からし種の信仰と成長↗

東大阪市・八戸ノ里キリスト教会の毎週日曜日の礼拝メッセージです。 「聖書は難しくて意味がわからない」というイメージが強いです。だけど、真理を正しく説いてくれるので心にグサグサと刺さります。涙も大量に流れます。だけど、それが神様の恵みなんですヨ~★

八戸ノ里キリスト教会より メルマガ配信中!

メルマガ購読・解除

読者購読規約
毎朝7時に配信しています! 1日の始まりを神様の恵みで満たしてくださいね
powered by まぐまぐ!
 
         

キリストに似ていく

テーマは 『 キリストに似ていく 』 です

【ピリピ2章5節】

あなたがたの間では、そのような心構えでいなさい。それはキリスト・イエスのうちにも見られるものです。

キリスト者としてのアイデンティティが はっきりしている人は、生き方、性格、考え、行動すべてが変わります。

しかし変わらない人は、キリスト者が何なのかも よく分かっていません。


キリスト者は、“キリストにあって 新しく生まれ変わった者” です。


闇から光に移され、光の中を歩む者です。

キリストに属し、キリストを「主」と呼びます。



何よりもキリスト者になった者は、キリストに似ています。

姿ではなく、心が似ています。


すなわちキリストの心が、その人の中でも見られる ということです。


キリスト者になるためには、キリストに似ていかなければなりません。

キリストにある どのような心に似ていかなければならないでしょうか?




愛の心




イエス様のように人を愛する心が必要です。


自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。
自分を愛してくれる者を愛したからといって、何の報いが受けられるでしょう。取税人でも、同じことをしているではありませんか。(マタイの福音書5章43、46節)

と言われた主のことばのように、愛の心を持つならば、主に似る者になります。




赦しの心




イエス様は とてつもなく深い赦しの心で 罪人たちの罪を赦して下さいました。

その赦しの心がなかったならば、救いはありません。


罪赦されキリスト者になった者は、赦しの心を持たないといけないです。


【コロサイ3章13節】

互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたもそうしなさい。


キリスト者は、自分が赦された者であることを忘れてはいけないです。


それがないと人を赦すことが出来ないです。




謙遜で寛容な心




罪人、病人、困った人、子どもたちに至るまで、イエス様は嫌がらず みんなを受け入れて下さいました。


イエス様は ご自分を無にしました。

ですからそれが可能でした。


私たちは色んなもので自分を守っているので、人を受け入れないです。


自分を無にしていけば、謙遜と寛容の心を持つことが出来ます。


【マタイの福音書11章29節】

わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。



従順の心




イエス様は父なる神の言葉通りに従って、神の栄光を現しました。


神の栄光はみことばに従う時に現れます。


【ヨハネの福音書17章4節】

あなたがわたしに行わせるためにお与えになったわざを、わたしは成し遂げて、地上であなたの栄光を現しました。


主を恐れ、主を敬う人たちは、主のことばに対しても同じ心を持って、主のことばに従って主に栄光をささげます。


主のことばに自分のいのちを、自分の人生を懸けた人を 主は求めます。

それが主の子どもの姿であるからです。


神のことばを無視して自分の欲、野望、自分の力だけで生きる人は、キリスト者ではありません。



イエス様は十字架の死に至るまでみことばに従い、神の栄光を現しました。


宗教の霊に取りつかれた人たちは、うわべは敬虔に見え、熱心な姿で信仰ある人に見えるかも知れません。

しかし、その人たちの中には 主の心がありません。


そのことを見抜いた主のことばがあります。


【マタイの福音書23章26-28節】

目の見えぬパリサイ人たち。まず、杯の内側をきよめなさい。そうすれば、外側もきよくなります。

わざわいだ。偽善の律法学者、パリサイ人。おまえたちは白く塗った墓のようなものです。墓はその外側は美しく見えても、内側は、死人の骨や、あらゆる汚れたものがいっぱいです。

そのように、おまえたちも外側は人に正しく見えても、内側は偽善と不法でいっぱいです。


主は私たちの心を見ておられます。

イエス様の心と同じ心を持っている人を 『キリスト者』 と認めます。


そして愛し、栄光を受けます。


主の心が自分の中でも見られるように、日々自分を変えていきたいと思います。
アーメン (・∀・)


2019.7.14
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会



~ お知らせ ~

からし種の信仰と成長:ブログランキング
人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)

多くの人に読んでもらえる可能性があるので
皆さんのクリックが、福音伝道に繋がります☆


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

みことばがあふれています!
八戸ノ里キリスト教会ホームページ

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

こんな時は聖書のどこを読めば良いの?
目的別みことば

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

シャローム松山教会の礼拝メッセージです
すべての事について…感謝❤

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

主を喜ばせる人はどんな人なのか

テーマは 『 主を喜ばせる人はどんな人なのか 』 です

【ルカの福音書17章12-19節】

ある村に入ると、十人のツァラアトに冒された人がイエスに出会った。彼らは遠く離れた所に立って、

声を張り上げて、「イエスさま、先生。どうぞあわれんでください」と言った。

イエスはこれを見て言われた。「行きなさい。そして自分を祭司に見せなさい。」彼らは行く途中できよめられた。

そのうちのひとりは、自分のいやされたことがわかると、大声で神をほめたたえながら引き返して来て、

イエスの足もとにひれ伏して感謝した。彼はサマリヤ人であった。

そこでイエスは言われた。「十人きよめられたのではないか。九人はどこにいるのか。

神をあがめるために戻って来た者は、この外国人のほかには、だれもいないのか。」

それからその人に言われた。「立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰が、あなたを直したのです。」


本文の内容は、ただ読んで終わるのではなく、自分はどちらに属する人なのかをよく考える必要があります。


極端に言うならば 9人は神を信じている者たち、そしてもう1人のサマリヤ人はまだ信じていない異邦人とも言えます。


イエス様を失望させたのは信じる者たちでした。

そして主に喜ばれた者はサマリヤ人でした。


イエス様は公の働きをしていた時に多くの人々に接しました。

その中には主を苦しめた者、主を裏切った者、悲しませた者、そして喜ばせた者がいました。


今回は “主を喜ばせる人はどんな人か” を学びます。




恵みに対して心から感謝をささげる人




10人のらい病人は同じ病で苦しんでいました。

難病で、死ぬまで苦しまなければならない重い病気を抱えていました。


らい病は隔離させるので、社会生活も出来ないですし、家族と一緒にいることも出来ません。

辛くて孤独で希望のない生活を送っていました。


「イエスさま、先生。どうぞあわれんでください」と叫んだ時、すべての希望をイエス様に託しました。

そして癒されました。

ありえないような奇跡が起こりました。


しかし癒しが行った後に問題が生じました。


癒される前は10人同じく大声で主を呼んでいました。

しかし癒された後に、9人が主を呼ぶことはありませんでした。


1人だけ大声で神を称えながら戻り、イエス様の足元にひれ伏して感謝をささげました。


恵みは決して当たり前のことではないです。

奇跡も当たり前ではありません。


大きな恵みを受けながらも、感謝をしないことは恩知らずの者です。

多くの恩知らずの者がいることは主の悲しみです。


しかし、心からの感謝をささげる人は主に喜ばれます。


【詩篇50編23節】

感謝のいけにえをささげる人は、わたしをあがめよう。その道を正しくする人に、わたしは神の救いを見せよう。」



心から主を愛する人




ルカの福音書7章36-38節には、1人の罪深い女の人が出てきます。


イエス様があるパリサイ人の家で食事をしている時に来て、香油の入った石膏のつぼを持って来て、泣きながらイエスのうしろで御足のそばに立ち、涙で御足をぬらし始め、髪の毛でぬぐい、御足に口づけして、香油を塗りました。


周りの人たちは彼女のことを非難しました。

しかしイエス様だけは その行為を、愛の行為として高く評価し喜んで下さいました。


口先だけの愛に何の価値があるでしょうか?


彼女は行動で主への愛を示しました。

口では愛を告白しますが、心が冷えた人ほど主を悲しませる者はいません。


しかし、行動で愛を示す人は主に喜ばれます。




自分の罪を認め、悔い改め、赦しの恵みを忘れない人




【第1テモテ1章15節】

「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた」ということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。私はその罪人のかしらです。

使徒パウロは偉大な使徒になり、不思議なわざもたくさん行いましたが、自分をきれいに飾ったことは一度もありませんでした。


主に出会うまでは自分を義人だと思って生きていた人でした。

自分には罪がないと思っていました。



しかしキリストに出会って、自分がとんでもない罪人であることを悟り、罪を告白しました。

罪人であった自分の姿をさらけ出しました。


「私は以前は、神をけがす者、迫害する者、暴力をふるう者でした」と、

「罪人のかしらである」と言いました。


そのような者に注がれた神の憐れみ、赦し、恵みを一生忘れることがありませんでした。



主の十字架をいつも見上げる人は、自分の以前の罪の姿を決して忘れることがありません。


自分には罪がないと言う人は、神を偽り者としています。



しかし自分には罪があると認める人は、主の十字架に近づき、主の憐れみを求めます。

赦しを求めます。


ですから主は自分の罪を認め、悔い改める人を喜びます。

その罪を赦して下さいます。


自分は主の目にどのように見えていると思いますか?


喜ばれている姿なのかどうかを1人1人考えてみましょう。

アーメン (; ̄Д ̄)

2019.6.30
聖日礼拝メッセージ

八戸ノ里キリスト教会



~ お知らせ ~

からし種の信仰と成長:ブログランキング
人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)

多くの人に読んでもらえる可能性があるので
皆さんのクリックが、福音伝道に繋がります☆


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

毎日、神様のことばを吟味して恵みを受けてくださいね
今日の「いのちのパン」

神様からの警告のことばです
警告のラッパ

地獄を見てきた聖徒の証です
幻と啓示~天国と地獄~

毎日、テーマに沿って学ぶことができます!
bible66のブログ

金ヘス牧師のブログにもたくさんの恵みや知恵の種が蒔かれています。
金ヘス牧師のブログ

聖書を理解しやすい言葉に訳しています!
みことばサプリ

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

プロフィール

ヤエクリ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

(^^) からし種 に投票してね
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ