだけです。

【ヨハネ3章16-21節】

2つの道があります。御子が現れて、信じるか信じないか。それは自由であります。
しかし結果は自分で選ぶことはできないです。
結果は、選んだ瞬間に決まってしまいます。
いのちを選ぶならば、自分は裁かれないでいのちを得ます。
でも信じないならば、もう既に裁かれています。

【ヨハネ3章36節】

イエスキリストは私たちに永遠のいのちを持って欲しいと願っています。これは神様のみこころです。
これは救いの道を与えたことであります。

【ヨハネ5章24-29節】

救い主を信じたか、信じなかったかによって判決が決まります。
良い事をしたか、悪い事をしたかが基準ではないです。

【ヨハネ10章25-29節】

口先だけの「信じています」ではないです。主が自分の名を呼んでいる時に、
自分がその通りについているのかというのが大切なことであります。
呼んでいるのに、ついていかない。呼んでいるのに、聞く耳がない。
これは “わたしの羊に属していないんだ ”ということです。

【ヨハネ12章26節】

自分があちこちに彷徨っている者なのか、
自分の思いのままに自分が行きたいところに勝手に行って歩く者なのか、
自分がしたいことを自分の思いのまましている者なのか、それともキリストはどこへ行っているのか?と、
いつも羊飼いを追いながら、羊飼いについていくなら その人達はイエス様に属している羊であります。

自分がどんな姿であるのか――。

【ローマ10章9-13節】

信仰告白は毎日必要であります。
「今日も主よ、信じます。」「今日も聖霊様、私を導いてください。」
「聖霊様、今日も歓迎します。私の中で働いてください。」「私は今日も神様に頼ります。私を助けてください。」
「私は何もできない者です。主の力がないと何もできない弱い者です。」

毎日、羊飼いに頼って生きているその姿、それが羊であります。

教会に来るからといって1人残らず天国へ行くんだというのは聖書には書いていないです。

【ヨハネの黙示録3章1-5節】

上(天)に上げられる人数の方が少ないです。

白い服を洗わないと黒くなっていきます。以前と同じように汚れた服になります。
悔い改めないということは、洗わないことであります。
自分を打ち砕くこと、毎日寝る前には悔い改めます。

自分がいつ死ぬかわからないです。「死」は年齢に関係ないです。
(天国か地獄の道なので、)白い衣を着ていなければならないです。
私たちを弁護してくれるイエス様がいなければ天の御国には入れないです。

一番賢い人の姿は、老後のために準備をすることではないです。
永遠の世界に行く準備をすることが賢い生き方であります。 (* ̄∇ ̄*)


<今週の目標>

【自分の信仰はどんなものだったのか。名ばかりの信仰だったのか。
イエス様が語るように確信を持って信じて日々生活をしているのか。
今回の聖書個所をもう一度読んでください。
自分の信仰を生きた信仰に整えてください。
一番よく信じる人の姿は、みことばを堅く守る人、悔い改める人、目を覚ましている人。
これが、今生きている人の姿であります。自分はどうなのか、鏡のように自分の姿を照らしてみてください。】

2012.8.12
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

プロフィール

ヤエクリ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(^^) からし種 に投票してね
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ