からし種の信仰と成長↗

東大阪市・八戸ノ里キリスト教会の毎週日曜日の礼拝メッセージです。 「聖書は難しくて意味がわからない」というイメージが強いです。だけど、真理を正しく説いてくれるので心にグサグサと刺さります。涙も大量に流れます。だけど、それが神様の恵みなんですヨ~★

八戸ノ里キリスト教会より メルマガ配信中!

メルマガ購読・解除

読者購読規約
毎朝7時に配信しています! 1日の始まりを神様の恵みで満たしてくださいね
powered by まぐまぐ!
 
         

謙遜な者になるには?

テーマは『謙遜の実践』です。

【Ⅰペテロ5章5-6節】

みことばを聞いて終わるのではなく、みことばが命じることを聞いて実行して
初めて従順の実を結ぶことができ、そのみことばが自分の中で活かされていきます。

みことばは命であります。聞くだけで命になることはないです。
自分のものにして初めてそれが自分の中で命としての活動をします。

神様がここで語るのは高慢になるのではなくて、へりくだるものになりなさい。ということです。
神様は恵みを与えたいのです。

でもその恵みを受け取るには神様のみこころに叶わないと、受け取ることができないです。

主は「高ぶる者には与えない。」神様に敵対することは恐いことです。
≪あなたは私の敵である≫
自分が神様に向かって「自分は神様の子どもだ」といくら主張しても
≪あなたのその高慢な姿は私に敵対する。私の子どもには見えない。≫

神に対して最初に出てくる敵はサタンです。サタンがどれほど高慢な者であったのか。
もともとは御使いで神様が造ったものですが、神に対して心の中で思ったことがありました。

【イザヤ14章12-15節】

主に仕える者が自らが堕落していき、つまずきました。神に仕えることは素晴らしいことです。
それでも、そこで満足しないで神の上に立ちたいという、とんでもない思いを持ちました。
そこで神様に落とされました。 そしてアダムとエバにも同じく、高慢な思いを入れました。

【創世記3章4-5節】

人間は騙されて神様に敵対し、神様の言葉を退けました。人間を誘惑して
自分(サタン)と同じ目に遭わせました。人間は神のようになると思いました。

しかし、彼らは全てを失いました。エデンの園の祝福を失いました。
人間は神様から切り離されたものになりました。

こういう姿から私たちは学ばなければなりませんが、
人間は一番知恵があると言いながら、世の中で一番愚かなものであります。

私たちは同じことを繰り返して行います。歴史の中で戦争が絶えない。事件が絶えない。
これは何一つ学んでいない愚かな姿であります。
繰り返すならば私たちは受けた祝福を全て失いますので、神様はみことばを通して警告してあります。

神様は、高ぶる者に敵対し、へりくだる者に恵みを与えてくださるので、
へりくだりなさい、従いなさい。とおっしゃっています。

本日のテーマである聖句箇所の「若い人たちよ。長老たちに従いなさい。」は
『私は年をとっているから別に関係ないか。』ではないです。
信仰にとってまだ未熟な者であります。まだ謙遜さを身に着けていない者に対して語る言葉であります。
素直に言葉に聞き従いなさい。これはへりくだらないと神様の言葉を受け取ることができないです。 
高ぶっている者は神様の言葉を聞いてもアダムのように聞かないで違う事をします。

謙遜を身につけなさいということは、態度で示しなさいということであります。
人々が見て、わかるようにしなさい。頭で理解するだけで何になりますか?
聞いて実践する者になるならば、周りの人が見て「あの人は謙遜である。
あの言葉、態度は謙遜である。」と、このように神様は見せなさいと語っています。

「謙遜、へりくだる」は、ただ小さくなることではないです。
謙遜な人は、ある意味で態度は大きくないですが、心は誰よりも広い心を持っています。

【ローマ12章3節】

それぞれレベルは違いますが、思うべき限度を超える時から高慢が始まります。
人間も神のようになりたいという思いを受けた時から、行動しました。
高慢な行動が実を結び、堕落が始まり、滅び・死を刈り取ることになりました。

私たちは常に何かを考えて行動するものです。その時に、自分の思いを知らなければならないです。
自分の中で思うべき限度を超えて思い上がっているならば、その思いを潰さなければならないです。
「あ、高慢の始まりだ。とんでもないことを私は企んでいるんだ。」
それを討たなければならないです。

これはイエス様の弟子達の姿でもたくさん出てきました。
人間は生まれながら思い上がっている者であります。
小さな子供でさえ、素直な部分もありますが、高慢な思いがあります。

【ルカ22章21ー27節】

イエス様が十字架にかかる前の晩、弟子たちは自分たちがどんな立場にいるのかを誰も気付いていないです。
イエス様が語っているにも関わらず、耳に入っていないです。
深刻な話でも弟子たちは「(裏切るのは)誰なのか?」と話しましたが、
その話を打ち切って「この中で誰が一番偉いだろうか?」と議論を始めました。

イエス様は1人の弟子から裏切られてもうすぐ死ぬんだと告げているのに
話題を変えました。思いが違うところにあります。
なぜこのような場面の時に、こんな話題が出るのでしょうか?

これは高慢な人間だからです。
イエス様と一緒にいながらも、深刻な話をされているイエス様のことを見ていないです。
互いを見て、このような話題が出たのは、誰もが「自分が一番偉い」と思うからです。
もし皆が「わたしはそんな者ではない」と思うならば、議論する必要がないです。
3年間イエス様を見ながらも、目が見えない者であります。高慢な思いはなかなか断ち切れないです。
自分が一番大切なのです。自分が一番偉いという思いです。

思うべき限度を超えて自分を偉いと思っています。
異邦人の王、知恵ある者、金持ちは偉そうにしているので、そういう人達が
みんな偉い人なのだという先入観があり、偉い人になるとそうしなければいけないのだ。
謙遜にしていてはいけないのだと、支配をしないと権威を認めてくれないのだ。と思いますが、
本当はそうではないですね。

イエス様は≪あなたたちは一体、誰を目指しているのか?あんな傲慢な態度を目指すのか? 違うだろう?≫
自分たちを育ててくださったイエス様を見なければならないです。
イエス様は最期の時に弟子たちの足を洗いました。

【ルカ14章7-11節】

高慢になると恥がついてきます。高慢は神様の敵なので、たとえ神の子どもであっても、
神の子どもの扱いをしないです。私たちの高ぶりは、まず神様の前で始まります。

神様の前で偉そうにしています。自分では気づいていないと思います。
私たちの態度・言葉が神様に対して高慢な態度であります。

私たちは貧しくなると、まず神様のことを切ってしまいます。これは神様に対して悪い思いであります。
病気であっても会社へ行きます。
しかし今日は疲れているから教会を休もうというならば、ただ教会を休んだということではなく、
主に会う約束をキャンセルすることであります。
いつも私たちは神様のものを最初に切り落として、世の物を最後まで残しています。

何が一番大切なのでしょうか?
全ての物を失っても自分を祝福し、守ってくださる神様を最後まで守らなければならないです。
 だから、まず肉のものから切り落としていかなければならないです。
でも実際は反対のことをしているのではないでしょうか?これは神様のことを軽く見ていることであります。
 「こんな時に神様のことなんか出来ません!!」これは神様の恵みを忘れた姿であります。

恵みを忘れると私たちは高慢になってしまいます。
滅びていく肉のものを最後まで「これは手放せない!」と。
そうなると、≪それは錆びて泥棒が来て全部失って、命まで失っていくんだ≫と神様が語ります。
私たちは知らぬ間にこういう事をしているのです。

一番大切なものを最初に手放し、価値のない物をずっと握りしめています。
ですが、手を広げてみてください。その握っているものはそれほど価値があるものなのか?
そういう私たちの態度が神様の前では高慢であります。

聖書にはヤコブとエサウが出てきますが、エサウがそのような姿でした。
ヤコブは一番大切なものを知っていましたので長子の権利を売ってくれとエサウに伝えました。
ヤコブの手段は悪かったのですが、霊的に何が一番大切であるかを知っていました。
一方、エサウは一番最初にそれを手放しました。
お腹がすいていたからということだけで一番大切な長子の権利を食べ物であっさりと交換してしまいました。
エサウは長子の権利を「こんなもの」と言いましたので、神様は呪いました。
神様よりも食べ物が「上」になっていました。これが高慢な姿であります。

エサウの子孫までも呪われ、すべて地獄へ落とされました。

【箴言11章2節】

答えがはっきりと書かれています。高ぶるなら恥が来ます。恥はかきたくないでしょう?
知恵が欲しいでしょうか?へりくだれば「知恵をください」と言わなくても恵みで知恵が来ます。

【箴言16章5節】

高ぶって得することは1つもありません。神様に嫌われ、神様の敵になり、恥が来て、罰を免れません。
しかし、人間はそうだと知っていながらも高ぶります。人よりも上に上がろうとします。
これは目標があって何かを達成するのは問題がないですが、心が高ぶってることを神様が教えてあるのです。

謙遜を実践するとどうなるでしょうか?
祝福があります。 

【箴言29章23節】

謙遜な人は心が広いのでどこにいても尊敬されます。寛容な人、柔和な人、敵をつくらない人たちです。
傲慢は自ら敵をつくることであります。
人を踏みつけて上に立とうとするので、トゲトゲしいから 周りの人達が近寄らなくなります。
偉そうな態度をする人の前では自分の姿が惨めな感じがするのですが、
謙遜な人は、その人が身を低くしているから、その人の傍に行くと自分が何者でもないのに
何だか自分が偉い人のように思わせます。だからそのような人の傍に行きます。

神様は≪自分で自分を褒めるのではなくて、他人の口から褒めさせなさい。≫
「あんな謙遜な人になりたいなぁ」「あんな柔和な人、心の優しい人になりたいなぁ」
神様はその祝福をお与えになります。  

祈りで「恵みを与えてください、恵みを与えてください」と。
神様は≪へりくだっているのか?あなたが心を低くし、へりくだるならそこに恵みが流れていく。 
みことばで約束してあるから、わたしが間違いなくあなたに恵みを与える。≫と語ってあります。

【ヤコブ4章10節】

神の前でへりくだる者は、人の前でもへりくだります。
そうすると神様ご自身が≪あなたは行くところまで下りていったんだから、上がってきなさい。≫
謙遜な者は神様が高いところへ、天国は謙遜な者が入り、神の御座の傍には一番謙遜な者が座ると
語ってあります。

パウロは本当に謙遜な人でありますが、だから神様が彼を高く評価して、イエス様とモーセの姿に似ています。
主に仕えた多くの立派な信仰の人たちに似ています。
神様はそのような人たちを高く御座のところまで引き上げてくださいます。

このように謙遜がもたらす物は良いものだらけで、傲慢は悪いものだらけです。
どちらを自分は選ぶのか自由であります。
だから傲慢なものを打ち砕いて内側から取らなければならないです。
それを持っていて自分が良いことが1つもないです。
自分の身を滅ぼさせます。そこにサタンがいることと同じであります。

【ピリピ2章3-4節】

神様が高慢にならないで謙遜になるために語った箇所であります。

自己中心的になると高慢になって「私が、私が・・・」になります。
思うべき限度を超える人たちの姿には必ず虚栄があります。ふくらませて良く見せます。
それで得るものは高慢な姿だけであります。

私たちがへりくだっていくと、他の人を優れた者だと思うようになります。神様はこのことを教えながら
イエス様があなたたちの模範である「謙遜な方」の模範でありますと5節から教えてあります。 

【ピリピ2章5-9節】

いつも謙遜な思いを持っていなさい。神様の前でイエス様はいつもへりくだっていたから高く上げられました。
みことばが実現されました。イエス様がしたならば、あなたは当然のようにすべきだろう?
イエス様のような方がしたのに、あなたにできない理由は何でしょうか?
「できません。」と言うならば、私たちが自分の高慢を捨てないことであります。
高慢な思いがあるとできないことであります。

しかし、「謙遜になろう」と決心するならばできないことはないです。
祝福を受ける一番の道は謙遜になることであります。恵みが与えられると語ってあります。
約束は全て良いものであります。

欲しいなぁと思うならば道は1つ。互いに謙遜を身に着けることであります。
謙遜な者になっていきましょう。(⌒-⌒)

2012.3.11
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

サタンとの戦いに勝利する!

テーマは『霊的戦いに勝利するために』です。

【ヨシュア記5章2-5節】

6章に大きい霊的戦いが出てきます。神様から出たものが霊的戦いです。
土地を奪うためにする人間の戦いではなく、滅ぼさなければならないサタンの勢力に対する戦いです。
聖なる霊的戦いであります。

イスラム教はアッラーの神の為と言いますが、自分達のために人を殺したりテロを起こしたりします。
そういうことをして自分達は天国へ行きたいと思っています。

聖書に出てくる霊的戦いは神様からの指示があります。
旧約聖書を読むと、戦いがとても多いですが、実際の戦いであります。
霊的戦いに対して一番偉大な教材は旧約聖書であります。
新約聖書はさらに範囲が拡大されて霊的戦いのことを主が語っておられます。

しかし新約聖書の霊的戦いをするには、旧約聖書に出てくる戦いを学ばなければならないです。
旧約聖書を通して主の戦いの姿を見せて、私たちはそれを学びなさいと言っておられます。

戦いに負けたことが一度ありますが、それを探ると何故負けたのか原因が出てきます。
そして勝利した戦いは、勝利した秘訣が書かれてあります。

旧約聖書は霊的戦いで勝つために学ぶ点が多いです。
エリコは、とても恐ろしい町です。
そこには強い軍隊やすごい城壁があり、彼らの力では勝利することは不可能であります。
イスラエルの民たちは武器を持っておらず、戦いの経験もなく、40歳以下の者でありました。
その中には女の人や子供もいました。

この状況の中、神様はどうやって勝利に導いたのでしょうか。
神様の命令がありました。戦いの前にまず させたことは、割礼をしなさいということでした。
これは人間的な思いで見たら、とても愚かなことであります。

割礼というものは、神様がアブラハムと契約を結んだ時に語った1つの印であり、神の民になる契約です。
神様との関係をもう1度整理し、新しくしなさいということであります。

【コロサイ書2章11節】

神様の前で無力な者、自分を否定する者、神様だけに頼る者、こういう者に神様は霊的戦いで
勝利を与えてくださいます。

割礼を受けた者らしく生きていかないといけません。
心が大切であります。心は聖霊様が住む「神の神殿」であります。
その神殿の中に神様がおられますので、私たちは割礼を受けないと聖霊様が住むことができないのです。 
私たちの肉のものを十字架につけなければならないです。
肉の手段を捨てなければ、本当の意味で割礼を受けた者ではないということになります。

【コロサイ書3章5-10節】

今あるべき姿は3章10節のことばであります。

サタンを恐れたりしますが、恐れはサタンが持ってきたものであります。
しかし、神様はサタンを恐れる必要がないとおっしゃっています。
なぜなら、当然守らなければならない神様の言葉を、自分達が守らないために受ける神様の御怒りの方が
大きいからです。
サタンがもたらすものよりも、神から来るものを恐れなければなりません。
私たちの身体も魂も殺すことができるのは神様であります。
サタンよりも力ある神様を恐れないといけないです。

神様に助けを祈り求めたら、助けてくださいますが、
しかし私たち自身が神様の敵になって神様の怒りを起こしてしまうならば、誰も助ける者がいないです。
サタンが助けてくれますか? ――サタンは助けるものではないです。私たちが滅びることをサタンは喜びます。

戦う時に、神様が味方である時に、私たちは勝利することができます。
霊的戦いは神に逆らう勢力に対する戦いであります。

なぜ私はいつも霊的戦いに勝利できないのか?なぜ神様は私を助けてくださらないのか?
あなたは本当に割礼を受けているのか?神様との関係であなたはどうなのか?あなたは私に従っているのか?
もし逆らっているのなら、いくら求めても神様は助けることができないです。

神様が一番悲しがるのは、既に自分がサタンのところに行っていることに気付いていないことです。
目が見えない、自分がどこにいるのかもわかっていないことです。

【申命記20章4節】

神様との関係を正しくするならば全ての戦いで勝利を与えてくださる神様です。

旧約聖書の霊的戦いで勝利したものは、神様の指示に全ての民たちがその通りに従いました。
そして神様に献身しました。すると100%その戦いは勝利で終わりました。

指導者も民も、祈りながら神様に作戦を聞くと必ず方法を教えてくださいました。
エリコの戦いでも神様の方法に従ったことで勝利することができました。
戦いに負けた時は、神様に従わなかったことが原因なのに、神様につぶやきました。
敗北の理由は神様ではなく、民たちにありました。従わなかった罪があるからです。

【Ⅱコリント10章3-4節】、【エペソ6章10-12節】

聖徒たちの霊的戦いは常にあります。
この時に私たちは「サタンを追い出さなければ」と考えたり、
自分を苦しめる周りの人達をターゲットにして「あれがサタンだ」と他人と戦い始めます。
しかし、それだけが霊的戦いではないです。

一番強いものは「常にあなたの内側にある」と神様が語っておられます。
私たちが戦うべき相手は、外部の勢力ではなく信仰生活で起きる
自分の内側にあるものとの戦いが一番しなければならない戦いであります。

①肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢
これは御父から出たものではないです。神様から出たものなら戦う必要はないです。
しかし、神様から出ていないものが私たちの中に存在するなら、それはどこから来たものでしょうか?
――それは、この世(悪霊)から来たものです。

私たちには肉の欲、目の欲がありますが、それらは神様に対して戦いを挑むものです。
肉の身体を脱ぎ捨てなさい、そしてイエス様から心の割礼を受けているのに、それを持つならば
再び古い者に戻ったということになります。
サタンと共に仲良く歩んだ時の姿に戻っていることを意味します。

こういう思いが出てきた時に、サタンに立ち向かっていかなければならないです。
そうしないと肉の奴隷になってしまいます。
霊的戦いを軽く考えるならば、自分の命が取られることを意味します。
サタンの目的は、「盗む」、「滅ぼす」、「(魂を)殺す」です。
わずかな肉の欲のために、あなたの大切な永遠の命を手放すのか?
肉の欲を殺しても殺しても常に出てくるので、これは激しい戦いになります。

②悪からの誘惑
サタンが私たちの心に植え付ける色んな想いです。
不信感、疑い、憎しみ、怒り、不安
これは私たちの想いにサタンが常に入れるものです。悪を行うように誘惑するものです。

良い想いは神様が与えてくださいます。私たちが良い行いをするためにみことばを入れます。
そうすると心が満たされていきますが、悪い想いは全てサタンが入れる悪いものです。
私たちは自分の心を守らなければならないです。サタンの誘惑に乗り、心に入れてしまうと罪を生みます。

③罪との戦い
罪と知っていながら、留まっているなら全てを失うので立ち返らなければならないです。
罪の奴隷になると、さらに罪を犯します。ついには心が死んでしまい、
良心が麻痺されて、罪を犯しても何にも思わなくなります。そうなると完全に神様から切り離されてしまいます。
私たちは罪を犯さずに生きる人はいないですが、しかし罪を犯したならば悔い改めて立ち返り、
罪の奴隷になってはいけないと神様が語っておられます。

罪は楽しいだろう?やり続けなさい。神様を信じてみことばに従って生きるのは、しんどいだろう?
短い人生、喜び楽しみながら快楽を求めながら生きなさい。
そして肉を喜ばせる言葉に誘惑され「神に従うのはしんどいな~、もう ほっといてくれ」となってしまうと、
その先は自分で刈り取らなければならないです。
他の者が刈り取るのではなくて、自分が蒔いたものは自分で刈り取ることになります。

しかし戦って私たちが神様の言葉に従っていくならば、神様が共に闘ってくださいます。
神様が戦うので負けることは有り得ないです。霊的戦いは自分の永遠の命にかかっています。

戦いそのものは楽ではないです。
しかし主は、楽ではない中でも神様に頼るならば、神様は力を与えて勝利することができます。

私たちは1週間に1回は礼拝に参加をしてみことばを聞きながら賛美をしますが、
これは軽く考えてはいけないです。これは戦いの1つの武器であります。

しんどくて参加したくない時こそ、それは肉の想いでサタンに抑えられていることなので
神様がいるところに行かないと、さらにサタンによって抑えられていきます。
礼拝の場所ではみことばを宣言し、賛美があるのでサタンは追い出されていきます。
来る時は肉体はしんどいです。しかし神様は、しんどい時に1人でどうやって戦うんだ?
サタンは私たちが神のところへ行かないように策略を持って働きます。

【詩篇149編5-9節】

礼拝の中でサタンを縛ります。知恵を受け、神様の助けを受けて勝利するために礼拝に来なければならないです。
その想いで来るならば、神様は帰る時に必ず勝利させてくださいます。
だからサタンに騙されてはいけないです。
サタンの誘惑であり聖徒たちが聖日礼拝に来ることは神様との契約であり、神の民である印であります。

本当に心に割礼を受けている者は、神様の安息日を守り、神様に祈らないといけないです。
もちろんこの複雑な世の中に生きているので、どうにもならない時もありますが、
それ以外の理由で、行けるのに自分の肉に負けてサタンに騙されて行かないならば
霊的戦いに負けたことを意味します。

ある牧師が「サタンを縛ることをしているんですか?そんなことをしてはいけない」と言っていました。
そういう牧師の教会は悲惨であります。サタンはやりたい放題です。
聖書にはこのように書いてあります。「悪魔に立ち向かいなさい。」、そして「戦いなさい」という言葉もあります。
私たちはサタンが多く働くところで生きているのに、戦わないならば奴隷になってしまいます。

霊的戦いに勝利するために旧約聖書で学び、負けた戦いにも何故負けたのかを知ると、
そこに自分の姿が出て来ます。
従わなかったから、欲を出したから、罪をそのままにしたから・・・いつまで経っても勝利できないです。

肉を叩いて潰して、聖霊に服従させなければならないです。
もし自分の想いのままに生きるならどうなるか、士師記を読めばわかります。

神様を恐れてください。そして神様が語った通りに指示に従ってください。そうするならば100%勝利します。
日々戦うと、どんどん新しい者に変わっていきます。 ( ̄‥ ̄)=3 フン

2012.3.4
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(^^) からし種 に投票してね
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ