からし種の信仰と成長↗

東大阪市・八戸ノ里キリスト教会の毎週日曜日の礼拝メッセージです。 「聖書は難しくて意味がわからない」というイメージが強いです。だけど、真理を正しく説いてくれるので心にグサグサと刺さります。涙も大量に流れます。だけど、それが神様の恵みなんですヨ~★

八戸ノ里キリスト教会より メルマガ配信中!

メルマガ購読・解除

読者購読規約
毎朝7時に配信しています! 1日の始まりを神様の恵みで満たしてくださいね
powered by まぐまぐ!
 
         

罪の悔い改めとは?

テーマは『 悔い改めとは? 』です。

【エズラ記10章1-17節】

簡単そうで、一番難しいのは「罪の悔い改め」です。

人に対して意地を張って、なかなか謝らなかったり、罪があると認めていても「私には(罪が)ないです」と言います。
神様に対しても同じく、(自分の罪を)曖昧にしたい&見せたくないのです。

私たちは心の中で、他人を批判したり裁いたりすることがありますが、
これも神様の目から見ると、罪になります。

罪から来る報酬は「死」です。ですから私たちは罪の悔い改めを本気でしなければなりません。
これをするには、強力な決意が必要です。口先だけでは悔い改めにはなりません。

どういうものが、悔い改めかというと、「実行をして、完全に罪を捨てたことを神様に見せる」ことです。

サタンは「罪を悔い改めなさい」とは言いません。甘い言葉で誘います。
悔い改めの言葉が来るのは、必ず神様からなので、自分の霊のため、魂のために罪を捨てましょう。

すぐに実行することが大事です。
身体の異変を感じても、なかなか病院へ行かなかったり、後回しにしていると、
どんどん悪い細胞が増殖していきます。
その状態になってから病院へ行くと、医者から“どうしてここまで放置していたのか?!”と言われます。

悔い改めを面倒だと思っていると、悔い改めができるチャンスの扉が閉ざされます。

地獄にいる人というのは、罪を悔い改めるチャンスを逃した人です。
地獄では悔い改めたくても、もう手遅れで悔い改めることはできません。

(信徒が地獄を見てきたので紹介します。幻と啓示・天国と地獄 教会ホームページより)

【エゼキエル18章19-32節】

悔い改めは厳しい言葉ではなく、神様の優しさであります。(*´∇`*)
私たちに生きてほしいから、天の御国へ導くために「悔い改めよ」と言ってくださっています。

「悔い改めにふさわしい実を結びなさい。」  絶対に神様を甘く見てはいけないです。
神様はどんな者に対しても「赦し」があります。
こんなに優しい方はいないです。 世の中では、一度罪を犯しただけで裁かれたりします。

木に例えると、みなさんの木の根元には斧があります。そして、悔い改めない者は斧で根元を切られます。
そうすると神様からの恵みから離されるので、祝福がなくなります。

悔い改めると、器がきれいになるので、受ける祝福が多くなります。
×甘いものは、身体には天敵です。 ○苦いものが身体には必要です。

良い指導者はまず一番初めに立ち上がります。そして悔い改めをします。
なぜなら、信徒たちの罪も指導者が請け負うからです。代わりに涙を流しながら悔い改めをします。
もし悔い改めをしなければ、共に地獄へ落ちてしまいます。

指導者だけではなく、他人の罪は、自分の罪でもあるので、兄弟愛をもって、とりなしをすることが大切です。

2011 .11.23
聖日礼拝メッセージより

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

サタンとの霊的戦い

テーマは『サタンとの霊的戦い』です。

疲れている時や、信仰が落ちている時に、サタンは狙ってきます。
このような人達が攻撃を受けて倒されやすいです。
これは人間の力では戦うことができなく、この戦いでの“最高の武器”は【祈り】です。

【出エジプト記17章8-16節】

祈りを休むとサタンが優勢になります。つまり綱引き状態です。(神様VSサタン)

  ◎モーセでさえも祈りを休むと、サタンの攻撃に遭います。
私たちが「できないから」、「やめよう」と呟くと、サタンが活発に働きます。
そうすると致命的な敗北を受けます。

 ◎神様は祈りを「休みなさい」とは言っていません。
目の前に大きな問題があり、たとえ弱くなっても祈らないと勝利できません。
霊的戦いには手を休めると負けますが、進んでいくなら必ず勝利します。(アーメン)

【Ⅰサムエル15章22-23節】

サタンに誘惑され、みことばに対し妥協させます。サタンはしつこいので
完全に断ち切れるまで戦います。

サタンは私たちを倒そうとしているのに、自分が生ぬるい信仰では勝てません。

【エステル記4章14-16節】

祈りの中でも最強は「断食祈り」です。自分の身を投げ出して必死に祈ります。

サタンは私たちを潰そうとしますが、恐れる必要はありません。

【ネヘミヤ4章1-9節】

神を恐れない人達を遣って、私たちの悪口を言ったり、働きを妨害することが
ありますが、【相手の顔をうかがってやめるなら、倒されるだけです。】

神様からの働きを喜んですることをサタンは嫌うので、働く気がある時は守られます。

放っておくことも策略です。私たちには、行くべき道がありますので
そこでサタンの誘惑に乗ると立ち止まってしまうので、分別力が必要です。
その小さな戦いで力を使ってしまうと、いざ本当の戦いの時には、力がなくなっているので
知恵をもって、相手にしないことが大切です。

サタンを潰さない限り、勝利は来ないです。

 

 ◎困った時だけ神頼みは通用しないので、絶えず祈ることをしましょう。 ( ̄∠  ̄ )ノ

2011.10.16
聖日礼拝メッセージより

八戸ノ里キリスト教会

livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキング
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ